リーダー

リーダーです。

本日紹介させて頂きますのがこちら。

IMGP0760

320designと言う、個人工房でしょうか・・・のオーバードライブ、Landmightyです。

この前のバージョンもあるらしい。これはVersion2とか。

HPはこちら↓。
http://www.320design.net/landmighty.html

購入は結構前。私がよく覗かせて頂いている機材のサイト「きになるおもちゃ」さん及び「【○八】マルハチBlog」さんで紹介されていて、俄然興味を持って購入した次第です。デザインも恰好良いしw。

一時期、メインの歪みペダルとして使用しておりましたが、ギターがRickenbackerになり、それに合わせてメインの歪みペダルがHOT CAKEになった為、外しておりました。

今になって紹介しました理由・・・、それはですね、これ、先般購入したMusicmasterに凄く合うんですよ。

ミュージックマスターの項目でも書きましたが、ミュージックマスターに歪みペダルを繋げると、なんか音がボコボコしちゃって、いやホント「・・・壊れてんのか?」って音になっちまったんです。ホント、なんでだろ・・・?

で、手持ちのペダルを色々と試していて、最も良かったのが、これでした。

所謂「TS系のペダル」との事ですが、僕の印象は「TSとBD-2が交尾して出来た優秀な子」って感じw。

遺伝子としては、寧ろBD-2の方が強い気もするんですが・・・僕の耳はやっぱりおかしいかしら。

そう言えば、TS系のペダルって、あちこちのメーカーから出てますが、「BD-2系のペダル」って、モディファイ物ばかりだが何故でしょう。BD-2系のペダルっての、もっとあっても良いと思うのだが・・・。

一般的なボリューム、ドライブ、トーンの他、クリップの種類を選べる「Clipスイッチ」、低音の厚みが変わるスイッチ、中域を変化させる「Characterノブ」と、まぁ幅広い音が出せます。トーンを、持ち上げる事も削る事も出来るので、汎用性は広いでしょう。

僕は、一番クリップがかかるDiode、低域は略原音通りも輪郭が際立つNormal、キャラクターは鶏と犬(?)の中間あたりで出る、「タイトな低音と中域、耳に痛くないものの適度にエッジがかかった高域」がお気に入り。

バンドでやって「あ、抜けて来ないかな」と思ったら、中域を上げたりも出来るし、使い勝手は凄く良いと思います。ただ・・・中域の出方は、僕のイメージするTSのそれとはちと違うかも。TSにある「膜が張った様な中域」はあんま感じ無い。高低域をあんま削らんのかしら。或いは中域の持ち上げか方が違うのかしらん。

因みに、グレッチの箱モノ、ピックアップをフロント、センターにした時に、「もうちょっと抜けを・・・」と感じてる方にもお勧め。Gretschと相性が良いペダルだと思います。

中々出会えるペダルでもないし、汎用性が広いと音作り面倒そうだな~なんて感じる方もいらっしゃるでしょうが、

・ドライブ、トーンをセンターに
・Clipスイッチで好みのClipを選び
・Characterノブで中域の音を決め
・最後に低音の具合を決める

としますと、スイート・スポット見付かるかと思います。

と、色々と書きましたが、動画見て頂くのが一番かとw(僕がアップした動画では無いです)。