四人冗語

“がんばらないけど、ネバーギブアップ”
東京の社会人アマチュアバンド、fujico overdriveのblogです。

シェパードの名にかけて

ビクシ


ます

機材紹介【ビクス改竄】

リーダー

リーダーです。

先日部屋を掃除し、所有するペダル整理(売却)しましたが、売却忘れてたペダルがありましたんで紹介。


ま、売らないかもしれませんが・・・w。


King Of Tone~Analog.man


IMGP0470


TSのモディファイで有名なアナログマンのオーバードライブ・ペダル。


ザ・バンドのジム・ウエイダーが所有するビンテージのフェンダー・アンプのサウンドを狙って作られたものだとか。


バージョンはいくつかあるみたいです。これは最終型。歪み量は多くない、アッサリ薄味のペダルです。

2In1ですが、サウンドはどちらも一緒。それぞれ独立しています。片一方でもう片方をブースト、なんて事も出来ます。薄味ですが。


何系と言えませんが、さりげない歪みが心地良い。ゲインを最大にしても、音が潰れる事はないです。てか、ロックなら(アンプの設定にも因るが)最大じゃないときついかも。


所謂「アンプライクなペダル」ではないです。


テレキャスターにツイン・リバーブをメインにしてた時、片一方はメインの歪み、もう片方はブースターとして使ってました。割とこもる音なので、シングル・コイルのギター、ハムバッカーでも高音出るピックアップの方が宜しいかと。もしくは、高音がきついアンプに合わせて使うなんてのも良いかも。


内部にスイッチ付いていて、OD、クリーン、と、チャンネル毎に選択出来ます。クリーンチャンネル選択すると単体では歪みません。


店頭で高値で売られてますが、さぞかし素晴らしいサウンドだろう!と期待して買わない方が良いです。


しつこく「薄味」と書きましたが、単体で歪ませるってペダルじゃないです。調味料で言ったら「柚胡椒」。無くては成らぬと言う訳ではないが、お好きな方にはたまらない、と言うか。・・・分かり難くてすいません。


実は二台所有してまして、一台はノーマルで貸出中。所有の一台はオペアンプをJRC2043DからIzakと言うメーカーの物に交換しました。


右側のチャンネルにはIzakのシルバー、左側は同ゴールド、と言うオペアンプ。


右側は歪まず、ソロで音量アップ、若しくは左側のチャンネルをブーストさせてます。


当たり前かもしれませんが、オペアンプ次第で結構変わります。交換前と比べて・・・抜けが良くなったと思います・・・って、既に売って無いオペアンプ紹介しても仕方が無いんですがw。


歪み強くしたいならお勧めは。キーリー・モディファイのTSと同じRC4558Pが良い感じでした。濃いめの薄味になります(笑)。


売却予定理由は、、、まあ、メインで使ってないし、二個は要らないだろうって事で。


取り急ぎ売るって訳では無いが、次にペダル売却する際は売る予定。


続いてこちら。

IMGP0472

BB Preamp MB~Xotic


BBプリアンプにミッドブーストを搭載したアンプ。


足元でイコライジングしたかったのと、好きな、と言うか、尊敬しているギタリスト、トモ藤田さんが使用されてるって事で買いました(氏の所有はMBじゃないかも)。


良いペダルだと思います。幅広いイコライジングが出来るので汎用性もある。


売却理由は、なんだろ、なんかロー・コードを「ジャーン」と弾いた時、心地良く感じなかったんだよなあ。要らない倍音が出過ぎるって言うか。


ギターとシールド、そしてこのペダルで旅をするさすらいギタリスト、なんてのがこのペダルのイメージ。


今更ですが、歌いながらバッキングやる私ですので、歪みペダルは「ロー・コード弾いて心地良いか=分離よく、かつ出過ぎないか」が大事でして、通常のギタリストの方と同じ感想にならない事、お含みおき下さい。


因みに、2In1のBBPlusってのがありますが、BB Preamp×2って感じではありませんでした。文献で読むとそう言う意図での開発では無い模様。個人的には「うー・・・ん」。BB×2の方が良い様な気が・・・まあ、趣味もありますが。


