四人冗語

“がんばらないけど、ネバーギブアップ”
東京の社会人アマチュアバンド、fujico overdriveのblogです。

修行中のヤムチャを見てスーパーサイヤ人がチャチャ入れてきた的な。


ビクシ


幼少の頃からだけど知らない人に声掛けられる率が凄い高いんですよ。僕は。







新宿・某ペペ某島村楽器にて。
G31


G32


G33


G34










まぁ当たり前っちゃ当たり前だけど、すっっっげぇ上手いの。
凄くイイ人だったけど1秒でも早く逃げ出したかったです。

Albit GUITAR PRE-AMP A3GP (TUBE MODEL)

リーダー

リーダーです。

今日紹介するのはこちら。

IMGP0547

はいっ、ALBITさんのプリアンプです。

所謂「アンプライクなペダル」ではなく、正真正銘のプリアンプです。

購入動機は、レコーディングでアンプシミュレーターでは無く本当のアンプが欲しくて探してた際見付けて、です。

小さく取り回しに便利で、LINE OUTが付いていて、レコーディングには打って付かな、と。

詳細はこちら。

http://www.albit.jp/preamp.html

真空管が内蔵されています。

IMGP0548

真空管を見ただけでちょっと萌えw。

上記URLに詳細及びサウンドファイルの他、高評価のコメントもありますので、僕は敢えて気になった点を。

先ず一点目、ノイズ。

多いです。

シングルコイルは勿論、ハムバッカーでも結構気になるレベルです。

続いて二点目、スイッチの切り替え。

Clean、Crunch、Leadと切り替え出来るんですが、曲者なのがCrunchとLeadの切り替え。

これがね、鈍い。ちょっと考えて切り替えなので、CrunchからLeadに切り替える時に難儀を覚える(CleanからCrunch、Leadへの切り替えはスムース)。

三点目、CrunchとLead。

これ単体の歪みが「うー・・・ん」な出来具合。

なんかね、歪み量は多く無く、Crunch、Lead共に、歪み量を上げて行くとバリバリっとした歪みになります。あんまり好きじゃない・・・。

Cleanで、TS系のペダルを接続すると良い感じになります。これ単体で歪ませるって言うより、歪みペダル+このプリアンプ、だと良い雰囲気。

Crunch、Leadでも、albit a3gpのゲインは抑え気味にして、が良いと思います。てか、そうすると、単体では「う~ん」でも、録音時には「あ、良い感じ!」となるエッジが得られます。

高評価な点。

「CROSS」のノブで音が大きく変わります。右から左へ=Fenderっぽいサウンドからマーシャルっぽいサウンドへって感じ。音が太く抜けて行く感じに変わる。音の幅が広いので、気に入った音を見付けられるでしょう。

で、ですね、こいつの使い所ですが、やっぱ録音時に使用、じゃないかと。

「ノイズが多い=ライン出力でのレコーディングにはしんどい」ってのはありますが、Cleanチャンネルを選択し、解像度の高いTS系ペダルで歪ませると良い感じになります。

只、ノイズの多さはね、ちょっと気になる。その辺シビアな方は、レコーディング用に買ったのにレコーディングに使えないっ事になるかも。ノイズには割かし許容範囲が大きい僕でも気になる。ノイズ・サプレッサー必須かもって思ったり・・・持って無いがw。

