ビクシ


久っっっっしぶりにWiiを立ち上げました。どれくらい久しぶりかっていうとWiiの接続プラグがどの分配器に刺さっているか分からないくらい。スイッチが入った時、軽く感動しました。

勿論、目当ては『みんなのリズム天国』。

みんなのリズム天国
みんなのリズム天国
クチコミを見る




Wiiのコントローラーは多機能で振動やポインティングデバイスとしての役割は勿論、スピーカーや傾きセンサーも付いている。多機能なのは結構な事だが、開発者は無駄に増えた選択肢の取捨に悩む事になる。Wiiのソフト史で多機能リモコンが足枷になったゲームは少なくない。

GBA版の『リズム天国』はゲーム史に残る大傑作だったが、DS版『リズム天国ゴールド』はタッチペン操作がやや消化不良気味でストレスが無かったワケでもない。

Wii版で心配していた事は「つんく。手前ぇ、余計な事するんじゃねぇぞ」的な懸念。






蓋を開けてみれば、Wii版で使う動作は「Aボタン」と「A・Bボタン同時押し」だけ。任天堂の社長が開発者にインタビューをする
『社長が訊く』では開発者が「ボタンだけですみません・・・」みたいな事をぼやいているが見事な空気の読みっぷり。

・・・とは言えボタン操作だけのWii版に特色が無いワケじゃない。片手で操作出来る利点は思った以上に大きく、いつの間に片手でリズムを取ってしまう。パーフェクト狙いの時に要される集中力も半端じゃない。

「みんなの」と銘打ってるが目を血走らせてやり込める懐の深さも相変わらず。「みんなの」と銘打つ意味は他人のプレイを見て「下手糞。俺にやらせてみろ」と言いたくなるゲームデザインが反映されての事に違い無い。実際に他人数プレイはそんなに充実していない。




fujico天国









でもリズム感が向上するかと言われると微妙。
ゲームってのは時間を無駄にするモノだ。有意義であっちゃいけないと思うのです。