四人冗語

“がんばらないけど、ネバーギブアップ”
東京の社会人アマチュアバンド、fujico overdriveのblogです。

Black Mariaとかチャーリー・ワッツとか

リーダー

リーダーです。

コロナ罹患者が高止まりの昨今だが、日本のコロナ罹患者の死亡率の低さを鑑みるに、どれだけ医療機関の方々の頑張りが凄まじいかを実感する訳で、そうすると、まぁご迷惑をお掛けしない為に出来る事と言えば、まぁ自粛の継続しかあるまいよ、と思うワタクシ。

メンバーのワクチン接種2回目もそろそろかなと言う状況で、気を付ければバンド活動再開もありかなと思ったりいしていたが、そう言う状況でもないかなぁと悩み中。

まぁ、状況見ながら、ですかな、うん。

さて、珍しく平日にBlog更新したのは、Izo先生Black Mariaさんのレコ発ライブに出演されると言うので行こうかなと思っていたらとある所用入っちゃって行けなくなった事と、チャーリー・ワッツの逝去についてつらつら書こうかと思って。

ライブについては、所用と言ってもマンションの管理組合なんでサボろうかとも思ったが、煩い住民が騒いだ事でちょっとした決議事項あり、その説得役がワタクシって事もあり外せず、緊急事態宣言って事でライブ時間が早まった事で行けなくなっちゃいまして。

ワクチン接種2回目も終わったし、ライブハウスで飲み食い一切せずなら・・・・と思っていたが、残念でならぬ。



Izo先生のバンド(ISB)のベース、hama~さんにレモン牛乳リットル単位で差し入れしたかったなぁ・・・・。

Black Mariaさんの動画で、録音のドキュメントがあり、「おお、そうか、バンドってこう言う風に録音するんだぁ」と感心し、方や我々の適当な録音を振り返るに、矢張り我々の片手間感は素晴らしいなと思ったのである。



メンバーに同席されながら録音とか、もう虐めでしかないぞ、我々ならな!

そんな失意の中届いたThe Rolling Stonesの
Charlie Wattsの訃報。



The Rolling Stonesは、中学時代から熱心に聞いており、コアなファンと言うのは恐れ多いが、それなりに聞いてきたと思う。ライブは然程興味が無い僕が三度も行った程だから、相応に好きなバンドである。

近年は紳士然とした佇まいだったが、長髪全盛期に敢えて短髪にしていたり、ホテルの窓からテレビ投げてみたり、それなりにやんちゃなエピソードもあり、なんとも掴み処がないミュージシャンと言う印象が僕にはあるが、一方、
世間様の評価程、Charlie Wattsのドラムの凄さが分かっていないのも事実。スネア打つ時にハットを打たない事に依るものか、ちょっとしたタメがあってそれがノリになってて格好良いなぁ程度しか分からない。

ギターを多少嗜むので、バンドでThe Rolling Stonesのコピーなんぞもした事があるが、どうにもこうにも上手く行かず、(僕のギターの腕云々もあろうが)大体早くなっちゃって、ああ、Charlie Wattsがリズムの要なんだろうなぁと漠然とは思っていたり。

と、取り敢えず書いてはみたが、何が書きたいかも分からない文章で申し訳ない。

ロック志向が薄かった
Charlie Wattsが、ある意味世界最大のロックバンドに居て、それを楽しんでいたと言うのは、とても面白いと思う。余りメジャーなナンバーじゃないけど好きな曲の一つである下記は、ディスコ調のナンバーだけど、そう言うのにも対応しちゃうって、やっぱ凄いんだろうなぁ、うん。



ご冥福をお祈りします。

夏の終わりの大三角形

リーダー

リーダーです。

先の土日は雨で散歩が出来なかったが今週は散歩出来る天気。

身体が滾るも、先ずは最近朝食代わりに食している甘味と珈琲をちょいと口にする。

IMG_2656

カロリーの化け物みたいな見た目も割かし低カロリー。朝食を摂る習慣は無いのだが、最近寝起きの糖分補給に食している。本日も珈琲のあてに一切れ口にし、先ずは浅草へ。

IMG_2764

曇天模様で梅雨の様な湿度が身体に纏わり付く。

少しばかり散歩をし、Naked Guitar Worksへ。何をしに行ったかと言うと、SquierのJaguarの改造をお願いしていたのが出来上がったので。

IMG_0048
(Before)

IMG_2767
(After)

いやー、劇的な変化だなー(棒読み)。

変更点は3つ。

①フレット擦り合わせ

ステンレスのミディアム・ジャンボ・フレットに交換したのだが、僕の好みではちょい高過ぎで、削って貰いました。「凡そ1/3程削ったので2/3程度になった(by Naked Guitar Works)」との事。うん、余計な手間をかけてしまいNaked Guitar Worksに何とも申し訳ない、が、やってみたかったんだ、うん。
削らなくても良いかなと思ったんですが、押弦した時に指板に付くまで握り込んじゃうんで、ちょいシャープしちゃうのが気になり削った次第だが、凄く弾き良くなった。

②トグルスイッチの交換

弾いてると手が当たってしまうので、背が低い固いスイッチへ交換。今まで気になった事が無いのだが今回は気になったので対処。交換後は一切気にならなくなった。

③ダイナミック・ビブラートのスプリング交換

IMG_2196

ダイナミック・ビブラートのスプリング交換。Sound Loftさん特性の、強度25%増しのスプリング。これが今回の目玉だったが・・・・、あまり効果が分からなかった。アーミングは寧ろスムースになった気がして、強度が増したら固くなるかなと思っていたが、そんな感じは無い。元のスプリング、結構な強度だったんだろうか・・・・
交換依頼したNaked Guitar Worksも「楽に交換出来ました」と言ってたし

一旦家に帰って弾いてみれば、やっぱこのギターは弾き易いし、音も良いし、軽いし、ダイナミック・ビブラートも、軽く揺らす程度ならチューニング安定しているし、メインで充分使える・・・・と言うか、メインで使いたい。

デルタ株とやらの蔓延を見るに、バンド再開は未だ暫く先となりそうだが、再開の暁には使いたいギターだなぁ・・・・。

一旦帰宅し昼食を済ませ再出撃。御茶ノ水、秋葉原界隈を歩くいつもの散歩道。

暑さを感じるが、長雨前の凶暴な暑さではない。残暑と言って差し支えない暑さ。夏の残りみたいな気候に幾許かの寂しさを覚える。

この時期に北海道に帰省出来たら素晴らしい時間を過ごせるんだけどなぁ・・・・。

IMG_4981

IMG_4758
(2年前の帰省時の写真)

ワクチン接種2回目も終わったし、寒くなる前に帰省しようかと思ったが、母より「帰省しないのが親孝行」と窘められる。続けて「元気でいるのが子孝行だからこっちも気を付けるから」とも。

80過ぎの一人暮らし老婆にそう言われちゃ、帰省するのは難しいなぁと改めて思った。それにしても気丈な母だ・・・・。

もう少し状況が落ち着いたら考えよう、か。

密な店を避けつつ楽器屋を軽く冷やかし、ぶらぶら歩けば百日紅の花が花盛り。

IMG_2766

百日紅の花は可憐で宜しい。

そう言えば、道中すれ違った女性が、ペットボトルから水を飲んだ瞬間にワタクシと目が合い、水を噴き出していたけど、ワタクシの顔は初見で吹くほど面白いのだろうか?と不安になった。帰宅し家人に問えば答えはYESであった。なんだかとってもロンリーハート。

楽器屋さんではIzo先生が紹介していたRaw Dawgはちょっと試してみたかった。あの「中域しかありません」って独特過ぎるペダルはちょっと興味ある。あ、momoseのこのTelecasterはちょっと欲しい。写真では伝わらないが、凄く美しいギターである。

翌日曜日の方が好天でお散歩。

散歩前に東京ビエンナーレの会場の一つである
湯島聖堂催しを見る。

IMG_2779

IMG_2778

IMG_2772

IMG_2771

カーテンで仕切られた回廊で、貸与ヘッドフォンで指定された音を聴く、と言うイベント。揺れるカーテンと回廊の美しさを堪能。回廊の中は少し涼しく、8月とは思えぬ涼しい風が心地好かった。

好きな散歩道である清水坂を歩き、以前から立ち寄りたかった坂の途中にある東都レコードさんに立ち寄り、本とCDを購入。

IMG_2781

買わなかったが、これ、ちょっと欲しかったな・・・・。



この時期のタモリは、ちょっと狂ってて好きだ。お茶の間の人にならなかったらどうなっていたんだろうな・・・・。

そんな、コロナ罹患者が減る気配が無い東京ですが、密を避けて楽しい休日を過ごしました、はい。

阿舎で鳥と雨宿りをしている

リーダー

リーダーです。

線状降水帯なる此処数年聞く様になった言葉がテレビニュースから頻繁に流れたこの休日。

空を見上げるまでも無く雨だと分かるのは、すっかり涼しさを取り戻した陽気により窓を開けている事で雨音が聞こえるからだけではなく、室内からも可視出来る激しい雨の所為である。