で、「これじゃなかったら!」って思わせるサウンドでも無いんです。正直、BOSSのアンプシミュレーターよりサウンドに奥行きがあり、好きなんですが・・・。

「真空管入りのプリアンプでしかも小型!」ってのがこいつの売りだと思うんですが、それ以外に「これだ!」って売りが無いんです。

ただね・・・。

プリアンプとして、マーシャルのキャビに直結すると良い感じなんです。「あ、ちゃんとプリアンプ!」って思いました。ライン直結で使う事に力入れた設計じゃないのかも。

ただね・・・(二度目)。

それならマーシャルのプリアンプ使う訳で・・・うぅーん。

家にスタックアンプあってお金をかけずにプリアンプを変えたいって人にはお勧め出来ます。

スタジオやライブ会場でプリアンプが異なるのを何とかしたい!って人にもお勧め出来ます。

これで気に入るサウンドを作れれば、どこでも自分のサウンドが出せ、且つ持ち運びも便利。

そう言う需要、結構あると思うんですが使ってる人を見た事が無い・・・やっぱ、普通のプリアンプの方が使いでが良いのかなあ。

ALBITは凄く好きなメーカーなだけにちょっと残念です。是非宅録に特化したプリアンプ作って欲しいところです。

ギタリストを撃て

リーダー

リーダーです。


仕事の気晴らしに楽器屋行きました(楽器屋の気晴らしに仕事して・・・ではない)。


で、その楽器屋さんで、思い詰めた表情でとあるギターを見ている人が居ました。

彼の心理状態を代弁しましょう。


1)この出会いは運命かもしれない
2)ここで逃すともう二度と手に入らないかもしれない
3) 買って後悔、買わずに後悔、同じ後悔なら買って後悔の方が良い
4) 思えば、買って後悔なんてした事がない
5) 確かに高い、が、これでもう他は何も買わないのならかえって安い
6)~年で償却とすると一年たったの~円!安い!飲み会二回我慢すれば買える!
7)これを買えばあれは売れる。とすれば差し引きたったの~円じゃん!
8) 人はパンのみで生きるにあらず


彼と話した訳ではないが、恐らく当たらずとも遠からずでしょう。だって、僕も同じ目をよくするもんね。


その後、店員さんを呼び、試し弾きしてました。で、弾くのを止め、暫しギターを見入ってました。


うん、見入ってる間、上記(1)~(8)まで反芻したね間違いない。


ギタリストは多くの機材を欲しがる傾向があると思います。


「趣味はギターです」って人の部屋にギターが一本しかない、って事は稀ではないでしょうか。


例えば身近に「オッス、オラ、持ってるギターは紫ラメ入りパーカー・デラックス一本のみ!」って人が居たとしましょう。例えです。


多分そんな人は稀です。そもそも奴はギタリストじゃな・・・なんでもないです。


彼のギターに掛ける情熱、それは「出来得る限り恥ずかしいギターを持って人前で恥ずかしい事をする」であって、ギターを弾くのは動機じゃありません。第一、本人の存在が既にギターより恥ずかし・・・なんでもないです。


そんなケースはレアですので置いといて、ギタリストがどう考えても管理し切れない機材を所有するのは何故でしょう?


「本当にそれ必要なの?」
「同じの様なの持ってるじゃん」
「違いが全然分からない」


等と言われて時に逆切れし人格を疑われる行動をするのか。


そんな状況を打破したい貴方に僕が教えます。それは「多くを求めるな」です。


「いや、それが出来ないから部屋中ギターだらけエフェクターだらけなんじゃん!」と思ったでしょ?違います。


先日ね、Rickenbackerのリアに合う歪みと言う、ある意味ニッチな欲求を満たすべくHOT CAKE買ったんです。


でね、そのとき思ったんですよ。「目指す音が絞れている時は多くを求めないものだ」と。


何気なあーく楽器屋行って、何気なあーく試し弾きして・・・なんてのが一番危険。本っ当に危険。誰の事って僕の事です。


ギターはね、値段的にも場所的にもそうそう買えやしません。でもね、エフェクター。これは危険極まりない。


「うわー、安い、買っちゃえ!」と買ってしまい、通算1時間も弾いてないペダルあるでしょ?電池の交換一度もしたことのないペダルあるでしょ?僕はあるぞ。えーっと、レイセオンのオペアンプ搭載したOD-1でしょ。KeeleyのSD-1でしょ?CE-2でしょ?それから・・・止めようね、こんな話。