続いてこちら。


Valve-Tone(V810)~VOX


IMGP0474


生産中止になる前に店頭で見て形に惹かれたペダル(笑)。


サウンドは、まあ、普通のオーバードライブではないでしょか。


VOXのブライトなサウンド!って事は無いです。


生産中止なのでこれは基盤紹介。


IMGP0475

オペアンプよく見えない・・・RC4558Pかな。キーリーがTSモディファイする時に使用するオペアンプです。


ゲインを絞るとクリーン・ブースターとして使えます。VOXのアンプにあるブライトさ、はないけど。。。


中国製でTrue Bypassではありません。

LEDは珍しい黄色。・・・見え難いw。

売却理由は、期待したVOXアンプにあるブライトな感じがあんま無かったから。


んなとこです。


先程、もう一度弾いてみました。


で、気付いたんですが、僕が余り好みでは無い(買いはしたけど使わなくなった)歪み系のペダル、ブースターには共通点がありました。


TS等の様に、倍音をちょいと削ってブーストする、のが僕の好みの様です。

音を加工せずブーストする、ってのを売りにしているペダルは、なんか駄目。


コンプレッション感がないペダルが駄目、って事かと。


逆の人も居ると思います。


コンプレッション感が嫌だって方(今はそっちの方が主流なのかな)には、BB Preamp MB、お勧めです。

Valve-Toneはちょっと改造してみたいなぁ。




バンドのブログ

Guitar Loves You

ビクシ


こういう灰色の天気の日は外に出ないで一日中家にいよう。たまにはギターの弦でも張り替えて、メンテナンスっぽい事をしてみようと思った。





数ある楽器の中でもギターはビジュアル的に自己顕示が強く反映される楽器である。なのに、最近の若いバンドマンは「どいつもコイツも同じようなギター使いやがって」とか少し思う。一番最初に買ったギターが布袋モデルだった当方が言うのも何だが。

グーグルで「
Parker fly 紫」で調べたら紫色のパーカーは当方のページしか出て来ない。
これはもう世界で俺一人しか使ってないって事で良いよな?俺モデル?



取りあえず弦を引っぺがす。指板が結構くすんでますな。
IMG_0838


フレットはステンレスなので研磨剤で磨くとピカピカ。
IMG_0839


ツマミは動かしちゃうから外してある。すぐ錆びるから歯ブラシで研磨。ブリッジ部も研磨。
IMG_0840


スイッチ奏法大好きなのでスイッチ部にはクレ556投入。
IMG_0841




後はボディーを無水エタノールで掃除してポリッシュ・レモンオイルで拭き上げる。
ここまではいつもの清掃。


ピックアップにクロムシルバーのシールを貼ってみた。クール過ぎて鼻息が荒くなる。
IMG_0843


!?
IMG_0845


COOOOOOOOOOOOOOOL! ・・・・か?
IMG_0855


俺モデルというよりTAITOモデル。TAITOさんパクっていいよ。
IMG_0853


















普通のギターの指板にはポジションマークがあるが、Parkerの指板には無い。
これで弾きやすくなると思って弾いてみたら視覚的にうるさい。だがそれが良い。

GWの過ごし方

ビクシ


ソニー様の情報漏洩一連の事件を、トヨタとか東電と同列に扱っている輩がmixiとかツイッターにいるが全く違う。一方は米国策による捏造批判で一方は天災による人災。

ソニー様は放置・自爆による苦し紛れの隠蔽。流石、憧れるぜ。
凡人からの同情の余地なんぞソニー様には必要無いのだよ。











今更だけど360の『COLL OF DUTY4 MW』の実績潰し。

中東テロがテーマのこのゲーム。「さよなラディン」の切欠としてプレイしたが、これが半端なくキツイ。3年前発売だが未だに質・量共に最強の戦争ゲーといって過言ではない。


GW1


GW2


GW3


GW4















まぁ当方が戦争で生き残れないと言う事だけはよく分かった。
最終ミッションが鬼畜過ぎる。多分10000回くらい死んだ。

G6120の話だったりなんだったり

リーダー


昨日は楽器屋巡り。

お茶の水の谷○楽器。


綺麗なショーウィンドウの中にグレッチ、ゼマティウスなどがズラリ。壮観。ゼマティウス本人が作ったものと思しきギターのお値段1千万円。¥10,000,000・・・すげえ。消費税だけで50万円・・・。