雨の思い出と言えば、とある公園の阿舎で雨宿りをしながら風景を眺た事。僕の存在に警戒しながらも一緒に雨宿りした鳥は、僕より早く雨が上がる気配を察知し飛び立ち、そのおちょくった様な滑稽な様に、差し詰め僕が美しい女性なら婉然と言って差し支えない笑みを浮かべたのである。

そんな天気故、コロナ禍の最大の楽しみたる散歩も出来ぬ始末で、特に話題もないのであるが、なんとなく当ブログを更新してみるのは、そう、只の戯れ。

書きたくて書くのではなく、散歩し過ごすと言う楽しみを味わえぬ事による日常の違和感を、定例的なブログの更新と言う日常の所作をする事で往なそうとの思いもあるが、後付けの理由であり、まぁ深い意味などない。お付き合い頂く読者の方には誠に申し訳ない限りである。

先週はと言うと、緊急事態宣言下ながら盂蘭盆会と言う休暇者が多い期間であり、少しばかりの仕事の閑散を味わえたのであるが、2回目のワクチン接種の副反応が存外に家人を苦しめ、然るにワタクシが家事などをした事でバタバタもしていた。

普段とは違う事をするのは、日常にアクセントを齎し、日常生活の経験値を増やしてはくれたが、妙な疲労感を覚えたのも事実。

そんな疲労感を覚えた中、金曜日にはシン・エヴァンゲリオンをアマゾンプライムで視聴。

劇場にて鑑賞した家人の評価や、世間様から聞こえて来る評価で期待感が相応に高まり、普段より早めの夕食を済ませじっくり見てみたが、なんかこう、有り体に言えば不完全燃焼であった。

家人の評価、世間様の評価と言うのは、主要登場人物達がそれぞれ幸福になった事による「良かったねぇ」との評価ではないかと思え、それは完全に同意なのだが、それ以上があったかと言うと、正直そうではなかった。

捻くれた見方をする事で自身の批評性を知らしめようとする似非批評家は唾棄すべき存在であると心から思い、
映画のみならず、他の娯楽でも芸術でも、それは壺中の天として扱うべきと思い、折角鑑賞するのであれば最大限のめり込みたいと思うワタクシだが、シン・エヴァンゲリオンは僕の心を蕩揺する事なくエンドロールを迎えたのである。

絶賛する方との温度差は、前述の通り登場人物達に対する思い入れの深さではないかと思え、此処数年でファンになった俄かなワタクシには登場人物達に対する愛情が比較的希薄で、そんな輩が彼是言うべきではない映画なのだろうと思う。長年、キャラクターへの思い入れを募らせて来たファンを満足させ、且つその世界に終止符が打たせた結果や演出は素晴らしいと思う。と言うか、その視点では最上級の一本だったと思う。

その点で言えば充分過ぎるほど楽しませて頂いたのだから、絶賛すれば良い物を何を粋狂な事を書いているのだと思わなくもない。いや、感動出来ぬ己のお寒いしがなさに疼痛と含羞すら覚えている。決して、物見雄山で見た訳ではないのだが・・・・。

ワタクシの入り込めなかった理由は、まぁこう言う事だろうなってのを自覚はしているが、それを書くのは控えたいと思う。高評価の方を否定する様な事を書くのは好ましい所作とは言えず、いや、此処まで書いておいてと思わなくないが、否定的な文章と言うのは肯定するより難しく、且つ、否定的な文章と言うのは、その言い回しが不躾な場合が多く、「言ってる事は分かるけど言い方がねぇ」と言う批評をSNSを中心に多く見るに、兎にも角にもしたくないのである。

その他にした事と言えば、雨の間隙を縫って母に請われた珈琲豆を購入しに近所の懇意にさせて頂いている珈琲店に赴いた際、待ち時間の手持ち無沙汰にふと手にしたメニューにあった大層貴重な珈琲の値段に、市井の庸人の最たるワタクシが恐れ戦いたりしていたら、好々爺を絵に描いた様な店主が、「粋狂な方が愉しむものですよ」と笑って仰っており、そう言う店主こそ粋狂ではないか、と苦笑してみたり、ミックスダウンをしてみたり。

そう、バンドは休止中為れど、録音作業をしてはいるのである。

事の始まりはバンド休止に伴い、遊び程度にした録音物にドラムのTakayukiが太鼓を叩いてくれたのが事の始まりである。

そんな動機であったので、ワタクシの曲から始めたのだが、ギターのビクシーから、仕掛のワタクシの曲に先んじて彼の曲とベースの大先生の曲を録音しようと提案があり、であればやるかとそれを終わらせたのは数か月前。

では仕掛だったワタクシの曲も仕上げようと相成り、ビクシー以外のメンバーも録音したが、ビクシーの作業は始まる気配無く、であれば録音し易かろうとその段階で仮ミックスを送ってみれば、「僕のギターは無しでOK」とビクシーより返信があり、いやいや、そうは言わずに・・・・と返信するも数か月に渡り梨の礫だったので、強制は出来ぬし、ではビクシーのギターなしで纏めてみるか、とミックスしメンバーに送付してみれば、先週突然ギターを録音し送って来たのである。

さて、ミックスした事が無い方からすれば「ほう、左様で」で終わる話であるが、ミックスを担った事がある方なら、これがどの様な事か理解頂ける事だろう。簡単に言うと、大層な徒労があったと言う事である。

「はぁ?今更おせーよ」と突っぱねるに充分な理由と蓋然性があると思い、大人気無い回答をしようかと思ったが、この嗾けられたとも言える事に不快感で対応するのは、挑発行為に乗るが敗者との視点で言えばある意味思う壺とも言え、加えて、長雨で出掛けられぬ空模様は取り組む時間を作り、曇天の普段より早い晦冥の中、CUBASEを立ち上げ取り掛かってみた。

ミックスし、聞いては修正しを繰り返し、暫く寝かせて再度聞いてみて気になれば修正を繰り返す。答えの無い作業の繰り返し、取り敢えずは最初のミックスを終了している。メンバーに送付し感想を聞いてみるか・・・・。

そんな雨の休日でした。

水の水仙

リーダー

リーダーです。

さて、三連休です。世間様はお盆休みと合わせ長い連休取られる方も多いのでしょうか?コロナ罹患者が全国的に増えてますのでお気を付けて。

ワタクシはと言うと、ワクチン接種も2回終わりましたが、相も変わらず自粛行動。重症化しないだけで罹患しない訳じゃないんだから、この時期にやんちゃは避けたい。

と言う訳でこの三連休も散歩に精を出そう・・・・と思うも、台風の影響か天気は今一。ううん、散歩に行き難いなぁ・・・・。

と言う事でちょいと散歩に行ったりしたが、月曜日以外は然程歩けず。箇条書きで何して過ごしたか書いてみましょうか。

<Jaguarの改造>

はて、何して過ごそうかと逡巡し、そうそうJaguarの改造をしようと思っていた!と思い出す。

IMG_0048

うん、見れば見るほど、良く言えば不可思議な、悪く言えば得体の知れないギター。こんなん使う奴の気が知れぬってうるさいわ。

で、何をするかと言いますと・・・・

IMG_2196

ダイナミック・ビブラートのスプリング交換。Sound Loftさん特性の、強度25%増しのスプリング。

サードパーティーのダイナミック・ビブラートを購入しJaguarにマウントしたのですが、「スプリング弱い感じです」と、諸々改造して貰ったNaked Guitar Worksに教えて貰い、試してみるか、と購入してみた。

DIYでやってみようかな、と思ったが、他もちょいと改造したい個所がありNaked Guitar Worksに依頼。出来上がりは2週間後なので、完成したら記事にしようかと思います。

雨の間隙を縫って観音裏に行ったのですが、帰り道で豪雨に遭遇。

IMG_2199

夏場はこういう事結構ある。傘はあったが雨宿り。散歩中の雨宿りは散歩にイベントが追加された様なものに思う。急ぎじゃないならのんびりするに限る。

雨が地面を叩く音、雨樋を通して吐き出される雨の音は激しいが、不思議と静寂を感じられるのが宜しい。

雨上がりを待って少しばかり散歩をし、少々買い物をして帰宅。歩き慣れた道も、雨上がりの道はいつもとは違う感じで趣深い。

<楽器屋巡り>

日曜日と月曜日はちょっとだけ散歩と言う名の楽器屋巡りが出来た。人出は少ない気がしたが、昼間の立ち飲み屋さんはマスク無しで飲んでいる老若男女が多数いてちょっと驚いた。その行動を否定はしないが、僕とは分かり合えぬ方々に思う。

