リーダー

リーダーです。

昨日はライブで御座いました。

お越し下さいました皆様、有難う御座いました。

SCOREはこんなんでした。

1.世界の午後
2.ミュージック
3.夜を盗む
4.ヒステリック・マンション
5.Time After Time(カバー)
6.東京タワーが倒れた日
7.デイ・トラッパー
8.パラダイス
9.廃工の世界
10.象の海岸
11.LEFT

一年前のライブでは、水分補給を忘れ、指が動かなくなると言うアクシデント(と言うか不手際w)がありましたが、今回は小まめにしたりして。

ワンマンだったので音作りに時間が掛けられて良かったかも。

一番のメリットはスネアの音色ですかね。

可也ピッチを下げ気味にしたのですが、それが功を奏したかステージ上でも聴き易くやり易かった。

スネアがバンバンと五月蠅いアマチュア・バンドのライブを時々経験するが、あれは聞くに堪えぬ。練習スタジオとライブでは絶対にピッチを変えるべきじゃないかと思う。

音色、は、演奏と同じ位に大事な要素なんだろうなと再認識。うん、こっから先もエフェクター購入に精進し様じゃないか。

メンバーからは「MCにいつもの過激さ(下ネタ)が無かった」と言われましたが、可愛い可愛い親戚の子が来ていたので、当然紳士的に振舞った次第である。出来ればメンバー全員にモザイクをかけたかった。連中は存在自体が下品なのは言うまでも無いだろう。

大体ね、どっかの馬鹿がね、ショッカーの恰好して出るって言うからね、事前にね、「僕が”そこのショッカー”って君の事を呼んだら、”ヒーッ”ってだけ返事するんだぞ」と言っていたのにね、冒頭で「おい、そこのショッカー、大丈夫か?」と声掛けたら、「あ、大丈夫っすけど、やっぱちょっと暑いすね」とね、素で返しやがったからね、そっから先、もうネタを振れなかったじゃないのさ。一番の大ネタだったのによぉ。

ま、それは兎も角だ。

今回もやっぱり「満足行く演奏」とは相成りませんでしたが、人にお世辞を全く言わない同期のI君が褒めてくれたので、まあそこそこの演奏だったのだろう(と思いたい。そう思うようにしよう)。

北海道出身のつかちゃん、いつも来てくれるみんじょんちゃんにふるちゃん、ゆーすけ君にたまこ姉ちゃん、イマムー&たくみ君のライオンズ・ナイトのお二人、やまちゃんにしのさん、I君とその新潟美人の奥様、サマソルのずんちゃんにたっつー、来てくれて本当に有難う御座いました。無論、ちーちゃんにあだっちゃんもね。

おばさん、Mかちゃん、Aかちゃん、どうも有難う。銀のエンゼル、必ず上げるからね。CD、パパに聞かせたら絶対駄目だぞw。

で、「今回限りの限定品!来ないと二度と手に入りません!」と銘打ったCD「フジコ・デラックス」がほぼ二桁我が手元にあるんですが、どうしやしょうかね、これ?