グレッチ一押し(?)のお店で
、グレッチパーツを購入。


調子が悪いトーン・スイッチの他、折角来たんで壊れ易いと聞くエスカッション、無くし易いスイッチ・ノブを購入。ミリサイズのものも売ってました。


・・・てかそれだけで1万円弱・・・高い。トーン・スイッチだけで6千円強だもん。


1
万円で高いと言うワタクシ、もう一度ゼマティウスをガン見。1千万円に比べれば安いと己を慰める。

グレッチのピックガードが安売りしてたんで物色するもグッと来るものなし。洒落で6120にアニバーサリーのピックガードとか・・・合わないなあ。第一ネジの位置も違いそうだ。


ビグスビーのアーム・バーも売っていて、洒落で変えてみようかとも思ったが、デザイン的に好きになれなかったので却下。


グレッチって、やっぱデザインとして完成されているのか、換え所が無い。僕のセンスで換えると恰好悪くなりそう・・・てかなるよな。


バックパッドがボロボロなので交換したいんですが売っていなかった。オーダーすれば手に入るんだろうか・・・。

店頭のショー・ウィンドウにあったグレッチのアンプ、恰好良かった。

グレッチのアンプって一度弾いてみたい。

新大久保に移動し、
THE中古○器屋さんへ。


グレッチは、ヴィンテージのカントリー・ジェントルマンが恰好良かった。色が煤けてナッシュビルみたいになっていた。雰囲気あります。


高くはなかったです。状態は良かった。弾いてみたかったが、購入意思が無いと弾けない弱腰の僕。


他、店頭に火事で焼けたヴィンテージのテネシアン売ってました。
3万円ほど。


ネックは焼けて炭になっていて、ボディもダメージあり。ピックアップはどうなんでしょう・・・駄目だろうな。


オブジェとしては面白いかもですが、まあ縁起が良い物ではないかなぁ。


グレッチ以外では、BOSSのディメンション(ラックタイプ)、コーネルのアンプ、ミュージックマスターなんかにちょいと惹かれた。ディメンションのスイッチ二つ押し、やってみたいなあ。

今日、楽器屋巡って確かめたかった事が一つありまして、それがストラップ・ピンの位置。


アーム側ではなく、角の方。


僕のですがね、なんかちょっと・・・変な気がするんですよね。


IMGP0466

70
年代の一部のストラトみたいに、天井向き過ぎな気がするんです。


そうすると、ヘッドが落ちて来るんですよねぇ。(リバースの)ファイヤーバードのヘッド落ちってのも同じ理由じゃないだろうか・・・個人的意見ですが。

もうちょっと内側(ネック側)向いてた方が良いんじゃないかと思うんです。先のBlogで乗せたカタログでももうちょっとネック向きだし。

安い新古品みたいな状態で買ったので、もしかしてそう言う所で
B級品となり、安く出回ったのかなあ、と。そう言やストラップピン、ネジごと外れて自分で接着したんだったっけ。