2つほどエフェクターを購入。

IMG_2208

IMG_2203

TRIALのsmart. ODとAnimals PedalのSunday Afternoon Is Infinity Bender。両者とも、大変面白いペダルですので別で書かせて頂きますが、軽く触れると、

・smart. OD

3モードのオーバードライブ/ブースターで、モードは、強いて言えば、TS系、トランスペアレント系、マーシャル系も、TRIALならではのチューニングがあり、それが中々に面白い。
サウンドの切り替えが出来る他、「Boost」を選択すれば、各モードの質感を持ったブースターとしても使える汎用性がある。
各モード素晴らしいと思うが、TS系が特にお気に入り。
購入店舗でSumo StompのTS系ペダル(のデモ機)を試させて頂き、それも素晴らしいと思ったが、レンジが広く、音が凄く前に出る感じが個人的に使い処がないなぁと思った(メインでリフ弾く時とソロの時には素晴らしいが、バッキングで使うには目立ち過ぎに思った)。
smart. ODは「過度に前に出ない」ニュアンスが良いのと、圧倒的に高域が太いのが素晴らしいと思う。各モードに共通するのがコンプレッション感の素晴らしさ。TS系ペダルで僕が評価するのは、コンプレッション感を持ちつつどこまで広くレンジを持たせるか、なのだが、そのチューニングが大変に好みで、バンド再開の暁にはメインとして使うかも知れない。

Sunday Afternoon Is Infinity Bender

Wren snd CuffのデザインによるTone Bender系のファズ。低域は抑え気味で、エッジ感を調整出来る使い易いファズ。私見だが、ファズは嗜好性が高いペダルに思い、家で使う、有名ミュージシャンの使い方を真似る以外は、バンドで使うにはハードル高いかと思うが、このファズは「バンドで使うに適したファズ」に思う(クリーンアップは苦手だが、ハードでダークなサウンドには良い感じである)。
端的に書くと「ゲイン(と過度な低域)を抑えた使い易いファズ」なのだが、このペダルの本領は、前段に別のペダルを繋ぐと、繋いだそのペダルの個性がドーピングされるそのニュアンス。これが大変に面白い。
クリーンアップは難しいペダルだが、前段にクリーンな設定のFuzz Faceを繋ぐと、そのサウンドの個性がドーピングされた感じで出力される。エンハンスが効いた感じが強調される。
又、前段で繋いだペダルのゲインも足されるが、音量もしっかり足される感じで、爆発的な音量とドーピングされたやばい感じのサウンドになるのが何とも素敵。

と言う感じ。両者とも、特に前者はバンドで使うと思うので、使用した際にレビュー書くと思います、はい。

その他、ピックを購入。

IMG_2210

1㎜越えのピックを弾く事とが多いワタクシだが、ベースを弾いている際、もうちょい柔らかい方が良いかも、って事で購入。このULTEX、ベース弾く際は、爪の質感を模したその質感が気持ち良くて、明瞭な低域が出る。ギターだと、レンジが狭いギターだと高域が弱く感じるんだけど・・・・ああ、JaguarとかJazzmasterには合うだろうなぁ。

バンド再開の暁には、ベースの大先生にお勧めしてみようと思う。

<オリンピック雑感>

仕事終わりや、天気の悪い休日は、何となくオリンピック競技を見てた。それなりに楽しむ事が出来た。これまでになくオリンピックを見たが、面白い競技が多かったなぁ。

自国を応援すると言う趣旨で見たのは野球とソフトボール位か、後は協議そのものを楽しめたから、それなりに楽しんだと思う。BMXと女子バレー決勝が特に面白かった。

そう言えば、空手の清水希容さんが家人に似ていると、母や他の複数人から言われたが、ショートカット以外は似てないと思いつつ、、演技(演武)中の表情は「またOD-1?いい加減にしなさい!」と怒る時の家人に似てるかも知れぬ、とは思った。

オリンピック開催とコロナ罹患者増加に因果関係があるかと問われれば、因果関係はあるがオリンピック開催に責任は略無いと思う。オリンピック開催で気が緩んだ人が多く居た、と言う事はあろうと思い、そういう意味では因果関係はあったと思うが、その責までは無かろうと思う。

SNSなんぞを見ていると、不安な世情を反映してか、暴力性を伴う書き込みも拝見するが、そんな感情の吐露に接すると、茨木のり子さんの下記の詩を思い出す。

自分の感受性ぐらい

ぱさぱさに乾いてゆく心を ひとのせいにはするな
みずから水やりを怠っておいて   

気難しくなってきたのを 友人のせいにはするな
しなやかさを失ったのはどちらなのか   

苛立つのを 近親のせいにするな
なにもかも下手だったのはわたくし   

初心消えかかるのを 暮らしのせいにはするな
そもそもが ひよわな志にすぎなかった   

駄目なことの一切を 時代のせいにはするな
わずかに光る尊厳の放棄   

自分の感受性ぐらい 自分で守れ
ばかものよ

自粛の折、友達と会って飲み会して感染した、と言う人に同情心は無いが、生活の為に、とか、生活の為に活動する人を支援する為に、とか、そんな経緯で感染しちゃった方には心から同情する。立ち飲み屋さんに集う人に同情はしないが、そこの従業員の方への同情はある。故に是非は言い難い。答えは出せない。

只、中止となったロックインジャパンフェス、開催するフジロック、政治が絡まない集会に対し、SNSでは是々非々も穏やかなのは面白いなぁ、と思う。序に言うと、普段その辺に言及しないファンが、小山田非難を集団リンチじゃないか、と言うのも面白いなぁと思う。決して皮肉ではなくそう思う。そんなもんじゃなかろうか。

オリンピック開催には積極的に賛成とは言えないがが日本選手は応援したし、それに懸けているアスリートを応援したく思った。一貫性が無いとか矛盾してるとか言われるかもだが、僕はそうである。そんなもんじゃなかろうか。

IMG_2204

IMG_2201

自国開催のオリンピックを今後見れるか分からないし、少なくとも東京オリンピックはないだろうな、と思うと、歴史の断片を見れたのは楽しかった、うん。

そんな連休に御座いました。

さまよう子宮

リーダー

リーダーです。

さて、先の金曜日にワクチン接種2回目が完了しましてね。

懸念していた副反応は殆ど無く、注射個所に若干の痛みと言うか腫れがある程度。痛みも1回目程ではないと言うね・・・・。

1回目は、注射直後から左手から首の左部分まで痛くて、2日間は接種部を下にして寝るのが出来なかったっけ。

「ワクチン接種の副反応でエフェクター買っちゃいました。てへ」が出来るなと彼是物色していたが、全然副反応が無く出来ないと言う・・・・。

「副反応が出なくてつい・・・・」は使えるかな?どうだろうな(どっちも死亡フラグ)。

副反応出たら面倒臭いなーと思って、色々と調べ考えた結果、接種後直ぐにロキソニンを飲みました。副反応が出る前に、です。

結果、
副反応は略ゼロ、と。

「生兵法は大怪我の基」なんて言いますのでお勧めはしませんし、僕の体質なのかも知れませんし、万が一参考にされます場合は呉々も自己判断で宜しく。責任は一切負いませぬ。

風邪をひいても、余程じゃない限り薬を飲まないワタクシ。風邪薬は症状の緩和剤であって、治癒薬に非ずって事で、兎に角休むが基本だが、風邪薬飲むと治りが遅い気がして飲まない(根拠なし)。仕事休めない場合は緩和的に飲む事もあるが、薬は飲まない。軽症の際に葛根湯飲む程度。

そんなワタクシが積極的にロキソニン飲んだのは、風邪ってのは身体のSOSサインみたいなもので、風邪ひくって事は身体が「休みたーい」と言っている訳で、故に休むが優先と思っているが、ワクチン接種の副反応ってのはそれと違うんじゃね?との思いから。ま、私見ですので宜しく。

最も、ワクチン接種には個人的に可成り懐疑的なワタクシで、インフルエンザ予防接種も(昨年はしましたが)普段は受けていない。そんなワタクシですが、コロナワクチンを接種しないと言う選択肢は全く無かった。理由は書くと長くなるし私見だしセンシティブな話題だししませんが、極端的に言うと、接種せず罹患、接種せず重症化、との実例となりたくないから、であります。うん、「感染した時の言い訳」を得た訳で、ある意味同調圧力に屈したと言えます。ワクチン接種したとしてもマスクは恒常的に着けるし人混みも避けるでしょう。

