四人冗語

“がんばらないけど、ネバーギブアップ”
東京の社会人アマチュアバンド、fujico overdriveのblogです。

LIVE @ SPACEWITH

リーダー

リーダーです。

はいっ。昨日はLIVEでした。

なにはともあれ、来て下さった方々、本当に有難う御座いました。

雨なのに来て頂いて、本当に感謝、です。

昨日はですね、来て下さった方々のみならず、メンバーにも大変助けられました。

と言うのは、左手を捻ってて、もう動かないのなんの・・・未だ痛い。

その上、弦の滑りを良くするスムーサーを普段のメーカーから変えたら、もう滑り過ぎて弦を押さえ難くてぐちゃぐちゃで・・焦って又演奏が乱れ・・・いや、本当に僕だけしょっぱい演奏をしてしまいました。

2曲目、3曲目は特に酷かったなあ・・・本当に申し訳ない。

そんな私をメンバーはしっかりと支えてくれました。いや、有難う。

悔しいのでリベンジしたいです・・・壱年後にw。

演奏曲目は以下の通り。

・三日月クローバー
・白昼ゲーム
・グッド・フィーリング
・ミュージック
・(雨を見たかい)
・フレンズ
・夜を盗む
・鉄の羊
・世界の午後
・ガーデン
・月とサムライ

ビクシ君の6弦が切れました。「6弦は太いから切れ難い」は間違い。巻き弦の中は結構細い。切れた理由は張り替えた時に、捻じれたまま張ったからでしょう。ちゃんと馴染ませて交換しなくちゃ駄目ですぞw。

ビクシ君の弦交換の間CCRのカバーやりましたが・・・歌詞も演奏もボロボロでw。あーゆー対応ちゃんと用意してやらなくちゃ駄目ですな。備えが足りなかったなあw。

んなLIVEでしたっと。

あ、会場の店長さん(ハンサムなんだよこの人が)に「月とサムライ」リクエストされたのは、御世辞にせよ嬉しかったです。有難う御座いました。

・もうちょっと長くやった方が良い

・途中でもっとゆったりした曲があっても良い

・トークが曲より洗練されている

なんて意見を頂きました・・・いや・・・w。

以上です。

では、壱年後に又w。

リハから付き合ってくれて手伝ってくれたちーちゃん、仕事中に抜け出して来てくれたぷるちゃんに特別な感謝を。

隠れキリシタンなこんな世の中じゃ

ビクシ


何故か来てくれる人の腐女子率が非常に高いfujicoさん。



腐女子1


腐女子2


腐女子3

腐女子4




※追記:懸命じゃなくて賢明でした。恥ずかしい。

アフターフェスティボォ

ビクシ


終了




社会人の余暇バンドであんなに大人数来てくれればもう十分なんですよ。橋田壽賀子的に。
ホント、次もよろしくお願いします

ライブ告知!(6/18)【ビクス改竄】

促されたから、ってわけじゃないけど、ライブ告知です(笑)。
fujico overdriveワンマンライブ『不快指数120%』
日にち:2011年6月18日(土)
開場:18時00分 ※変更になりました
開演:19時〜
〒102-0072
東京都千代田区飯田橋1-7-3 増田金属ビルB1F
TEL&FAX: 03-5213-3085
入場無料(別途、ドリンク代500円が必要です)

 えーと。。。結局ワンマンでの開催になりました。お友達が少ないのがバレバレですね(汗)。でもめげずに演奏しますので、お時間がある方は是非に! ワンマンとはいえ、演奏するのが他ならぬ我々ですので、程よい時間で終了予定。「えぇぇぇぇ! fujicoだけ何時間も聴かされるのかよっ!」という心配は無用です。どうぞ安心してご来場ください。ではでは、お待ちしております〜。
(TakaYuki)


kokuti2

告知

告知



もう多くは語るまい。
貴方のご来場をお待ちしております。

時に男って止まらなくなるじゃん?