でもですね、「ロー・パス・コンデンサーがマウントされたRickenbackerのリアで、しかもアンプはマーシャルで、ハイがきつくない太い音を出すペダル」となると選択肢はグッと狭まります。あれもこれもと手を出すことは御座いません。


要するにですね、「多くを求めず自分の目指す音を認識し、それを追及する」心構えがあれば、あれもこれもと使わないペダルなんて増えません。


と言うのはね、僕の経験則ですが、「もうこれさえあれば大丈夫!」なーんて事、無いっすから。「ここのこの局面ではこれ」が正解だと思います。マルチエフェクター?あんなんエフェクターじゃないわ(どう考えても言い過ぎ)。


HOT CAKE買って、今までの行動原理をマリアナ海溝ビチアス海淵より深く反省した僕であります。そう思うとよい勉強をさせて貰った。ありがとう、クラウザーさん(DMCではない)。


で、そんなある意味「機材欲求の無間地獄」から解脱した自分へのご褒美でこれ買いました。


はいっ、Ken Multiってメーカーのマルチエフェクターです(何も言うな何も聞きたくない答えたくない)。

IMGP0546


Ken Multiって知らないでしょう?恐らく、Aria Proの海外輸出ブランド名と思われます。


このメーカーのディレイ、プラスチック筐体の、を、高校時代持ってましてね、その印象が良かったんで試したら「あらら、やっぱ良いじゃん」ってんで。

コンプ、オーバードライブ&ディストーション、コーラス、ディレイが入ってます。BOSSのGTシリーズの様なプリセットで音を出すんじゃなくて、コンパクト・ペダルをノックダウンした(だけ)のマルチエフェクター。


コンプは圧縮よりもサスティン稼ぎ、歪みは結構深く、コーラスはデジタルな冷たい感じで、ディレイはショート、ロングの切り替えが可能。


ディレイが良いです。ヘッドフォンアウトも付いていて家でちょいっと弾く分にはGood。


日本製ですね。どれ、ちょっと舐めてみましょう・・・うん、やっぱ日本製って昆布味。昔のBOSSは静岡産だからお茶の味がしたが最近は台湾製で飲茶の・・・って変態かっ!


なんでこれ弾いたか(というかその後購入したか)と申しますと、オオエクソビクス虫が下記でZooMのG3に興味を示してて、「どれ、試してみっか」と試した際、側にジャンク品で売ってた為(値段聞いたら吃驚するよArion一個より安いよ)。


で、誰も持っていないマルチエフェクターの話は置いといてG3。


エクソビクス虫のバンドでの(誰も望んでいないが本人が所望する)立ち居地が


・オーソドックスなビートパンクなバッキング
・時に曲にアクセントを付ける変体型サウンド
・「原音に忠実!」「ピッキングニュアンスにリニアな反応」など求めず


な訳で、それであれば必要充分条件完備してます。てか、アンプシミュレーター結構良い。


このペダルに出来る事は


・環境を選ばない音作り
・PC接続可能
・軽い、持ち運びに便利
・高くない
・操作性に優れている(プリセットの変更は慣れが必要)


だと思います。上記に該当するならお勧め。


ZooMを使う事に抵抗ある人もいるでしょう。でもね、ZooMのマルチで多彩なサウンドを出し、かつ格好いいフレーズを弾く、これは可也格好良いと思います。特命係長みたいです(?)。


外部ペダル(持っているのでG3買うなら上げます>ビクシ)でワウなんかの操作も可能。Uni-Vibeなんかも入ってたな、結構遊べる。


多くを求めず気楽にマルチ使いたい、って人には本当にお勧め。期待以上の事をしてくれるんじゃないでしょうか。


これ買って「デジタル臭い」とか言う人は論外。視点が間違っています。「ピッキングニュアンスをリニアに・・・」とか、そういうの求めるペダルじゃありません。


話が逸れた。


てな訳でG3、いいです。ちょっと欲しくなった。


でもね、これ、ビクシ君に勧めるかと言うと・・・絶対勧めません。


だってね・・・


・ギターも軽いペダルも軽い
・スタジオで体力が有り余っている
・弾きまくる
・うるさい
・しかも「弾くだけでチョーキングする」なんて要らない機能が付いている
馬鹿だから使いまくる
・うるさい
・音作りで結構変態サウンドも作れる
空気を読まず使いまくる
・うるさい

となるに決まってます。


だから買っちゃ駄目ですよ?分かりましたね?