で、ダブル・カッタウェイのグレッチのストラップ・ピン、確かめて見ました。

見れたのがホワイト・ファルコンとカントリー・ジェントルマン。

結果。

個体差か、僕のより天井向いてました。ヴィンテージのは僕のよりネック側向いていたなあ。

グレッチのそんな大陸的な作りも、又魅力であります(そうか?)。

現行品は流石にそんな事ないのかなあw。

ピックガードもこれだけ独特。

ブリッジ向きの所がなんかちょっと尖っている。ヴィンテージでもダブルカッタウェイのものはチェット・アトキンスのサインが入るまでは同型。

どう言う意図なのか分からないが、そう言う所も又魅力w。

グレッチG6120DCの話の続き

リーダー

リーダーです。

一昨日、溜まった音楽雑誌を大量に処分しました。

本の仕分けをしていて見付けたのがグレッチのカタログ。


IMGP0465

今は女性が表紙のカタログ(ジェフ・ベックのジャケで見た記憶があるんだけど同一?)なので、現行品ではありません。


学生時代からカタログはよく貰ってました。


「いいなあ、欲しいなあ」なんて溜息つきながら眺めたりw。


貧乏学生にカタログ渡す、貰った方は社会人になって稼いでからそれを買う・・・楽器メーカーにとっては長期ビジョンですなw。


出て来たのは
2002年のカタログ。


ナッシュビルが表紙、裏はブラックペンギン。恰好良い。。。


僕の
G6120DCも載っておりました。


IMGP0468

ピックアップは
TVジョーンズ・クラシックの様です。わーいって僕には音の違いなどは分からんだろう・・・ナイズガッツ俺の耳。


同一機種でもTVジョーンズ搭載か否かで税抜定価で5万円以上違うんですね。現行品は一律TVジョーンズなのかな。んな事ないか。


この頃(
2002年)は、フィルター・トロン・タイプしかTVジョーンズは作っていないのか、ダイナソニックやハイロートロン搭載機種はTVジョーンズでは無い。


カタログを見ると、ブライアン・セッツァー・シグネイチャーの二本(型番
G6120SSL6120SSLVO)、ホワイト・ペンギン、ブラック・ペンギン、ナッシュビルのゴールデン・アニバーサリー(50周年記念モデル)に次いで高い定価。


今は、デジマートで検索しますと、新品でも
20万円弱で買えますから・・・凄い値引きぶり。人気無かったんですねえw。てかもう製造中止でしょうか。


TV
ジョーンズのピックアップを搭載したり、(誰も使わないであろうが)フリップアップ・マッファー・システム(ミュート・システム)付けたり、力を入れたモデルだった様に思うが・・・売れなかったんでしょうねえw。


グレッチ使う理由、これは人それぞれでしょうが、僕が使う理由の一つに「(殆ど)誰も使ってない」が御座いますので、売れなかったってのは・・・嬉しかったり。


LIVE
でギター被ると萎えますでしょ?G6120DCは被る確率ほぼゼロです。


グレッチって売れてるのかなあ・・・あんまり売れてるイメージ、無い。


実際ねえ・・・結構な値段するじゃん?弾き難いじゃん?そりゃあ・・・ねえw。


グレッチは、浪漫を弾く積りで弾きましょう!ってなんじゃこのオチ。


いやでも実際、「グレッチ弾くんだ!」って気持ち無いと、挫けそうになるので頑張って下さい頑張りましょう(なにを?)。


カタログ見てて「おおう!」と反応してしまったのがこの二つ。

IMGP0467

IMGP0469

上段は先に書いた50周年記念モデル。色が良いなあ。

カントリー・クラブの深いグリーンも良いけどこれも良い(ジョニー・マーが抱えてたカントリー・クラブ、大学時代に憧れたなあ)。

下段はランチャーのホワイト・ファルコン・バージョン。

良いなあ。

この二つに反応する僕のセンスってどうなんでしょう?センス悪いですかね?

顔面神経痛なのか

ビクシ


周囲から「オタクのお前はGWなんて何処も行かないんだろ?」的な目で見られているが、それは違う。TSUTAYAくらい行くぞ。古本市場やゲオにだって行ったぞ。GWだしな。

ディズニーランド?殺す気か?