と言う事で副反応も無く元気な訳ですが、流石に今日明日は散歩は控えておきましょうって事で在宅休暇。朝ベランダに出てみた時の空気は心地良く、散歩出来ずなんとも残念。

オリンピックの野球、サッカー、柔道団体を梯子して観戦。それぞれ面白かった。

競技観戦後、仕掛になってたバンドの録音物をミックスしメンバーに送付。CUBASEは使い慣れてみると本当に使い易い。こりゃ、流行る訳だ。

寝しなの風呂上り、ちょっとだけボーっとするなと熱を測れば微熱も寝たら治った。「治った」って言うのか分からぬが・・・・。

そんな訳で葉月となった日曜日は完全復活。

緊急事態宣言下と言う事もあり、人混みを避けての散歩すれば、如何にもな夏。

IMG_1960

夏は苦手だが嫌いじゃない。「あっついなぁ」と呟きながら歩くのは寧ろ好きだ。暑い季節には郷愁があり、それを感じての散歩は悪くない。

子供の思い出作りに打って付けな季節が夏だけに、コロナ罹患者が増える中だが、子供優先でとか出来ぬものかとはちょっと思う。大人はもうちょい我慢するからさ。

罹患者増加の中でのオリンピック開催やなんだで少しばかりヒステリックになっている感があるが、ちょっと落ち着こうぜ、大人だろ?

神田明神の境内では藤の花。季節終わったかと思ってたけど・・・・。

IMG_1959

御茶ノ水から秋葉原に抜ける坂には百日紅。

IMG_1962

我が家の姫百日紅を成程、花はそっくりだ。

IMG_1957

最寄り駅にも百日紅の街路樹があり、夏場は長くそれを楽しめる。百日紅の花は、散ると路上に溢した金平糖の様で可愛い。

接種後間もないので8キロ程の軽い散歩で終了。久し振りに下記を食べたかったので以前売ってたお店に行ってみれば、売り切れか期間限定なのか入手出来ず・・・・残念。

IMG_6454


帰宅後、SquierのJaguarを手に取る。

IMG_0048

先週、Rickenbackerは1997にマッチするペダルを選んだが、今日は此奴にマッチするペダルを、と彼是と。

さてこのJaguarだが、Gold Foilのレンジが広いピックアップにロー・カット・スイッチを搭載と、ハイ寄りなサウンドが出る訳で、ロー・ミッド寄りなペダルが合いそうね、と彼是試す。うん、こう言う時間を「至福」と言うのではないだろうか。

で、結果はと言うと・・・・

IMG_1863

うん、JHSがモディファイしたTS-9が良かった。

TS-9にせよTS-808にせよ、ゲインをアップするとロー・ミッドが出過ぎに思え、これもそうなんだけど、Jaguarがハイファイなサウンドな故に良かった。

その他、下記も良かったけど、どちらもロー・ミッドがTS系にしては強い。

IMG_3447
(HOT CAKE)

securedownload (1)
(805 overdrive)

久し振りに805 overdriveを弾いたが、これは名機に挙げられて良いのではないかと思う。記憶が確かなら、WilcoNels Clineが絶賛していたかと・・・・違ったかな。

と、ワクチン接種しても相変わらずな休日でしたとさ。

Tokyo2020 夏 その3

リーダー

リーダーです。う~ん、AKIRA舞台の開会式見たかったなぁ・・・・。

と言う訳で連休も本日で終了。目覚めればミニチュア盆栽の姫百日紅が夜の内に開花していた。

IMG_1866

IMG_1867

金平糖の様な可憐な花。可愛いなぁ・・・・。

水をやり、ベランダに出すのが最近の朝の日課。姫百日紅以外にも色々と育てたくなるが、まぁ、これを大事に育てる程度が丁度良いのだろうと思う。

今朝、家人に体重減ったんじゃない?と言われ久々に体重計に乗ってみれば、確かにちょっと痩せていた。

BMI20.76、適正体重マイナス3.6㎏。コロナ禍で在宅勤務が恒常化した際は少し増えたが、最近はこんな感じ。

私見だが、体重を減らす唯一の方法は食事量を減らす事に思う。摂取カロリー分運動を、は、筋肉量を増やすだけじゃなかろうか。

健康と体を鍛えるは絶対に別物だと思っているが、散歩って運動なんだろうかね。可成り早く歩かないと「運動」にはならない気がするけど。

さて、目標としていた30km踏破は早々にクリアし、夜散歩含め3日間で40km程散歩したのですが、衣服にかいた汗の塩分が川の様な跡となり、流石にちょっと歩き過ぎたかと反省。いや、距離は大した事ないが、炎天下を歩き過ぎたなぁと。

炎天下を汗かきながら歩くと言うのは中々に楽しいのだが、水分と塩分の補給は気を付けないとならぬ。個人的には鉄分も気を付けて摂っている。色々試し、水分と鉄分補給に宜しいのは鉄分を含んだヨーグルト・ドリンクに思う。彼是試したがこれが一番疲労感が無い。塩分補給はコンビニエンスストアで焼き鳥なんぞを食べる事が多いが、これは未だ最適解と思えず、もうちょい彼是試したい。

と言う訳で今日はゆっくり休もうか、と、グダグダ過ごすにはオリンピック競技だろうと何気なく点けたスケートボード競技に映る青空が綺麗で散歩したい気持ちが沸々。結局お散歩してしまうワタクシ。まぁ今日はそこそこ(7kmで)終わったけど。

そんなんして過ごしましたが、散歩の他、この4連休で手持ちギターを彼是試したり、調整してみたりしてましたが、エフェクターも幾つか購入。

IMG_1799
(Java Boost~Keeley Electronics)

IMG_1800
Green Rhino MK V~Way Huge)

IMG_1863
Tri Screamer + True BupassJHS Pedals

トレブル・ブースター1台、TS系が2台。最近ちょっとTS系が再び気になっており、この連休で気になったペダルを幾つか試した次第。

TS系が今更気になったのは、Long Tail #873を購入し、自身がメインでギター弾く場合はこれを使おうと思ったのですが、バッキングに回るには解像度が良過ぎてToo Muchかも知れぬ、と思い、Long Tail #873と合わせるにTS系ペダルが良いんじゃないかなと思った訳で。

僕が望むTS系って、音量を抑えたら過度に目立たず、音量を上げたらエッジが程よく取れたサウンドが演出される事なんですが、高級なTS系ペダルはサウンドが目立ち過ぎに思え、いや、そう言うんじゃないから・・・・と思ってしまったりした。余談だが、高級TS系ペダルって、「これ一台でSVRサウンドを再現!」を狙い過ぎに思う。結果、ゲインと解像度を上げ過ぎて、TS独特な「鼻詰まり感」が無くなっているのが残念。

で、幾つか試して「僕が望むTS系ペダルの最高峰はTS9である」と思った。いや、確かにTS系で素晴らしいペダルは幾つもありますが、僕が望む「TS系」は結局Tube Screamer、それもTS9なんだなぁと。

「だったらTS9使えばいいじゃん」と言われること必至だが、あのLEDの見難さ、スイッチの踏み難さはね・・・・使い勝手考えるとちょっと、ね・・・・。で、出来ればもうちょい解像度が高い方が、ほんのちょっとなんだけどさ、それが欲しくてね。

そんな中でGreen RhinoとTri Screamer購入したのは、僕が望むTS系が具現化されており、そこに+αがあったから。両者に共通しているのは、過度じゃない解像度。これ以上はToo Much。

Green Rhinoは100Hz or 500Hzとプレゼンスをブースト/カット出来るイコライジングが可能で、Tri Screamerはトランスペアレント系TSと言う感じでありながら、設定次第でゲインを稼ぐ事が可能。土台がTS9なのでTS9の質感がしっかり残っている。

因みに、TS808とTS9を比較し、前者の方がマイルドとの評を時折見掛けるが、あれはブースターとして使用した場合の評価に思う。ゲインを上げた際はTS808の方がエッジ感が強い、が僕の感想。Green RhinoはTS808の感じが強いが、低域とプレゼンスのコントロールによりTS9のニュアンスも出る。

と言う訳でさてどっちを使うかと迷ってましたが、その2つを凌駕したペダルに出会ったのでどっちも使いませんと言うオチなんだ、うん相変わらずで申し訳ない。

IMG_1868

はい、One ControlPersian Green Screamer

お値段1万円ちょっと。中古ならそれを下回るお値段で出回っているが、凄く良いと思いますこれ。いや、これが良いですハイ。

先ずは動画でも。



TS系を謳うも鼻詰まり感なしって事もなく、アンサンブルで目立ち過ぎる過度な解像度もない。うん、素晴らしい「TS系ペダル」に思います。サイドのスイッチでトランスペアレント系な設定も可能と言う汎用性があり、しかもお安く、この大きさで電池駆動も可能。はい、素晴らしいです。流石は鬼才Björn Juhl。踏み難さがあるので出来ればMXR筐体で出して欲しかったのが残念・・・・。