ZOOM G3が呼んでいる

ビクシ


この手の話題は300倍くらい詳しい人がいるから余り触れないようにしているんだけどさ。
久しぶりにエフェクターが欲しいのです。まゆしいは。


ZOOM マルチエフェクター/アンプシミュレーターGuitar Effects & Amp Simulator G3 ズーム G3-ZOOM
ZOOM マルチエフェクター/アンプシミュレーターGuitar Effects & Amp Simulator G3 ズーム G3-ZOOM
クチコミを見る


いい加減愛用のGT10が重過ぎる。ギターは世界で一番軽いであろうエレキギターを使っているのにエフェクターで10Kgじゃあ意味が無いというか。このエコ推進な時代に完璧に逆行しているワケですよ。

・・・とは言え、糞重たいGT10を使っているのにはそれなりに理由が無くもない。

そもそもバンドは4人構成で当方以外にもギター弾きはいる。サウンド的には当方以外の3人で殆ど完成していて、カツ丼に例えれば「最後に三つ葉を乗せれば完成」状態。当方はそのカツ丼の上に思い切って、エビチリソースとバジルを乗せたい派なのです。

他の3人の嫌がる顔が目に浮かぶ。


元々『ギター本来の良い音』が余り好きではなく派手で安っぽい音が好きで、その辺の見地で言えばGT10の多彩かつ中途半端なFXエフェクトは当方の欲求にしっかり応えてくれる。

特にビブラートが秀逸でバッチリ『オモチャみたいな音』を演出してくれる。




・・・で、先日の練習でGT10を持って行かなかったらこんな事を言われる。
3つで足りる


最初は重量以外でのセールスポイントが無かったのだが、色々調べているうちにZOOM社製品はどうやら当方の肌に合っているっぽいのよ。『派手』とか『安っぽい』とか『悪く無いし良過ぎない』という評価がゴロゴロ出てくる。

それでもスタジオ練習でGT10に戻りたくなるのは目に見えているが、そうなったらそうなったでPCにUSB接続してオーディオインターフェイス代わりにしても良いかなとか思っちゃっている。その辺の使い勝手は非常に良さそう。値段も手頃。



