ビクシ


おおっと。いかんいかん。

もうライブも土曜で2日後じゃねえか。うん。2日後の土曜だ。
確か2日後の土曜。そうだった。九段下・飯田橋で18日の土曜18時からだ。うんうん。



わざとらしい告知はともかく、どんな楽曲かとか機材とか練習状況とかね。うん、今日は色々報告しますよ。僕はね、こう見えてもギター大好きなんですよ。演奏するのも大好きだし聴くのも大好き。エレキギターはゲーオタ気質と相性がいいと思っているんですよ。

僕の所持している一流機材と楽器演奏に対する情熱をお伝えしましょう。















































タイーホ



うん。もう今回で最終回。
本当に練習します。寝ます。

男である前に雄なワケよ。俺も。

ビクシ


おっと、そうそうライブが近いんだった。ちゃんと音楽とか機材とか演奏の事を書かなきゃいけないね。日々の練習やギタープレイについてゆっくり語ろうじゃないか。





時にだ。縁あって某クーポン会社のセミナーに出た。色々なITソリューションビジネスの現状を聞いて来たワケ。その中で有名ブロガーを起用した飲食店紹介っていうのがあった。要は無料でアルファブロガーを呼んで、無料で飲み食いさせて口コミ効果を狙おうっていうビジネス。ブロガーは特別待遇を受けるワケだから基本満足しないワケがなくベタ褒めになる。詰まりはリアルに散財した口コミでも何でも無く、捏造を切り売りするド汚いステルスマーケティングの一種。そんなビジネスが横行すれば、ヒット数の多いブログに情報価値は無くなり、このブログのようにビジネスに無縁な場末のブログにこそ情報価値がある時代が来るのかもしれない。まぁそれは無いか。言われるまでもなくインターネットには真贋様々な情報が飛び交い、自分でフィルタリングして情報を取捨する必要がある。フィルターが歪んでいれば誤った情報を収集してしまう危険もある。今インターネットは不可欠であり、今後もそれが大きく変わる事は無いだろう。
世の中は更に便利になり情報は何もしないでも入ってくるが、正誤の判断は自分の経験や周囲の助言から得るしかない。我々は常にフィルタリング能力を磨く努力をしなければならないのだ。



まぁとにかくフィルターが必要なのですよっ。何事にも。


























































スカート2






アレをやる女性のケツは物凄い形容出来ないような汚れが付着していると断定する。ざまみよ。
それが嫌なら隠すでない。ほれ。

そう言っても、ほら、俺も男じゃん?

ビクシ


さてライブが近づいてまいりましたね。そろそろ真面目に機材の話とか、普段音楽を聴いて思った事の話とか、演奏の話をしようと思うのです。僕のギタープレイも中々のモノなんですよ。

























































スカート








なんていうかね。好みとかじゃなくて生物学的見地で扇情を抑止しているというか。
反論は大いに認めるが俺は受け付けないよ。

演奏目録

リーダー

リーダーです。

誰も興味が無いライブの曲紹介などを。()内は収録されているCD名です。

1・三日月クローバー(Manufacture)

過去何度もやってますんで今更ですが・・・一応紹介させて頂きます。

一枚目のCD、マニュファクチャーのオープニングです。何度もやってますが、不思議と演奏してて飽きないのは短いからか(笑)。所謂普通のポップソングです。The Sundaysっぽい曲を目指して作ったが、なんか割とハイパーな曲になったのはビクシ君の所為だろなw。

2・白昼ゲーム(Dynamo)

ビクシ君の曲。三枚目のCD「ダイナモ」のハイライト曲。CDでは、付き合う男性の趣味に大変問題を抱えるビクシ君の彼女のコーラスが秀逸なんですが、ライブでは再現不可能なのが残念。僕等には珍しく、割と跳ねている曲。

ベースとドラムで演奏は完結する感じなんで、Chicのナイル・ロジャースの様な軽いコード弾く積もりが、弾き過ぎた感があるのが大変に残念。もう少し僕にセンスがあればなあと今更ながらに思う。

3・グッド・フィーリング(Gedget)

緑川の曲。諦観なのか希望なのかよく分からない一曲。まぁ、緑川と言えば愚痴の歌が殆どで(以下自粛)。僕等にしては珍しく(珍しくばっかりじゃんw)7thの曲ですが、ブルージーにならない辺りが我々らしいと言うかなんと言うか、、、ねえ。

淡々とした曲だが弾いてて楽しいのは展開が多いからかなあ。この曲は演奏してて楽しい。アレンジも良いと思う。僕のパワー・プッシュで披露する事になったんじゃなかったかな。

4・ミュージック(Dynamo)

これは「バンドで作った曲」と言っても良いかと思います。簡単なリフだけの持って行って、バンドで肉付けして足りないメロディ追加して・・・と、そんな感じで作りました。所謂「バンドマジック」と言えば良いんでしょうが、バンド全員で作った曲がバンドのイメージにあんまり無い「ロックテイスト」があるのは不思議と言うより奇奇怪怪。