そんな訳で理想的なTS系ペダルを入手し、早ければ秋口にはバンド再開も視野にあるなぁってんで、再開時の足元を検証。上記ペダルのみならず、バンド休止中に購入したペダルも積極的に試した結果、下記の通りと相成った。

IMG_1869

il diavolo overdrive(MXR)~オーバードライブ

six band eq(MXR)~イコライザー

CE-2(BOSS)~コーラス

Carbon Copy(MXR)~ディレイ

micro amp(MXR~Studio Gream Mod)~ブースター

うん、コロナ前となんも変わらないんだな、これが。どういう事なんだろうな、これ。てか、Tube Screamerの前振りどうなったおい。

いやだってさ、やっぱil diavolo overdriveのそこそこな音圧とエッジが立ってないサウンドはバッキングに最適だし、イコライザーで800Hzと1.6kHz持ち上げたら巻弦もビンビン鳴るしすっごい抜けて来るしさ、低域が出易いアンプなら100Hz下げたらアンサンブルで低域が過度にならないしさ、これで良くねぇ?

いやぶっちゃけ、元の音が好きなオーバードライブにイコライザーかましたらある程度理想の音作り出来ると思うのですよ。彼是とハイスペックなTS系ペダル買うより、TS9とイコライザーでハイスペックなTS系ペダルのサウンドに近しい、下手すりゃ凌駕するサウンド出ると思うのですよ、うん。ゲインが足りないってんなら前段に繋いでブーストしたらさ賄えるし、Tube ScreamerじゃなくてもSD-1とイコライザーあれば可成りハイファイなサウンド作れると心から思うのですよええ。

そう思っているのに彼是買う理由は、うん、只の好事家なんだ申し訳ない。

そんな身も蓋もない結論となったが、この結論までの通過儀礼だったって事で。ある程度好みのサウンドとかアンサンブルでどう音出すかとかは分かって来た様な気がしているが、楽しいからこれからも彼是試そうと思う、うん。

そして4連休のもう一つのタスクであるミックスは、まぁ、適当に取組中。後でメンバーに送ってみるか・・・・。

そんな訳で4連休終了に御座います。いっぱい歩いて、詳細書いてはいないが彼是機材試して、読書して、凄く良い夏休みだった。コロナ禍で行動は制限されているが、楽しい事は其処此処にあった。そう言えば昨日買って食べたドイツパンは美味しかったなぁ。

コロナ前の日常は望めないだろうとは思う。此処最近罹患者が増えているし、これからどうなるか分からないけど、此処まで来たら焦らず、時間掛かるのは覚悟の上で平準化を期待したい。

そんな夏の日曜日。

Tokyo2020 夏 その2

リーダー

リーダーです。

さて、五輪開催日の金曜日です。本日も、交通機関を使わない一日です。

先ずはブルーインパルスの飛行を見ようと、近所で空が開けた場所、両大師橋へ。

IMG_1808

うん、すっげーかっけー!と燥ぐワタクシは来年52歳になる。反省はしない。

写真もそこそこに目に焼き付けましたが、うん、格好良い。見れて嬉しかった。一機飛ばすのに掛かる費用は150万円との報道があった。よし、これからも頑張って税金払おう。

折角だからと両大師にお参り。古代蓮を見て癒される。

IMG_1814

IMG_1815

不忍池の蓮は既に散っているものも多かったが、此処は未だ硬そうな蕾。赤子が頬を膨らませた様な姿が可愛い。

歩を進め、暫く振りに東京藝大のショップへ。

IMG_1823

IMG_1824

素敵な一輪挿しとシャツを購入。ショップでは学生さんの作品も多く、惹かれるものが多かった。芸術的センスがある人は本当に羨ましい。いや、努力の結果ってのがあるは分かるが、僕なんかが努力しても身に付かないものを持っている人がこんなにもいるのか、と見る度に驚く。

昨日は湯島の清水坂に行ったので今日は池之端の清水坂に行ってみようか、と進めば、訪れた事が無い素敵なお寺発見。

IMG_1827

IMG_1826

IMG_1825

能舞台があるお寺って良いなぁ・・・・。

そんな訳で清水坂。

IMG_1829

IMG_1828

坂のある街で育った所為か、坂が好きだ。いや、歩いてしんどいのは確かだが、でも好きだ。カーブがある坂は、その向こうが見たくなるし、坂があると頂上の向こうが気になる。

此処から先は気の向くまま歩いてみようか、とぶらぶら。池之端では都電の停留所跡を見て、乗ってみたいと思いつつ未だ実現していない荒川線に乗車したい気持ちが昂る。

IMG_1831

IMG_1830

記憶が正しければ、弥生時代の名前の由来となった、最初に弥生式土器発見が発見された弥生町が近い筈、と適当に歩いてみる。地図を見れば早いが、地図を見て散歩するのは好みじゃない。方向感(勘)が良いワタクシは、不思議と行きたいと思った場所にたどり着ける事が多く・・・・

IMG_1832

はい、発見。記念碑の場所へは辿り着けなかったけど。

弥生町と言えば東京大学。努力と我慢が出来る人が行く大学だと思っている。尊敬しかない。

IMG_1833

藝大は、それに「センス」も必要になるんだから・・・・もうお化けよね。

この辺りは歩いた事が無いなって事で練り歩く。道中見付けた旅館は金田一耕助が住んでいそうな佇まいだった。

IMG_1835

当て所なく歩けば、如何にもな夏の風景。

IMG_1838

夏が好き、と言う訳ではない。夏も好き、である。暑いのは苦手だけど、季節に好き嫌いも無く、それぞれの季節を楽しみたい。ただ、入道雲の圧倒感は大好きである。

坂の向こうに木々がこんもりとあり、ああ、多分根津神社であろうと進む。根津神社横のS坂は一度訪ねてみたいと思っていたが・・・・

IMG_1840

IMG_1841

はい、やっぱりS坂でした。

と言う訳で根津神社。

IMG_1842

IMG_1843

IMG_1852

IMG_1853

IMG_1854

良い所でした。稲荷神社も併設されており、稲荷神社と言えば・・・・

IMG_1846

IMG_1847

IMG_1851

幾重にも連なる鳥居。京都が有名ですが、乙女稲荷神社も素敵に御座いました。因みに鳥居は意外と低く、170cmの僕でもちょい屈まないと頭をぶつける。

この舞台からの風景は中々なもの(写真撮り忘れたわ)。Twitterでフォローさせて頂いているイラストレーターの方の絵が好きで、その方が書いた初音ミクがこの舞台に登場したら格好良いだろうな~と思った。そう言えば、絵が上手い人が撮った写真って、なんか良いなと思う事が多い。

根津と言えば森鴎外居住地が近いって事で、所縁の地だけに其処此処に森鴎外があるが、文学館みたいなものはないんだな。

IMG_1856

夢二の美術館が近くにあってちょっと見たかったが、事前予約要だろうなって事で諦め、ぶらぶらと家路に着く。眼前に沸く入道雲に圧倒されながら。

IMG_1858

すれ違った女子高生と思しきお嬢様の一人が「そう言えばオリンピックってどこでやんの?」と仰っていて、学友に「あんたちょっとやばくない?」と心配されていたのが何とも楽しかった。関心事と言うのはそう言うものなのだろう。

IMG_1860

本日は9kmちょっと。昨日より1.5km程距離が長い(夜にちょいと川辺まで散歩に行ったので10kmちょっとだったが)が、湿気は然程でもなく、日陰は涼しく良い風が吹いていて心地良かった。

さて、明日は何処に行こうかな。

Tokyo2020 夏 その1

リーダー

リーダーです。

東京オリンピックを控え連休となった木曜日です。

オリンピック開催の是非、無観客の是非、関係者の過去にまつわるお話、まぁ、色々とお騒がせなオリンピックですな。

賛成でも反対でもないし、メディアのダブルスタンダードに目くじら立てる事もない。前も書いたが、肯定でも否定でも、そこに好き嫌いの感情がある意見に正論はないと思っている。どこまで行っても「私見」であろうと思う。

と言う訳で私見であるが、楽曲提供者の話で言えば、責められたから謝りましたってだけで、謝意は無かろうと思う。カズレーザーが言ってたが、「マイナスを埋める活動をして来てないから責められる」は同意。今更感しかない。