3DSが2万5千円で「高過ぎて手が出ねぇ」とか思っているのに楽器系だと3万円以下は安い。
この金銭感覚は何だろうな。

マンナン人生

ビクシ


蒟蒻畑1


蒟蒻畑3


蒟蒻畑3


蒟蒻畑4









葡萄派だったんだけど最近白桃が好きなんだ。
・・・で、オレンジ味と梅味があるらしいんだけど見た事が無い。コーラ味とか出してほしいね。

HOT CAKE(Crowther Audio)Rickenbackerの音作り~歪み編【ビクス改竄】

リーダー

リーダーです。

今日は会社バンドの練習でした。

いや、当blogが会社バンドの練習を書く場所じゃない事は理解してますが、ラーメンやらゲームやらあるからまあいいかとw。

会社バンドでは歌わずギターだけ。

使ってる機材は、フェンダージャパンのTexas Special搭載のストラト(型番よく分からない)に、BOSSの名器ブルース・ドライバーのみ。

ボーカル兼務(と言うよりギター兼務?)のfujicoではヘダル五個並べてるのにギター専任の会社バンドではBD-2が一個だけ。どうよこの矛盾W。

マーシャルのクリーンと歪みのチャンネルをフットスイッチで切り替え、BD-2でブースト。まあ、これ位でホントは良いよな(身も蓋も無い発言)。

期末だってのに練習したのは、暫く参加してなくて不義理してたのと、ちと試したい事があって、です。

IMGP0540

はい、クラウザー・オーディオのHOTCAKEです。

昨夜テレビで、四人囃子等で活躍されたギタリスト、森園勝敏さんが出てらして、ストラト(TERRAと言うメーカー。最新号のTHE EFFECTOR BOOKに詳しい)のリア(ミドルとミックス?)で凄い綺麗なトーン出してたんです。



ストラトのリアって、カリカリとした硬いトーンが僕のイメージだったんですが、それが完全に払拭されました。

いえね、僕なんぞとは技術も違いますし、指で弾いてらしたし、ボリュームを頻繁にいじって弾いてたし、違うんですよそもそもが。

でもね、「なんでストラトのリアがあんなに太いサウンドなんだ?」って衝撃受けたんです。

で足元を見ればHOT CAKEあるじゃないすか。気になるでしょう気になるんだよ僕はなったってばさ。

HOT CAKEは有名なペダルですのであちこちで書かれていますので詳細は割愛。

こちら参照下さい。



HOT CAKEは、存在は知ってましたが、完全にスルーしてました。

本で読んだ、ファズっぽい歪み、とか、暑苦しいサウンド、とかが、僕がオーバードライブに求める要素とは違うなあと思ってたんですね。

でも、森園さんのサウンド聞いて物凄い興味が湧いて、練習場所の傍の楽器屋さんで中古(と言っているが恐らく代理店さんを通さない直輸入品)があったんで購入しました。

練習で試したら「うん、そう、これこれ!」って思いました。

歪み量は大きいですが、ドライブ・ゼロでは歪みません(ブースト量は10db程度だそうです)。

ドライブを上げるとハイを削る事になる感じで、ドライブと並行してプレゼンス弄る必要があります。設定が難しいw。

でも・・・ハイがきついギター、アンプには本当に良い感じです。マーシャル推奨。その場合はイコライザーのBASS削って下さい。

ストラトだとリアでも痛くない音が出ます。フロントだとちょっとブーミーですが、プレゼンスを上げると良い感じでした。

と言う訳で久し振りに大変気に入ったペダル。やっぱ、高名なペダルって試す価値があるのかもしれません。メンバーが「BD-2の方がよく無い?」と言ってたのは僕の空耳でしょうそうに決まった。

で、HOT CAKEを試した理由はもう一つありまして・・・。

僕のリッケンバッカーのリアにはロー・カット・コンデンサーという余計なものがマウントされてて、その音がストラトのリアに似ているなあと思ってたんです。

ストラトのリアに合うペダルならリッケンバッカーのリアにも合う筈、と考えましてね、試さずにはいられない訳さ。

家の小さいアンプで試した限りでは良い感じでした。マーシャルではどうでしょう。次回練習が楽しみです。

しかしですね・・・「ストラトのリアとロー・カット・コンデンサーがマウントされたリッケンのリアに合う歪み」って、どれだけ需要があるのか心配です。営業妨害してますか?

森園さんも、歪みペダルを4つ使い分けている様だし、リア・ピックアップ選択した時はHOT CAKE使ってるのじゃないかと邪推w。

でも、ストラト若しくはリッケンバッカーのリア&マーシャルに合う歪みだったら、今まで試した中で一番良いかも知れません。

因みにTRUE BYPASSではありませんが、音痩せ気になりません。バッファーが良質なんでしょうか。

最後に。

IMGP0541

内部にね、DIPスイッチ付いてました。

HOT CAKEには、シングルコイルに合うと言われているOLD、ハムバッカーに合うと言われているSTD、プレゼンススイッチをノブに換えた3KNOBってバージョンがあり、3KNOBにはBluesberryと言うSTDのサウンドも出る(って事は3KNOBはOLDかなぁ?)バージョンもあり、それがこれだとか。

