リーダー

リーダーです。


今日は雨の中の練習。練習日が雨なのは久しぶり。


雨の日って、アンプの鳴りも湿っぽい気がします。気の所為ではなく。


今日はグレッチで出撃しました。リッケンバッカーは引き続きメンテナンス。


来週には調整完了するので、ライブ前最後の練習で試して、グレッチかリッケンバッカーかを決めよう。


今日グレッチ使った理由は、リッケンバッカーがメンテナンス中ってのもありますが、グレッチに手を加えたからです。


IMGP0492

写真だけで分かった貴方はManiac(笑)。


Swing Chipをブリッジ裏に貼りました。


Swing Chipの詳細はこちら。

http://www.b-air.jp/jp/products/swing-chip/swingchip


一時期、あちこちのブログに書かれてましたね。


ご多分に漏れず、僕もストラトとテレキャスに貼りました。


効果は、その時はよく分からず(笑)。


他の改造に併せて貼った故、SwingChip単体の効果は分からなかったんですね。


そんな「効果が分からない」SwingChipをまた貼った理由は、グレッチの特製故。


僕のグレッチですが(僕のだけでも無いかもだが)、生音に「ぼわ~ん」って倍音があるんです。


それで居てアタック音は控え目と。

そんなギターをバンドで使う際、自分の音をちゃんと聞こえる迄上げますと、「なに弾いてるかよく分からないけどうるさい」という悲しい事態に(笑)。


グレッチの使い難さって、そこにある様な気がします。


で、Swing Chipの説明読むと、その辺りが改善されるかなと。


で、結果。


はい、生音では効果大です。Swing Chipの効果、初めて分かったかも(笑)。


倍音が適度に消え、相対的にアタック音が際立ち、音がすっきりした印象。


「そんなんグレッチぢゃないわ」って方にはお勧めしません。今のサウンド気に入ってらっしゃる方にもお勧めしません。結構音変わりますから。


僕はブリッジの下に、一番大きいのを貼りました。推奨されてる場所とは違います(笑)。


ブリッジ下に貼った理由は、個人的に、ギターの生音の肝はブリッジとナット(0フレットあるグレッチなら0フレット)だと思ってまして、その考えから、0フレットとブリッジ表面に貼る場所試行錯誤したんですが、適当な場所がなかったんで、折角のバックパッドあるギターなんだからとブリッジ裏にしました。


バンドアンサンブルの中では効果は今一分かり難かった。多分、メンバーは違いに気付いていない(笑)。


面白かったのが、ハウリングが押さえられてた事。箱の共鳴が少ないのかな。


で、ですね、「やっぱりリッケンバッカーじゃなくてグレッチだな」と迄は思わなかったのは事実。どうしても嫌だって訳ではないんですが、絶対にこれだ!と言う訳でもなく(笑)。


ま、次回はリッケンバッカー試して、比較して決めます。


今日のペダルはケンタウルスをメインの歪みにし、キーリーのTS808をブースターに。敢えてケンタウルスはブースターではなくメインの歪みに。


これは失敗でした。ケンタウルスとTS併用すると、ミドルが過剰で詰まる感じです。


TS二個の時はもうちょっとすっきりしてたんだがなあ。


再来週の練習では(恐らく)リッケンバッカーですが、ブースターは替えようと思います。ケンタウルスとの相性次第ですが、今日の感じではMXRのマイクロアンプがよさ気ではなかろうかと思いました。


練習は粛々と。


ライブの曲目は固まりましたが、曲は固まった様な、そうでない様な(笑)。


まあ、後は練習あるのみ。


今日はボーカルが聞こえ難かった。雨の日関係あるのかないのか。


それにしてもスタジオの中が暑くてね・・・もう、汗がダラダラと。


若いバンドが汗ダラダラ、だと部室の匂いがしますが、我々中年バンドは・・・軽い腐敗臭でしてね。


本日も、不快指数100%でお届けしました。

で、こんな写真も取りました。

IMGP0490

TVジョーンズのピックアップです。

いや、だからどうって訳では無いんですが。。。

デフォルトでTVジョーンズ搭載してたんですから、期待を込めたモデルだった事が伺えます。

でも、不人気なんだろうなあw。


48