インタビューした某音楽雑誌の謝罪文にある「健全なメディア活動を云々」は「はぁ?」と思った。いや、あの雑誌社のスタンスからして、第三者委員会を設けて云々しましたくらいやらないと、「結局あれだけ批評性が云々言っても自己評価では身内贔屓しちゃうのねぇ」と思って見てしまうのよ僕は。笑って煽って聞いてたんだぜ、あのインタビュアー。

ベースの大先生がリツイートしていたとある記事に、大手広告代理店が作り上げた奇麗な世界観に対するアンチテーゼとしてのサブカルがあり、それ故露悪性は過度になっていたからあの言動になったのでは?その時代背景を理解してみては?、みたいな事を書いてらっしゃる方がいたが、「そうなんだぁ」と思って読んだ。

でもね・・・・同じ穴の狢だったよね?とも思う。

あの、バブル期とその終焉直後には、ノリが良けりゃあそれで良いみたいな雰囲気あったけど、それは何も大手広告代理店が作り上げた世界観に乗っかっちゃった人のみならず、サブカル界隈の人も普通にそうだったぜ?と、その当時を生きた人間として思うから。

ディスコ行って外車乗って美味しいもの食べて・・・・を謳歌している人も、普通にサブカル界隈に顔出して、フリッパーズ・ギターだのフェアグラウンド・アトラクションだの聞いてたじゃん。

サブカル界隈を熱心に追いかけた人達って、時代と寝る事は潔しとしない天邪鬼さと、時代と寝るだけの度胸や力量や、ぶっちゃけて言うと容姿が無い人の僻みの行先としての役割もあったと僕は思っている。同じ穴に居た2匹の貉だったんじゃないかなと。キラキラ生きた貉とそれをしたかったけど出来なかった卑屈な貉でしょ?と。

その両方に違和感を覚えた連中、馴染めなかった連中は、どちらにも依らずに自分の生活をしていただけだったと思う。そんな方々を横目に、僕はスミスを聞き、イーライ師はプリファブ・スプラウトを聞いていたんじゃなかろうかと。

で、僕はと言えば、サブカル界隈の連中の方が「質(たち)が悪い」と思って見てた。その手の人達がスミスだのニュー・オーダーだの聞くと「勘弁してくれ」と思ってた。面倒臭い人が多かったからさ。

それが、僕の私見。それ故、「そうなんだぁ」と言う感想になってしまう。あの作者さんの価値観では、僕と言う人間はあの時代の当事者では無かったって事になると思うので。いや、皮肉ではなく。

只さ、このブログだって、将来問題になる内容あるかも知れないのかな?とか思うけど、時代が変わったら許されぬ事になるのかも知れないけど、あのインタビューに違和感覚える人が多かったからこそ長々と引き摺られたのは確かだろうとは思う。

いやさ、僕だってさ、オリンピックの楽曲、此処まで来たら佐村河内さんと新垣さんのタッグ復活させて、名前繋がりで五輪真弓さんに歌って貰うってのはどうだ?って言って家人に窘められるよ?訳あって産廃業者嫌ってた亡父がカツラ疑惑のその業者の人に「頭髪まで盛り土じゃねえのか?」とか言っちゃったりしてたよ?問題視されたら「いや本当にすいません」しか言えないよ?うんすいません。

おおっと、前段の筈が長くなった。うん、もうこの話は一切しない事としよう。

と言う訳で四連休である。

連休と言うのは、何かしら予定を立てて過ごさないと無為に過ごしてしまいがちなワタクシ。いや、無為に過ごすなら無為に過ごすと決めておかないと、徒に過ぎてしまう。それは嫌だなぁ。

と言う訳でこの連休でしようと思ったのは

・4日間で30km歩く
・仕掛の楽曲をミックスまで仕上げる

である。うん、無為に過ごしているだけじゃないか・・・・。まぁそれ以外に、仕事絡みの本を1冊読むってのもあるんだけど・・・・初日で読み終わっちゃったんだよな・・・・。

初日はと言うと、昼過ぎの熱さ真っ盛りの中出陣。

先週ちらりと歩いた清水坂から湯島辺りを歩いてみたいと思ったのである。清水坂と言うと京都のそれが高名。そことの関連は無い。因みに、東京芸大近くにも同名の坂がある。

そうは言っても先ずは御茶ノ水で楽器屋巡りをしない訳にはいかない。これは礼節を守ると言う意味で必要である。

IMG_1800

IMG_1799

えーっと、見るだけの心算だったんだよ・・・・なんで二つも買ってるの?馬鹿なのこの人?

まぁこれについては追々書こう。内一台は既に持って・・・・あれ、トランジスタ違いでもう一台・・・・と言うか、こっちも筐体大きいの持ってなかったっけ・・・・?

エフェクター・ラックは見ないでおこうか。

ファズのトランジスタにはゲルマニウムが必須、とは露ほども思わないが、トレブル・ブースターはゲルマニウム・トランジスタが、それもチリチリとした質感があるものが必須と思う僕だが、僕が試した限り、このJava Boostこそが至宝である。

だから、同じものを持っていてもだ、それも同じトランジスタのものを持っていてもだ、試す限り全く同じ音だったとしてもだ、購入した事を全く後悔なんざしていない訳だ。

IMG_1801

IMG_1802

してないよ?してないからね?

そんな訳で清水坂~湯島界隈を行く。

坂の上の喫茶店に行列。ゲルマニウム・トランジスタでも売ってるのかと見てみればかき氷が有名の様。

別のお店だが美味しいかき氷、天然水のかき氷を提供するお店で、天然水で作ったかき氷は頭がキンキンしないとお店の方に言われ「え?マジで?」と一気に食べたら激痛が走るも、お店の人に悪いと思って「本当だー」と笑顔で言った日和見主義者がワタクシ。

宛も無く、ただブラブラ歩を進め、辿り着いたのは旧岩崎邸庭園。

IMG_1781

興味あったので訪ねてみようかと思うも、コロナ禍で観覧には予約が必要との事。ま、仕方ないなと周囲を一周。

IMG_1782

IMG_1783

IMG_1784

IMG_1786

夜ともなれば、怪人二十面相が出て来そうな雰囲気も、日中はどこか避暑地のそれ。嗚呼、良いな、この辺り。

丁度真裏には、なんとも昭和チックな公園もあり、暫しベンチに腰掛ける。

IMG_1787

暑さの所為か誰もおらず、折角だから何か聞こうと適当に選曲をしてみれば、エレクトリックの2ndが流れる。うん、このアルバム大好き。



幼少時代の夏休み、誰か友達がいるだろうと公園に行ったら誰も居なくて、なんか世界中の人が居なくなった様な錯覚を覚えた事があるが、それを思い出させる公園だった。

一度近くで見てみたかった湯島ハイタウンも昭和な雰囲気。

IMG_1789

1Fに郵便局があったり、パン屋さんがあったり、喫茶店があったり・・・・なんか、良いなぁ。

数寄屋町を抜けた上野の某店で、おつまみ用(と言っても僕は下戸だし家人はお酒を止めちゃったし)に南瓜の種を購入。

IMG_1795

ちょっと小腹が空いた時に丁度良く、時々買っては家人にハムスター呼ばわりされながら食べている。

と言う訳で本日の距離は・・・・

IMG_1797

7.5kmか。ま、そんなもんでしょう。

今日は暑かったが、湿気は然程でもなく、日陰は涼しげで散歩日和だった。そして東京だって空が広いと感じる事が出来た日だった。

IMG_1793

IMG_1792

IMG_1788

さて、明日は何処に行こうかな。

花も花なれ 人も人なれ

リーダー

リーダーです。

梅雨明けの報が入った日は朝から夏で、目を覚ましリビングへ移動した時点で暑さを感じた。

ふと見れば、コロナ禍真っただ中に買った姫百日紅も蕾を付け、夏の到来を視覚的にも理解する。

そう言えば、梅雨明け前には鳴いていなかった蝉の声も聞こえる。

嗚呼、夏が来た。

夏と言う季節は苦手であるが、好き嫌いで言えば嫌悪すると言う事もない。汗かきながら歩くのは嫌いじゃない。

思うに、夏と言う季節は思い出が多い季節ではないかと。

幼少期から齢50を過ぎた現在に於いても、何となく夏場と言うのは思い出深い事が多い。

良い思い出ばかりじゃないが、思い出があると言うのは悪くない。

そんな夏日となった土曜日は、色々と多忙であった週の疲れが溜まっていたが、なんとも落ち着かぬ気分で早々に目覚める。

暑くなる前に行動開始!と思うも、そう言えば歯医者の予約が11時に入っていたなと思い出し、先ず向かうは近所のかかりつけ医。鼻炎の薬が心許なくなって来たのである。

いつも通り処方箋を頂きつつ、ワクチン接種の話を振ってみれば、矢張り供給が足りていない様であるも、職域、大規模接種が増えて来たのでキャンセルも多くなったとの事。

「今日もキャンセル複数出たから、なんなら一本打っとく?」と言うワイルドな発言を後に歯医者さんへ。お医者さんの梯子。

予定があった為隔週で行っていた歯医者さんも今回で終了。受付女性から「またどうぞー」と言われたが、なんかちょっとおかしいと思うんだけどどうだろう・・・・。

昼食後、炎天下の帝都へGO。近所の美味しい洋菓子屋さん件パン屋さんが地方発送を始めたとの張り紙。パンが好きな母に送る。個人的に一番好きなミルクフランスは送れないとの事で断念。まぁ、食パンも充分美味しいから喜ぶであろう。

