リーダー

どうも、骨の髄まで愛されたいリーダーです。

えー、以前こちらにTelecasterのフロント・ピックアップをハムバッカーに交換したらシングルコイル・ピックアップ搭載時の螺子穴が残っていて、サウンド、機能では問題無いが精神衛生上気になるのでどないしようかと思ってたら、ポップ・ギターズさんでフロント・ハム用のTelecasterのピックガードがお安く売ってたから買いました、てな事を書いた、ら、ベースの大先生が「で、螺子穴何処よ?分かり難いよ」と難癖・・・・。

だからよぉ、「(フロント部分に穴があるのがお分かりでしょうか)」とか下手に書いてんじゃんよぉ、あんたそんな興味ないだろうがよぉ、とやさぐれつつ、言われっ放しも癪なのでちゃんと書いてみやうと思い立つ吉日(うん、今度ベースの大先生の録音時のサウンド・メイクに絶対嫌な感じで難癖付けてやると今誓ったw)。

securedownload (11)

はい、上記矢印の所がシングルコイル時代の螺子穴です。

これで分かりますよねえええええ?

で、購入したピックガードがこれ。

securedownload (10)

WD Music Productsと言うメーカー。WDって・・・・最後期のオレンジ・スクイーザー作ってたメーカーでしょうか・・・・この文字に見覚え有。確か評判悪いオレンジ・スクイーザーだった。

では早速とピックガードを外す。

securedownload (7)

ピックガードを外したTelecasterの図。なんか間が抜けてて可愛い・・・・w。

結構汚れているので、下に書くポリッシュで磨く。ゴシゴシゴシゴシ・・・・・。

securedownload (6)

ピックガードを外したフロント・ピックアップの図。N.G.Wで加工して貰った座繰りです。念の為に書いて置きますが着色されていない所、です。うん、こりゃあ素人には無理だわ。やって頂いて正解。真ん中にSwing Chip。なんでこんな所に貼ったんだ>俺。

securedownload (5)

新しいピックガードにピックアップをマウントして・・・・

securedownload (4)

ビシッと装着。

鍔出しネックなのでネック外してピックガードを装着。こんなハイフレット弾かないから要らないのになんでもないです。

フロントピックアップの穴は結構ガバガバw。大陸的な加工でした。N.G.Wの加工品は穴とハムバッカーがぴったりで略隙間無し。仕事の丁寧さが違う。

Telecasterのフロント・ピックアップって、ボディ直着けがデフォルトかと思っておりましたが、今は違うのかな。まぁ、吊り下げる方が、ピックガード外さず上下調整出来るものね。合理的に考えれば、これが正なんだろう。

securedownload (3)
(大事な写真がピンボケになるのがワタクシ)

出来上がりっと。

うん、これでもう弄る所本当に無いや。Fender U.S.Aとは言えお安いTelecasterだし、値段相応のスペックですが、僕にとってはサウンド、機能、見た目、全て満足。何より「軽いテレキャス」ってのが最大の利点。うん、桐のボディですぜ?「そんなんテレキャスじゃない」と言われても構いません気にしません。Fenderが「Telecaster」として売っている物が、テレキャスターなのです、と言う趣旨でw。

本体代金<<<<<<改造費(パーツ代込)ですが、必要な試行錯誤と言うか通過儀礼だった(と自分を納得させている)。

強いて言えば、ネックの握り具合が好みとは言えないし、ローズ指板にしたいなぁとか考えますが、「強いて言えば」のレベル。手を加える気は無い。

結局、ピックアップはフロント、リア共Grinning Dog Studioのそれになった。貸出中のお気に入りのストラトもこのメーカーの物。僕には、此処のピックアップがベスト。圧倒的に、群を抜いて、追随を許さず、ベスト。

ピックガード交換したので弦交換もしちゃいましょうかと実施。

securedownload (9)

弦を外して・・・・

securedownload

これで磨く。

Ken Smith Pro Formula Polish、です。

ポリッシュも色々と試しましたが・・・・これが一番好きです。

これを選んだ理由は「メインテナンス屋さんの多くで見掛けたから」です。はい、ミーハー!

ポリ、サテン、ラッカー、なんでもござれ。

布は、MusicmasterⅡを購入したWoodmanさんのオリジナル。ネックの写真の所にちらっと写っている。

質感は同じ様な物があるが、柔らかさと薄さが違う。汚れて来たからそろそろ買いに行こう。

解放弦、5フレット、12フレット、オクターブでチューニング。何故か、いつからかは忘れたが、何か癖でそんなチューニング。オクターブ・チューニング、ネックの反りをチェックして、螺子やナットの緩みチェック。

ナットの緩みはこれで対応。

securedownload (1)

PICKBOYのSC-150BX (BOX WRENCH)。便利な一品。足の甲に落とすと滅茶苦茶痛い(経験済み)。「ひぅうっ」との声が出る位痛い。

10、12、13mm対応。 

securedownload (2)
(こんな感じで締める)

配線を捩じらない様に慎重に。 ペグも同様。シールド・ジャックの緩みは故障の元。

弦はElixerのNANOWEBのLight ゲージ。 手持ちの全てのギターが、これ。賛否あるコーティング加工の弦だが、僕は好きであり違和感無し。

僕は、ギターの弦交換と軽いメインテナンス作業が大好きである。

なんか、何も考えず、淡々とする作業は楽しい。

で、僕なりのメインテナンスの掟と言いますか、気を付けている事を最後に。

・ガリが出てないのに接点潤滑剤は使わない方が宜し
・弦潤滑剤の付け過ぎは悪し(特にローズ指板)
・ジャックとストラップ・ピンの緩みは要チェック
・ 汚れは故障の元。磨くが宜し
・定期的(僕は年2回)に総合メインテナンスに出すが宜し

それさえやっときゃ宜しいかなと。

以上、親父バンドコンテストに出る様な親父バンドになりたくないと思うリーダーがお届けしました。