スイッチ調整の感想は、又改めて。

不幸

STEAM奴隷がやってきた

ビクシ


いやぁ。サマーセールですよ。奥さん。
確かこの前は去年末に寝不足になるくらい日替わりセールの更新を楽しみにしてたっていう
アレです。

STEAM




でも流石にね。去年末にアレだけ買うとゲーム物欲も少し収まっている的な。
しかも最近DSの『ラジアンヒストリア』がビックリするくらい面白くてPCの電源入れてない的な。

GretschとRickenbackerの弦高について

リーダー

リーダーです。


Blogのアクセス解析と言うものを見てみますと、GretschG6120DCRickenbacker360C63で検索して下さってる方が散見されます。

有難いやら申し訳ないやら・・・。
 
 

その中でちと気になったのが、グレッチ、リッケン&弦高で検索されている方が数名いらっしゃる事。


どれ位か気になる方も多いみたいですので紹介させて頂きます。


弦高の好みは人それぞれでしょうが、僕は低めです。


僕が所有するリットー・ミュージックさんのメンテナンスブックでは、「1弦で2ミリ、6弦で2.5ミリ程度」と記載されています。


物差しをお持ちじゃない方の為にご参考として、摩耗していない10円玉が1.5ミリ、500円玉が1.8ミリ程度だそうですので、弦高を測る時に参考程度にはなるかと思います。


で、私の場合。


GretschRickenbacker共に、6弦で2ミリ、1弦で1.5ミリです。


弦はエリクサーの0.100.46です。


上記で、全てのフレットでビビリがなく、1音程度のチョーキング(僕はそれ以上のチョーキングは殆どしませんが・・・w)は音切れがしない状態です(アンプに通さないで、です)。


上記を上回る設定の場合、弾いた時(若しくは弦を押さえた時)に、弦のテンション(張力と言う意味でのテンション)が高い=硬い、と感じます(その方が好みと言う方もいらっしゃるかと思います)。


上記を下回る設定の場合、弾いた時に弦のテンションが低い=緩い、と感じます。


無論、ネックの角度、弦をペグに何巻き巻き付けるか、ネックのスケール(ショートスケールのムスタングは6弦で2ミリ、1弦で1.5ミリより高めに設定してました)、で感じ方は違いますが、GretschRickenbackerは上記の通り。


6弦で2ミリ、1弦で1.5ミリをデフォルトにしておくと、同じメーカーの同じ弦であれば、弾いた時の感触って変わらない筈だと思います。


それに違和感を感じるのであれば、ネック若しくはフレットに変化があったって事かと。


調整は、(緊急の場合以外は)メンテナンス屋さんに任せています。


半年に一度、調整をお願いしています。


本を買って、自分で色々とやってもみまして、ある程度は出来ますが、日々弾いていると分からなくもなってしまうんですね。その状態に慣れてしまって。


メンテナンスの料金は、自分の経験値で言いますと、ネック調整、ブリッジ調整、オクターブ調整、ナットの調整を含め、6千円程度。


探せばそれ以下もありますがお勧めしません。安い店でお願いした際「これで調整したって言えるのか?」って事が多くありました。メンテナンスに関しては「安かろう悪かろう」かと思います。


