リーダー

リーダーです。

本日紹介させて頂きますのはこちら。

IMGP0814


はい、LovepedalのEternityです(本日も「今更感」漂う機材の紹介ですいませんw)。

生産中止になる(なった?)とか。良いペダルなんですがね、何故でしょう。

Eternityは、三台所有してます。

一台目は貸出中で、それは(基盤が無い)最も初期のもの(手元に無いので確かめられぬ)。

弾いた瞬間、「これは凄い!」と感じ、即購入。何年前だろ?

後にも先にも、弾いた瞬間「!!!」とあれ程感じたペダルはない。

二台目が、上記のもの。

小さい基盤があり、作りが変わっているが、最初期と比較してあんまり違いは感じなかった。

中古で可也安かったので購入。

三台目が、これ。

IMGP0813

これも中古で購入。直輸入品の中古とかで、信じられない位安かった。保証が効かない怖さは考えない様にしよう。。。

スイッチが変わってますし、基盤も

IMGP0817
(左が二台目、右が三台目)

変わってますな。モールドされているから写真を上げても良いでしょう。

Glassと言うノブは高域調整と聞いた記憶がありますが、プレゼンスとはちょいと違う気もします。

なんかね、音がクリアーになって行く感じ。確かに高域は上がるが、それだけの効果ではない様な。

歪み量(?)はそんな多くない。SD-1程度かな。

Eternityの魅力って、ぶわーっと広がって行くサウンドと言いましょうか、「圧縮して歪んだ」んじゃなく、「過大入力で歪んだ」感じと言いますか、小さい真空管アンプ操作して歪ませている様な気持ち良さがある。

Driveを下げればクリーン・ブースターに、Glassを上げればトレブル・ブースターに使用可能とも聞いた記憶がありますが、ある程度の音量にするとDrive絞り切っても若干歪んでる気がする。

で、今更、態々Eternityを書きました理由ですが、二台目三台目で音が違うかなと気になり試したんで。

個人的な意見を述べさせていただきたいと思います、はい。

サウンドはですね、確かに違いますが、僕はどっちも好きです。

顕著な違いは中域。二台目の方が中域が出る気がします(個体差かもですし気の所為かもです)。

あ、中域と言うより高域かも知れぬ。三台目の方がハイがきつく感じた。

ハムバッカーには三台目の方が合う気がします。ハイが出易いからかも。

「最新式のEternityは良くない」なんて話を聞いた事がありますが、これはこれで良いと思うのです。

で、これ、オペアンプ代えると結構音が違いました。

Leqtique(なんて読むのかな?)のMaestro Antique Revisedの紹介で書かせて頂いた、Izacってメーカーのオペアンプ、そのGoldを搭載すると、良い感じに中域が盛り上がり、二台目に近いサウンドが出た。

最新型のEternityに中域を持ち上げる(若しくはハイを削る)癖があるオペアンプを搭載すると、初期型に結構似て来る様に思いました。

元々搭載されているオペアンプは、型番が削られているのでなんなのかは不明だが、ソケット式なのでオペアンプ交換も半田無しで出来て楽チン。

お持ちの方はオペアンプ、色々と試してみては如何でしょうか?