そして向かうは仕事場。テレワーク中心となったので最近行っていないが、近々職場が引越なので荷物を纏めに。業務時間中にやるのが嫌なので休日にと相成る。

久々の会社は居心地が良いったらなく、ちょっとばかりお仕事も。コロナが落ち着いたら出勤日を増やしたいなぁと心から思う。

会社でのタスク完了後、はて、どうしましょうかね?久々に渋谷周辺の楽器屋さんでも回りましょうかね・・・・と思うも、そう言えば緊急事態宣言下だったよなって事で帰路に付く、が、途中御茶ノ水で下車したのはご容赦頂きたい。ちょっとだけ楽器屋巡りするだけだから!

そんな訳で御茶ノ水に到着してみれば、どこからか懐かしい匂いが・・・・。

IMG_1407

IMG_1406

IMG_1408

ちょちょちょちょちょちょちょちょっと待って。故郷小樽のなるとキッチン?半身揚げ?

いやまぁ「なると」名義には色々あって、馴染は「若鳥時代なると」だが、コロナ禍で帰省出来ず、半身揚げ飢餓のワタクシには何でも良い。取り合えず食わせろ。

楽器屋巡りもそこそこに、電話で問えば家人も食べたいとの事で半身揚げを2つ購入。匂いもしようからその後の楽器屋巡りは断念し、リュックに背負って家路に着く。

キッチンカーの厨房で揚げたてを提供頂いたのだが、この季節、激熱なニワトリ一羽背負って散歩なんざするもんじゃない、と言う事を身を以て体感。シーシュポスの苦難を少し味わいながら、半身揚げに殺されるかもしれぬと思った。

相応な匂いもあり、これは公共機関は使えぬと歩いて帰る事を決心。折角だからといつもは通らぬ道を行けば、中々趣深い道が多く、背中の熱さを忘れる・・・・事は無かったが。

IMG_1409

IMG_1410

IMG_1411

IMG_1412

IMG_1413

立ち寄ってみたい店舗も多くあり、こりゃあ今度じっくりこの界隈を歩かねばな、と思う。

湯島天満宮では、参拝の女性陣とすれ違った際、その中のお一人が「なんかいい匂いしない~?」と言っていてちょいと恥ずかしかった。すいません、それ、なるとキッチンの若鳥半身揚げの匂いっす。

上野恩賜公園で蓮を鑑賞。

IMG_1416

夏だなぁ・・・・夏なんだなぁ・・・・。

既に花弁を落とす株も多かった。散りぬべき 時知りてこそ世の中の 花も花なれ 人も人なれ・・・・って、仏教に所縁ある蓮の花に細川ガラシャの辞世の句を思い出すのも中々如何かと思わなくもない・・・・。

ふと、コロナ禍真っただ中の去年の自分を振り返ってみれば、何かと落ち着かない感じだったなぁと改めて思った。

コロナが身近な世界と言うのは正直鬱陶しくてならないが、ま、それをどうこう言っても仕方ないが、コロナ禍の過ごし方、は、少しずつ分かって来たと思う。

普通に出来ていた事が出来なくなったり、そのストレスは色々あれど、生活に落ち着きは取り戻した。いや、混沌の中の静寂と言う程度の取り戻し、だが、混乱中ではない。今はそれでいいと思う。

上野恩賜公園散策の後、近所の美味しい製麺所で生麵を購入したが、コロナ禍での散歩が無ければ見付けられなかったお店で、そう言う出会いもあった。悪い事ばかりでもない。

生麺を買ってみれば、「お客さんがこんなの作ってくれたのでお持ち下さい」と下記を渡される。

IMG_1418

お店じゃなくてお客さんがこれを作成するとか・・・・面白過ぎるなぁ、まぁ、こんなの作っちゃうファンが多いのも納得の味と安さ。

して、散歩中のワタクシの背中を灼熱地獄にした半身揚げを夕食に食す。

IMG_1417

なんか・・・・セクシーw。

塩味のみのシンプルな味付けながら、高温でカリカリに上げられた半身揚げは、さっぱりあっさり食べてしまう。「ガツガツ食べる」を視覚的に表せとなったら、これを食べている様を見て頂けると納得行くかと思う。

お店の人に聞けば来週も御茶ノ水駅前に出店するとか・・・・まぁ、行きますよ絶対。今度は手提げ鞄で。

夕食後、CUBASE(DAWソフト)を弄る。うん、未だその機能を把握しきれていないのですよええ。

機能把握のスタディ序に、仕掛になっている曲のギターを重ねてみようかと思い立つ。
ビクシー以外が録音を終えている曲なのだが、彼がなんか弾かないっぽいので録音しちゃおうと。うん、弾かないってありなら、次回は僕が弾かないもありだな・・・・楽出来そうだw。

これまではMTRで録音して来たが、オーディオインターフェイスで録音してみる。うん、凄く楽ちん。

聞く、だけじゃなく、見る、と言う事が出来るオーディオインターフェイス経由DAWソフトでの録音は確かに効率的。一方、結果が直ぐ分かっちゃうと言うのは何とも面白くない。MTRだと、意外とミスや粗さが分かり難いのだが、それも録音の醍醐味な気がしている。

使ったのは、先日改造を終えたSquierのJaguar

IMG_0048

改めて弾いてみれば、もうちょい改造したい点が出て来ちゃってね・・・・。

・ダイナミック・ビブラートを張力が強いスプリングに交換
・トグルスイッチを動作が重い物に交換
・フレットの擦り合わせ(低くする)

これはやろうと思う。うん、やろう。

サウンドやネックのグリップ感、弾き易さを覚えるスケールを鑑みれば、これは充分にバンドでメインで使えると感じているのだが、それ故に気になる箇所は是正したい気持ちが高まる。

今週は四連休か・・・・パーツ揃えて、やりますか・・・・。

そんな休日に御座いました。

さて、追記。

此処最近話題のオリンピック楽曲提供者の過去のお話、だが、話題となっているロッキングオン・ジャパンはリアルタイムで読んだクチでしてね・・・・。

サブカル系や渋谷系の楽曲は好きなものも多かったが、
こしゃまっくれたその「匂い」が苦手でのめり込めないでいたが、あの2万字インタビューが決定打となり、サブカル系、渋谷系のみならず、ロッキングオンと言う雑誌にもそれまで以上に距離を置くようになった。会話の当人も気持ち悪かったが、笑って聞いてるインタビュアーも気持ち悪いなぁ、と思って読んでいた。

音楽と人格は無関係、と言う意見も聞くが、僕はそうでもなく、キャラクターに対する共感が無いと聞き込めなかったり、する。逆に耳馴染みがない分野でも、キャラクターに興味共感があれば聞けたりする、と言う、僕の音楽への接し方を今回の騒動で思い出した。曲が好きでも歌詞が駄目だと聞けなくなるのは同じ理由だろう。

そんな事を思った今回でした。

回転する世界

リーダー

リーダーです。

土曜日。

伸び過ぎた髪を切りに近所の馴染の髪結い処へ行けば、お店の方に「え?あれ?」と言われる。

お店の方の戸惑いの理由は、前回の散髪からさして時間が経っていない事による。これまでのペースで言えば、来週若しくは再来週が散髪のタイミングであって、馴染のお店であるが故に、来訪が早過ぎる事に戸惑われたのである。

前回の散髪時に長めだったとかではない。家人が所望し購入したとあるドライヤーを使って以来、なんか髪の毛が伸びるのが早いのである。

齢50を過ぎても一向に髪の毛の量が減らぬどころか寧ろ増えたとも言え、人によっては羨ましい事かもしれぬし、まぁ抜け毛に悩むよりは良いのであるが、散髪に面倒さを感じる物臭なワタクシは、これはこれで鬱陶しい。

