リーダー

リーダーです。

本日紹介させて頂きますのは、こちら。

IMGP0905

はい、FUZZ FACTORYです。

今更感が漂いますがご容赦下さい。

練習前に楽器屋さんに寄るのを至上の楽しみとしている枯れたサラリーマンのワタクシ、前々回の練習で立ち寄った某楽器店で可也安く売っており購入。

基盤は・・・あちこちに出てるけど、現行品なので記載は省略。

IMGP0903

箱の他、こんな包装がなされてて面白い。洒落っ気がある。

以前より欲しいなあと思っておりまして、試し弾きもしましたが、購入に至らなかった理由は二つ。

1)使いこなせる自信が無い
2)ノブが軽くてブラインドで踏んだ時にノブまで動いちゃいそう

1.は相変わらずですがw、2.は改善されており、ノブが重くなっていた。

蛇の目基盤の初期型では無く、廉価なVEXTERシリーズ。

ハンド・ペイントの物との相違点は、ペイントの他、ノブ、キャパシター、レジスターのメーカーのみと記憶しております。

それが、どうサウンドに影響を与えるのかは不明・・・と言うか、僕の耳では分からないだろうなw。

各ノブの説明を若干

Vol:ボリューム。もう、無茶苦茶な音量が稼げる。何故かくも音量を稼げるのか、不明。
Gate:右に回す程音がブチブチと切れる。
Comp:上げる程に圧縮され、ピッキングニュアンスが無くなる。
Drive:歪み、ですね。
Stab:電圧調整機能、との事ですが、マックスが基本で下げると発信音が出る。Stabilityの略だとすると「安定」を意味する訳で、まさにそんな感じ。上げる程に安定する、と。

発信系(?)のファズとして高名ですが、設定によっては普通のファズとしても使える。

ブチブチ切れる感じから、スムースな感じのサウンド迄網羅していて、汎用性は広い。

スムースな感じなら、Gate右いっぱい、Stab左いっぱい、Compは2~3時にすると、太いサウンドが出るし、Gateを上げ、Compを下げると、昔風な、GSチックなファズにもなる(Gate左いっぱい、Comp、Driveは右いっぱいで、Stabは3時位)。

発信は、Stab次第かな。ギターのボリューム、ピック・アップ・セレクターでも音程が変わる。設定次第でオクターブ・ファズチック(Gate2~3時、Comp、Driveを右いっぱい、Stab左いっぱい)にもなる(フロント・ピックアップのみだけど)し、シンセ風味なサウンド(Gate11時、Stab2時、Volは適宜で他は絞り切る)なサウンドも出る。

もう一度書きますが、「変態的発信系FUZZ」だけでなく、普通にファズとしても使える・・・

んだけど!

これねぇ・・・「発信するファズ」以外は、あんま魅力を感じる音では無い。。。

僕はそんなにファズは使って来ていないけど、例えば、昔風ファズの痩せた感じ、逆にBig Muffにある太さ、は、どちらも中途半端で、言い切ってしまうと「Fuzz Face風サウンドはFuzz Faceに、Big Muff風サウンドはBig Muffに、それぞれ軍配が上がる」と、僕は感じました。

その理由はこれ!と明確には言えないのですが・・・。

でもですね、これ、アナログ・ディレイと併用すると、面白いサウンドが出るんです。

ディレイ音だけが出る様に設定し、その音に発信させたFUZZ FACTORYを前段に繋げると、回転スピードがおかしいステレオで質の悪いレコードに録音した遠くで鳴っている鐘の音みたいな音が(どんな音じゃ)出る。

インパクトのある「変な音」として、曲のどこかで使うと面白いかも。

以上です。

FUZZ FACTORYって、既に彼方此方で書かれている訳で、今更感が半端無い訳ですが、「後段に空間系ペダルを交ぜる」と面白い音が出るって事を紹介したく、書いてみた次第です。

ご興味あれば、お試し下さい。