フレット摺り合わせを含む場合は15万円出した方が良いと思います。これだけ取って問題あったら文句も声高に言えるw。


勿論、僕が無知なだけで、安くてもしっかりメンテしてくれる店もあるかと思いますので上記はあくまで私見ですが、経験を含む私見とお考え下さい。


あ、アクセス解析に「Rickenbackerのネック幅」って検索もありました。

ナットの幅、の事でしょう。


過去に書いたので割愛しますが狭いです。でも、暫く弾くと慣れます。僕は指が長い方ですが、最初感じた違和感は今はないです。

最後に、僕が所有するメンテナンス用品をご紹介、と思いましたが、基本何も付けず拭くのみです。

以前は、レモンオイル、オレンジオイルの方が、いやエノ油・・・と、色々試行錯誤しながら着けてましたが、今はこれだけ。


IMGP0539

左端はクロス。ちょっと高いものを買いました。

真ん中はホコリ除去のスプレー。

拭き難い個所のホコリを掃除するのに使います。

右はフレット磨き。微粒子研磨が入っているみたいで綺麗になります。マスキングテープ貼らなくても指板にダメージは感じませんが、気になる方は粘着力が少ないテープ貼ると良いかもです。

基本これだけです。液体系の物は何も着けずw。

保湿でレモンオイル、が一般的かも知れませんが、揮発性高くて殆ど効果が無いなんて話も聞きますし(汚れを落とす効果はある模様)、オイルの塗り過ぎで指板が歪むと言う話も聞きます(フィンガーイースかも知れない)。

夏場は部屋の除湿、冬場は部屋の加湿、これで良いと思います。小まめにって程でも無く、普段の生活で己が不快にならない程度の調整。

その他ネジの緩みをチェックする位。

年に一度、大掃除って事で、もっと丁寧な掃除したりしますが(その時はSugiのMOISTURISE OILを指板に~メイプルネック、Rickenbacker除く、ボディはFREEDOMのf54 Shinerを使います)通常は拭く位で良いんじゃないかと。

あ、弦交換の時にオクターブ調整は一応しますが、弦のゲージ、メーカーが変わらないのであれば、基本は変わらない筈と思ってまして、ズレが生じたらネックに異変があるんじゃないかと。

で、弦高をチェックして、上記記載の僕の基準値にズレが出てたらメンテナンスに出します。

んなとこです。

弦高から大分話がそれましたw。

ただ、弾き易い弦高を覚えておいて、時々それをチェックすると、ネックの異常が分かって良いですよ。
 

練習便り

リーダー

リーダーです。

今日は練習でした。

ベースの緑川君が諸事情で欠席。しかもいつもとは違うスタジオ。

色々と環境が違う中での練習でした。

リード・ギタリストのエクソビクス君が「暑い中重いもの運ぶの嫌」と言う思春期の女子高生の様な理由でエフェクター持って来ませんでした。

・・・まぁ、GT-10を練習の度に持って来るのもどうかと思いますがw。

「機材が重い」と言うのは確かに分かります。僕も同様の理由で、一時期軽いギターばかり使っていました。

が!

不惑の四十を過ぎて、「無理出来るギリギリの年齢だよなあ」って事で、その考えを捨て、「無理出来る内は好きな機材を使おう」と思い直した次第です。

驚いたのが・・・エクソビクス君のギター・サウンド。

エクソビクス君の機材はParker DeluxにSD-1(オーバー・ドライブ)、僕が貸したMalekko Heavy IndustryのEkko616(アナログ・ディレイ)、LOVEPEDALのSUPER6(ブースター)にJC-120。

それでもね、GT-10とほぼ同じサウンドが出てました。

EMGピックアップの主張が強いのか、GT-10使ってても差ほど音色使って無かったのか謎ですが、彼が目指すサウンドに必要な機材は、上記で充分の様な気がしましたw。

ま、それは兎も角・・・練習です。

ここ数カ月、LIVEの練習ばかりでした。

新曲盛り沢山のライブでは無く、昔の曲を中心としたLIVEでしたので、まぁ、正直曲に飽きちゃってたんです。

演奏する喜びはありましたが・・・w。

で、今日は同じ曲を繰り返す呪縛からやっと解放だったんですが、ベースが居ないって事で勝手が違う。

数曲、ベースレスでLIVE前から煮詰めていた曲をやってみましたが、しっくりこなかったんでスタジオにベースを借りて数曲。

最初は僕がベースを弾きましたが、「折角だから新曲やろか」と言う事で、僕はギターに戻り披露。で、エフェクターを持って来なかった不届き者、エクソビクス君がベース担当。