正確に言うと、硬い髪質な故に伸びた際の収拾の付かなさは可成りなもので、その煩わしさと言ったらない。

されば坊主にすればと言われるかもだが、坊主にしたらしたで伸びた際の収拾の付かなさは可成りなものである事は学生時代に実施済。さてはいっそ伸ばして縛ってみればとも思ったが、そこまで伸びる前に鬱陶しさに耐えられず、結局今のペースでの散髪となったのである。

本来であれば先週の内に散髪したかったが、流石にタイムラグが短過ぎだと一週間我慢したが、愈々以て耐えられなくなりこの土曜日は散髪からスタート。

散髪後、開店直ぐの近所の珈琲店で珈琲と軽食をテイクアウトし、序に立ち寄った花屋さんで竜胆を見付け思わず購入。

IMG_0625

竜胆の季節にはちと早いが、凛としたこの薄い紫色の花は、此処最近の気温の高さに一服の清涼感を齎してくれた。

早めの昼食後、手に入ったら良いなと思うペダルのネットオーダー受付時間だったので見てみれば(買う行動は起こさなかった)、見事な瞬殺。まぁ、そうだろうなー。動画だけでも凄さが分かるし、それが少量ロットでの販売となれば、そりゃ狙う人も多かろう。使用頻度高く、且つ渇望している人が入手出来ている事を願う。いやマジで。

SNSでは、買った人のマウントと買えなかった人の僻みが相変わらず横行。みっとも無いなぁ・・・・。

肯定も否定も後付け理由が幾らでも出来るもんだと思っているワタクシは、過度な反応しなけりゃ良いのにねぇと思いながら読み飛ばす。最近話題になったTB-2Wは「待つ間が花だったでしょ?」と思っているが、希少品を買えた人には「良かったですね、羨ましいです」とのリアクションで良いじゃんね。

まぁ、需要量と供給量がアンバランスなのに煽り過ぎと捉えられないかと不安に思ったのは事実。製品も素晴らしいし、
需給がアンバランスなのに値上げしない漢気あるメーカーなので、不要な反発受けたりしないで欲しいと心から願う。

ちょっと余談だが・・・・

某ロックイベントの中止の主催者コメントは、恣意的で誘導的だと感じたワタクシだが(開催の是々非々では決してない)、あれに不用意に乗っかちゃうのは止めた方が吉と心から思う。

「開催した場合にレプリケーション・リスクあり、来年以降の運営継続の為に今年は中止します」なら潔しと思うんだけど、
あそこまで書くなら「叩かれるのは覚悟の上で、対策はしっかりしているし時間的、金銭的視点からキャンセルは難しいので実施します」に出来なかったのだろうか、と思う。参加する側もその覚悟を持って行けばいいじゃないか、と。その判断が出来ない訳でもあるまいよ。

苦言を呈した側にキャンセル、延期をする権限があるなら別だけど。

おっと、閑話休題。

そんな瞬殺現場を見終えて散歩へ繰り出す。先の土日は天気とワクチン接種の痛みで散歩出来なかったので身体が滾る。歩くぞぉ。

いつも通り秋葉原~御茶ノ水界隈をぶらぶら。梅雨明け宣言は未だだがすっかり夏の陽気。

IMG_0622

なーつー。いや、苦手な季節なんだけどさ・・・・。

2週間ぶりで新しい物でもあるかと期待していた楽器屋巡りは期待外れで(momoseのJazzmasterとBOSSのPSM-5の備品はちょっと欲しかった)、あまりの暑さに、以前煙管を買った江戸小物の神田ちょん子さんにて扇子を買う。

IMG_0626

布製の扇子が1本欲しかったので丁度良かった。しかし、マスクをしていると扇子の涼しさが半減するんだよなぁ・・・・。

扇子で仰ぎながらの散歩をし、某商店街で鰹節を購入。こちらの鰹節屋さんの鰹節はレベルが違う美味しさで、食べ切る前に補充必須。鰹節は好物。ねこまんま大好き。それに美味しい海苔があるとモアベター。

IMG_0624

土日は開いていない事も多く(日曜日は定休日かな)、今日と言う日を逃してなるものかと購入。買い物中、偶々母から電話入り、美味しい鰹節屋さんに居ると告げると強請られる。うん、そうなると思ってた・・・・。

丁寧な仕事をしている個人商店は心から応援したくなる。と書くと大量生産品を否定する様だがそれは違って、大量生産品には大量生産品で、その良さがあると思う。それはエフェクターでも同じである(何故そこに話を繋げるなど俺に言っても無駄ってもんだぜ?)。

佐竹商店街の精肉店で、晩御飯のお惣菜にと家人の好物のカニクリームコロッケ他購入。ここの精肉店の揚げ物は本当に美味しい。そして安い。散歩途中の小腹を満たす野菜コロッケが特にお気に入りである。

マスクをしていない人が増えて来た街を汗かきながらぶらぶら帰宅。汗かく散歩は久し振り。夏は苦手だが・・・・嫌いじゃないのかもと思った。いやほら、北海道の夏とか好きだし。

帰宅し、SquieのJaguarを弄ってみる。

IMG_0048

ちょっと思う所あり、ゲージを0.10~0.46から0.09~0.42にしてみた。

当然の結果として、厄介で楽しいダイナミック・ビブラートのブリッジ、テールピースの調整をする事となる。

先ずはブリッジを上げましょう、となったのだが、此処でふと

・ブリッジ全体を上げる
・サドルを上げる

の何方が好ましい結果になるかを試してみた。結果は変わらぬ筈だし、サドルは微調整の為の物だよな、と思うも、違うものかなと気になって。

結果、弦高は変わらずも、サドルを上げた方が好ましい感じだった。

IMG_0627

アーム角度はボディと水平を意識した調整。「この(サードパーティーの)ダイナミック・ビブラートはバネが緩め(by Naked Guitar Works)」との事で、テールピースは相当に高い、が、
シムを挟んでネック角を相応につけているのでブリッジは高め(当社比)で弦のテンションに不足感は無い

IMG_0628

派手目なアーミングでもチューニングは安定している。弦の馴染の所為なのか、と、再度ブリッジを上げる設定をもう一度やってみたが結果は同じだった。理由は分からないのだが・・・・。

因みにゲージ変更前のテールピースは下記の感じ。よく見て頂ければテールピースが高くなった事お判り頂けるかと思う。

IMG_9277

これでも相当に高い方だと思う。楽器屋巡りでMustangのテールピースを見て来たが。此処まで高いのは無かった。

弦のテンション不足を感じたり、テールピースが邪魔に感じたららSound Loftさんの強化バネ買ってテールピース下げよう、そうしよう。完全に私見だが、アーミング時のチューニングの狂いは、バネが強い方が良いと思う。

日曜日。

夕刻から雨模様の天気予報って事で、早めの昼食後に軽く散歩。7kmの散歩は軽くなのかは不明。

近所をぐるり回ってNaked Guitar Worksへ顔を出す。上記のJaguarでちょいと気になった個所があったので、プロの意見を聞きに。

気になった個所と言うのは、リフレットに際し、試しにとミディアム・ジャンボフレットにしたのだが、やっぱちょっと違和感あり、削っちまおうかと言う点の相談、トグルスイッチをもう少し動作が重い物にしたいと言う相談、そしてダイナミック・ビブラートの調整の件。

ふむふむ成程と為になる話を伺う。ふと見ればワタクシのAT130がフレット交換準備で吊り下がってた。

IMG_0629

こいつもステンレスのミディアム・ジャンボフレットに交換予定。元々ミディアム・ジャンボフレットで、これのミディアム・ジャンボフレットは全く違和感ないのが不思議でならぬ。

少しばかり日用品とハーブチキンを買い家路につく。

IMG_0630

なるとの半身揚げが食べたくてならず、代替品として近所のお店で買ってみたが美味しかった。

帰宅後、ゲリラ豪雨の様をベランダから見る。遠雷と、ふわっとした寒気の後来た雷雨は明らかに夏の様相。

そろそろ梅雨明け、かなぁ・・・・。

そんな休日でした。
プロフィール

fujicooverdrive

登場人物

【リーダー】

ギター・ボーカル
持っているエフェクターの数は4ケタを下らないエフェクター狂人。ワイフが天敵。最近NGWに寄生。


【ミドリカワ】

ベース・ボーカル
メンバーからは「大先生」と揶揄を込めて呼ばれる最年長・最長寿ベーシスト。やっと人生折り返し。正論派。


【ビクシー】

ギターシンセ・その他
最近ギターにシンセをマウントした命知らず。明るいヘビーゲームオタク。絶滅寸前。

【TakaYuki】

ドラム・打ち込み
虚弱ドラマー。話題はオールマイティ。愛車RX-8。スーパーデザイナー。そして卵が大嫌い。
月別アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索