ビクシ


アマゾンから今日発売の360ソフト『赤い刀 真』初回限定が来た。横スクロールシューティング。相変わらずというか振り返れば20年以上同じようなゲームやってますよ馬鹿野郎。

きっと音楽で言えば、同じような曲調のカントリーロックを延々と聴いてそのまま大人になっちゃったみたいな。周囲から「何が違うの?」と馬鹿にされても今更止められませんよ的な。

更に性質悪いのはこの手の信者は周囲に中二的で攻撃的。
本当にすみません。悪口は陰で言って下さい。








赤い刀 真 (初回限定版 特典「追加ボイスダウンロードカード」同梱)
赤い刀 真 (初回限定版 特典「追加ボイスダウンロードカード」同梱)
クチコミを見る

最近の同社移植のゲームは調整がヌルくて・・・というか退屈で嫌だったが、本作はその心配は杞憂に終わった。プレイヤーに対する殺意が緩慢な『怒首領蜂 大復活』も『虫姫さま ふたり』も『デススマイルズⅡ』も個人的には今ひとつだったが、『赤い刀』は一連の弾幕シューティングの集大成と言うに相応しいデキ。緊張感たっぷりの調整で大満足。


特大得点アイテム大量に出現。

自分の目が$マークに。

前に出すぎて死亡。

呆然自失。


もうこのジレンマが多過ぎて楽しいを通り越した麻薬的な絶望感。

もう一つ注目すべきは極端なカップリング。「壱号機→百合」「弐号機→ブラコン&シスコン」「参号機→年の差」。嫌悪感寸前な見え見え設定だが、そうでもしないと今の世の中生き残れんのですよ。きっと。







数年前は2Dシューティングはゲーセンで細々とリリースされるものの、家庭用で発売される事もあまりなくほぼ絶滅したジャンルと言われていた。最近「少数だけど確実に食い付く層がいる分野」として認知されたのか色々新作が出るようになったのは嬉しいんだけどね。

今年入っての360からリリースされる2Dシューティングの数は異常だ。
もう狂気の域に達している。



・怒首領蜂大復活ブラックレーベル(持ってる)
・バレットストーム(そのうち買う)
・ピンクスゥイーツ&むちむちポーク(買わぬ)
・星霜鋼機ストラニア(持ってる)
・エスカトス(そのうち買う)
・オトメディウスX(買わぬ)
・トラブル☆ウィッチーズ ねぉ(持ってる)
・バンガイオーHD(そのうち買う)
・赤い刀 真(持ってる)


馬鹿野郎!いくら俺でも買い切れるか!!
もう少しペースを考えろ!!











とか言いながら大体手を付けるんですよ。33歳。
ゲーセンの『ダライアスバースト』にも新作が一本買えるくらいは注ぎ込ん…やめよう。