これがそもそもの間違いの元。

えっとですね、意味無くAメロからチョッパーやりだすわ、バラードだって言ってんのにやけにロックなベース弾くわ、挙句の果てにベースソロまで始める始末。

最後はRed Hot Chili Pappersの名曲「BY THE WAY」までやりました(勿論出来は「・・・」ですがw)。

なんか滅茶苦茶楽しい練習でしたが、録音物を聞く勇気は僕は持ち合わせていません・・・。

ま、久し振りで楽しかったです。

やっぱバンドは良いね。

あ、Small Stone使ってみました。

あれは最高です。すっかり気に入りました。

「歪みよりクリーン」と書きましたが、なんのなんの、歪みにも良い感じ。

Small Stoneについては、時間を見付けて追って追記します。

BOSS TR-2 keeley Mod 

リーダー

リーダーです。

バンドのブログだってのにラーメン画像の大量アップロード・・・野郎のこの手のセンスはさっぱり理解出来ん。

と言う訳で対抗してこっちもエフェクターの大量アップロードを画策したが阿呆らしいので止めておこう。

はい、今日はトレモロです。

IMGP0538

はい、BOSSのトレモロTR-2のkeeley modです。

今は無きTAHARAさんのシールが泣ける。

説明書には「Trem-Boost」と名称が記載されてますが、箱には「V-TREM」と書いております。正式名称が分からんw。

Keeleyらしく内部パーツのアップグレード、LEDの変更などありますが、一番の特徴は音量調整が可能な事(BOSSのトレモロはONにすると音量が下がるんだとか)。BOSSの2軸ポットが使われているのがニクイ。

BOSSはノブが三つのがデザイン的に良いと思うが、これならありw。

左から

RATE:回転スピード
WAVE:波形の設定。
DEPTH/VOL:上部がDEPTH、エフェクト音の深さ、下部がVOL

です。

トレモロはこれしか持っていないので比較は出来ませんが、トレモロに期待する事は全て出来ると思います。ヴィンテージ風のトレモロからマシンガン・サウンドまで。

購入動機は、「トレモロとクリーン・ブースターが一体化」って謳い文句に惹かれて。

トレモロに不満はありません。まあ、余り使うペダルじゃないですが、ブースターでも使えるなら良いかと。

でもですね・・・

ブースターとしては使えない、と考えた方が良いです。

いえ、音は上がります。VOL以外全て絞ればTremoloは効きません。

でもですね・・・

ONにした瞬間、音が切れると言うか、トレモロの機能である「音の上げ下げ」の下がった状態から始まるんで、音を上げたいタイミングと同時にONってのが出来ない。ちょっと前から踏む必要がある。もう滅茶苦茶不便。

その辺を上手く使いこなせる方でしたらいいかも、ですが、これ、使い難いです。MaxonのTrue Bypassペダルと同じ使い難さがある(Maxonのある機種はスイッチ離さないとOFFにならない)。

僕の個体だけかも知れませんが、試す時はその辺チェックされた方がベターです。
プロフィール

fujicooverdrive

登場人物

【リーダー】

ギター・ボーカル
持っているエフェクターの数は4ケタを下らないエフェクター狂人。ワイフが天敵。最近NGWに寄生。


【ミドリカワ】

ベース・ボーカル
メンバーからは「大先生」と揶揄を込めて呼ばれる最年長・最長寿ベーシスト。やっと人生折り返し。正論派。


【ビクシー】

ギターシンセ・その他
最近ギターにシンセをマウントした命知らず。明るいヘビーゲームオタク。絶滅寸前。

【TakaYuki】

ドラム・打ち込み
虚弱ドラマー。話題はオールマイティ。愛車RX-8。スーパーデザイナー。そして卵が大嫌い。
月別アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索