リーダー


リーダーです。

はい、ドドンッと。

securedownload1

(しかし僕は写真が下手だな)

はい、桃が花を付けました、じゃなくて、ミュージックマスターⅡをデュオ・ソニック風に改造してみました。いや、無理言って改造させましたあの人達に。

改造前は、こちら。

IMGP1093

(ま、既に改造施されている個所があるがw)

では、過去も書いておりますが、改めて全ての改造箇所等ご紹介。

1969年製、CBSへ売却後のFenderのStudent Model、「musicmasterⅡ」で御座います。

所謂「ムスタング・タイプ」のギターは好きです。以前Fender JapanのMustangを購入したのですが、ダイナミック・ビブラートがダイナミックに使い難く、どうにも使いこなせる自信無く売却。形はね、本当に好きなんです。

以降、トレモロが無い同型のMusicmaster、Duo Sonicを狙ってまして、楽器屋で見付けると試し弾きさせて貰ってましたが、どこかしら不満があり購入に踏み切れずにいました(まぁ、お金も無いしw)。

そんな折も折出会いましたのがこのmusicmasterⅡ。2012年の春の事。

円高の中、Fender Japanの上位機種より安く売られておりました。以降、デジマートさんでmusicmasterⅡを何度か見掛けましたが、僕のより安いのは今の所ないw。

不人気なCBS時代の物だし、ハカランダの指板じゃないし、スラブ・ボードじゃないし、サドルの螺子が固まってて調整出来なかったし、と、まぁそんなんがお安い理由だったかと思います。

本当はね、Duo SonicⅡが欲しかったんです。一本ね、滅茶苦茶良い音だなって思ったDuo Sonic、確か64年製だったかと思います、を見付けたんですが、細身のAネックでね、弾き難くて。

で、Bネック、24インチの物を探してて、これがそれでした。

シリアルから、ネックはその数年前の物と思われます。ピックアップ・デートは68年、ポットは66年と聞きました。

IMGP0791


ペグはKluson Deluxの2列刻印。

IMGP0792


固まっちゃってたサドル。

IMGP0785


コンデンサーは、サークルD。

IMGP0751


で、色々と改造を施しました。


僕はですね、某Gretsch本で、とある方が仰っていた「ヴィンテージ・ギターは預かり物。自分が弾いている期間は預かっているだけ」って台詞に感銘を受けたものですから、「木部に加工を施す改造は出来る限りしない」を意識しております。


1969年製の、しかも不人気種であるmusicmasterⅡにそんな義理立て(?)は不要かも知れませんが、まぁ、上記を意識して改造してみました。


①ペグの交換


IMGP0837

(分かり難い写真の上にいきなり木部に加工を施しておりますw)


世界のGOTHOのマグナム・ロック、SD91-MG。


交換の理由は3つ。


①Klusonのペグが固かった(グリースが固まっている?)&シャフトが1つ曲がっていた

②どうせ交換するなら弦交換が楽なマグナム・ロックが良い

③GOTOHの製品ならボタンの色が選べて良い


見た目は変わっていないです。


でもですね、弦の張力(テンションと言った方がベターなのかな)は、弦をポストに巻く回数が少なくなったので落ちます。これは、サウンドに与える影響が大きいと思われ(弦振動が大きくなりエッジが削がれる)、同社の高さ調整出来るペグの方がベターに思えました。


で、弦は0.10~0.46を貼るのですが、Fenderのデフォルトのスケール(0.09~0.42)が張られており、ナットの溝が狭かったので少し拡張しました。あ、ナットはオリジナルです。


②ストリング・ガイドの交換


カモメ型とか羽型とか呼ばれているものが付いておりましたが、ヘッドにべた付きで、1,2弦のみ張力が高く感じられスペーサー付きに交換。各弦の張力に違和感が無くなりました。

交換したのはFender U.S.Aの純正品。

IMGP0769

(これで¥1,260・・・高いよなあw)。


螺子穴拡張するのが嫌で純正品買ったのに新品の螺子はちょっと太いのね・・・よく調べもせずに馬鹿でしたw。


③サドルの交換


オリジナルは前述通りこれです。

IMGP0767


弦高を調整する所が固まってましてね。ちょいとお高目だったので交換しちゃおうかと。


手持ちにCallahamのサドル(Telecaster用)があったのでそれに交換しようかと思ったのですが、螺子穴が合わず断念で残念。


で、RS GUITAR WORKSのTBSと言う製品が螺子穴にあったので交換。(http://tauruscojp.wix.com/rsguitarworks#!up-grade-parts/c1f9f)。

IMGP0784


正確にオクターブ・チューニングが合うかと言われると微妙も、オリジナルよりは精度が高い。


弦の接点を微妙に変える事でオクターブ・チューニングが合う設計。


色んな材質の物が出てますが、これはブラス。これが王道なんだって事で。


お安いサドルです。

 


④ピックガードの交換

IMGP1094


えー、オリジナルはパールホワイト、なんですが、僕はこれ、ダサいと思いますw。


で、Naked Guitar Worksさんに作って貰いました。


⑤リア・ピックアップ及びスイッチの増設。


「Ⅱ」になってからMustang、Duo Sonicと共用になったボディ。

IMGP0844


元々、ザクリが入れられているんですね。


で、ピックガードも変えたし、それなら加工しても良いでしょうって事でリアを増設しました。

securedownload


スイッチはSwichcraft社製。


ピックアップはこれ。

IMGP0772

IMGP0777


えー、Grinnning Dog Studioさんの「Duo Master 60s Black」のネックポジション。


同社のピックアップが好きで、Telecasterにもマウントしているのですが、musicmasterⅡ購入した時リプレイスメントしていたんです。


それをリアに持って来てみました。


本当はリア用のピックアップ購入したかったのですが、マネーもねーので転用。


で、Mustang持っていた時に「フェイズサウンドっていらないな」って事で、スイッチは、「フロント~ミックス~リア」の仕様としてみました。故に一つは「ダミー」でして、配線はしておりません。うん、こっちの方が使い易いと思うのですがどうでしょうか?


で、早速ですね、土曜日の練習に使ってみたのです。


箇条書きしてみましょか・・・


・やっぱリアのエッジのあるサウンドは良い

・ノイズは殆ど感じず、ミックス(センター)では、太くエッジのあるサウンドだった

・Telecasterに、「軽さ」と「太さ」と言う背反するサウンドを混ぜた印象

・適度なコンプレッション


んとですね、お高いDuo Sonicも勿論良いのですが、musicmasterⅡ買ってピックアップ増設で事足りるかと思うのです。てか、多分、その方がお安いw。


Duo Sonicは、僕が探した限り何故かAネックが多く、それに馴染めないお方にも宜しいかと。


以上の改造、悉くNaked Guitar Worksさんにお願い。


社長(?)の多田さんがDuo SonicⅡ持っててねw。Mustang系の改造、お強いのも助かった次第。


軽いし、見た目可愛いしw、取り回しの良いギターですので、メインに据えても良いのですが、最近Gretschが弾きたくなってたり、矢張り見た目はTelecasterの方が好きだったりで、今後出番が大いに増えるって事は無い様にも思えますが、Telecasterをメインテナンスに出してたり・・・なんて時には充分その代役をこなせる汎用性を身に付けたかと。


以上です。


あ、ピックアップ・カバーはFender Japanの純正です。