ハイライトはリフでも歌メロでも無く、ブレイク時のビクシ君とミ・ナミの掛け合いで、ここの緊張感は結構好きである。

この曲は演奏していて楽しい。

5・(カバ-曲)

恥ずかしい男が恥ずかしい曲を恥ずかしげも無く歌います。ご期待下さい。

6・夜を盗む

緑川の新曲。ここ最近この曲とカバーばっかりやってる気が・・・w。跳ねている感じのノリの良い曲。LIVE向きではないでしょうか。

アレンジを煮詰めた結果、バッキングは限りなくシンプルになり歌がこれでもかとフューチャーされました。大胆なアレンジを己に課した緑川のボーカルに酔って下さい。悪酔い注意ですw。

7・鉄の羊(Dynamo)

自分の曲を客観視する事は出来ないのですがこの曲は好きです。付き合う男性の趣味に大変問題を抱えるばかりか漫画の趣味にも偏りがあるビクシ君の彼女が作詞してくれまして、それがね、凄く良いんです。いつか付き合う男性の趣味に大変問題を抱える上に漫画の趣味にも偏りがあり更には渋谷の某ショップに入り浸っているビクシ君の彼女に、CDの作詞全部して欲しいと思っているんですが駄目ですかね?

展開が多い上に静と動が激しいので調子が悪い時に演るとボロボロになります。。。

8・世界の午後

新曲です。ドラムのミ・波平以外全員歌うと言う、聞いている人に対しての嫌がらせとしか思えない曲です。

言ってみれば普通の、本当に普通のポップソングなので、ボーカルを三人で・・・としたんですが、どうでしょう?

以上8曲、おみまいしますので、宜しくお願い致します。

ManufactureとGadgetからは1曲ずつしか披露しないんですなあ・・・まあ、それも良いかw。

練習便り

リーダー


リーダーです。

今日はライブ「マジックミラー号が行く」前の最終練習。

生憎の雨かと思ってたら出掛ける前に上がった。雨上がる街は気持ちが良い。大安なのか結婚式と思しき恰好の方がちらほらと。

練習前に勿論楽器屋へ。エフェクターは惹かれる物が何もなかったが、VOXのアンプが欲しくなった。リッケンバッカーにVOX、まんまやん!

で、練習。

前回の練習で、矢鱈雑だった演奏、逆に丁寧さを求め過ぎて元のBPMから外れて遅くなってた曲があり、それを意識しましょうって始めたが、どうだったんだろうか。中々客観視が出来ない。

とは言え、前々回の時は演奏中から「あ、いい感じ」と思えていたが、今回はなかったんで、まあ普通だったかと(笑)。

バンマスが居ないバンドなんで、「ここがこうおかしいからこうしよう」が出来ない。意見は出し合うが、行き当たりばったりだったり、ただ単に個人的にやりたいだけだったり(笑)。

「良い演奏をする」ってのは難しいもんだなあ。

「夜を盗む」って曲のサビのリフ、作曲者の「歌い難い」との意向で単純にコードに。うーん、サビのインパクトが凄く削がれる気がするんだが。。。

そんな練習でした。ライブは、まあ、なんとかなるでしょう、、、か?

ギターはリッケンバッカーでした。調整したんで弾き易い事この上ない。

ちゃんと調整されてなかったリッケンバッカーに「こんなもんか」と評価していて申し訳ありませんでした。調整の大事さを再認識した次第。

ギターは良かったが、ペダルは散々(笑)。

マクソンのOD-820がなんか接触不良。H.B.Eのディレイ、MIMICが発振が激しく設定に四苦八苦。

この二台はライブでは不安なんで外します。Overdriveはケンタウルスに、Delayはマレッコにします。使い慣れたペダルで臨もうかと。

さあ、後はライブだ!
プロフィール

fujicooverdrive

登場人物

【リーダー】

ギター・ボーカル
持っているエフェクターの数は4ケタを下らないエフェクター狂人。ワイフが天敵。最近NGWに寄生。


【ミドリカワ】

ベース・ボーカル
メンバーからは「大先生」と揶揄を込めて呼ばれる最年長・最長寿ベーシスト。やっと人生折り返し。正論派。


【ビクシー】

ギターシンセ・その他
最近ギターにシンセをマウントした命知らず。明るいヘビーゲームオタク。絶滅寸前。

【TakaYuki】

ドラム・打ち込み
虚弱ドラマー。話題はオールマイティ。愛車RX-8。スーパーデザイナー。そして卵が大嫌い。
月別アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索