まぁ四の五の言わずこの動画を見て欲しい。




どや










いつもこの動画を見ると100%笑ってしまう。
真面目に見るとプレイ自体が微妙だったり。でも笑っちゃう。

ブースター

リーダー

リーダーです。

(使っていない)手持ちのブースターの紹介。

IMGP0461

定番もあれば、「なんだこりゃ?」もありますね。

左上から時計回りに行ってみましょう。


Dazatronyx/Class A Germanium Amplifer

オーストラリアのデイザトロニクスと言うメーカー。

購入動機は見た目w。

恰好良いよなあ・・・これ。

大好きなブースターの一つです。

ミッド、トレブル、フル・ブーストの選択が可能で、MXRのMicro Ampと同じく、ノブがゼロの位置でも音が出るタイプ(僕はその方が好き)。

ノブは9~10で一気にブーストされる。ブースト量はそんなに多くは無い。

ONにすると倍音がすっきりと纏まり、艶やかな音になる。

ゲルマニウムの効果がどう言う物かは分からないw。ヴィンテージスタイルのブースターとの事だが、 ヴィンテージのブースターってどんなん?よく分からない。申し訳ない。

ボリューム(と言うかGainかな)を上げるとちょい歪む。クランチ気味のチューブ・アンプをブーストすると気持ち良い歪みが生まれる。

デメリットはノブの軽さ。

(歌いながらなんで)見ずに踏むと知らず内にノブまで動かしてしまう。

ノブは硬い方が使い易いんだけどなあ・・・ジャージーガールもそれで使わなくなった。

ここでサウンド聞けます。

http://www.ksound.jp/shops/product_info.php/products_id/1618

このお店ではもう売って無い模様。

デジマートにはありました。

あんまり出回って無いから、売っても安いんだろうなあw。


LOVEPADAL/Super6

スイッチが変わる前の物。

スイッチの変更はサウンドに影響を与えないと楽器屋さんのHPで見た記憶があるが、嘘だと思うw。

エタニティは明らかに違った。好みなんだろうが、僕は昔のスイッチの方が好みです。

HPによってはオーバードライブと書いてありますが、OD程は歪まないです。

真ん中のノブは低音のカット。ブーストはされない。

この使用はブーストした時の低音の暴れを補正する趣旨だろうか。

右のノブはプレゼンスとの事だが、プレゼンスより低い位置の高音からブーストされる気がします。

ボリューム0で音は出ないタイプ。

ノブは可也硬いw。

フェンダー・アンプのシミュレートとの謳い文句だが、よく分からないw。確かにアンプを弄っている様なニュアンスがあります。

結構癖があるサウンドで、僕の印象はニール・ヤング。

サウンドはこちら参照下さい。

http://www.youtube.com/watch?v=NHT1FE_BkNI

あめりかーんなブースター、と言う印象です。

使わなくなった理由はなんだっけなあ・・・ツイン・リバーブ使ってた時に、「低音が削られ過ぎる」って思ったんだっけか。。。

イコライジングのノブは低音のカットとプレゼンスですが、若干ミッドブーストされてる気がします。

ジャズコーラスに合わせると良い感じでした。


Gtrwks/19sixty3

フェンダー系の癖があるペダル、だそう。

一時期凄く騒がれてました(思いっ切り乗っかって買いましたミーハーですいません)。

買って使った感想は

「そんな・・・騒がれる程の物かなあ・・・?」

でした。

同じフェンダー系と言う意味ではSUPER6と同じなんでしょうが、SUPER6程の癖は無い。


てか、癖、あるかなあ?

倍音をスッキリさせて一音一音はっきり出る、ってのはありますが、それは19sixty3に限ったものじゃないし。

うーん、なんであんなに騒がれていたんだろう?


音を上げて行っても歪まないってのはあるが、それもアンプ次第で、どんなアンプでも歪まずブーストって訳でもない。

悪くは無いんですが、なんか「あれえ?」ってのが実直な感想。期待が大き過ぎたかな。

まあ、優秀なクリーン・ブースターだと思います。

JCに繋ぎっぱなしにしたら物凄く良くなる!なんて過度な期待はしない方が宜しいかと。


MXR/Micro Amp(Shin's Music Mod)

ド定番のブースターの改造品。

それにしてもMXRの1ノブ品って恰好良いなあ・・・このデザインは大好きである。

基盤を見る限り、変更点は多く無い。True Bypassでもない。

通常品との差は・・・正直、僕の耳ではよく分からないw。

ノイズは少ないと思います。

「繋ぐだけで(OFFでも)音が太くなる」と言われるのは、バッファーの所為でしょうか。

中低域を持ち上げると言われているマイクロアンプですが、これは低域の過剰なブーストは無くすっきりした印象。

ソロで高音をブーストしたいが、中低域を持ち上げる現行品は、ONにすると(高音は良いけど)低音はToo Much・・・なんて感じてる人はお試し下さい。


Durham Electronics/Sex Drive

チャーリー・セクストンの依頼で作られたクリーン・ブースターだとか。

今の人は「Beats So Lonely」とか知ってんでしょうか・・・知らないでしょうな。

キース・リチャーズ、ロン・ウッド、ジ・エッジも使っているんだそうな。

クリーン・ブースターとの事ですが、Gainを目一杯に上げるとクランチ程度の歪みがある(ギャリっとした歪み。個人的にはNG)。

ハンドメイド・ペダルでは珍しくTrue Bypassではない。制作者はTrue Bypassに否定的(The Effector Book Vol4より)。

サウンドはこちらご参照下さい。

http://www.youtube.com/watch?v=Bgpq3xsqrTg

筐体の形は違いますがw。

スイッチはコンプレッションを操作するみたい。

OFF(真ん中)ではちと暴れる感じ。

僕の所有するブースターはどれも、(僕の感想では)余分な倍音を削って一音一音を際立たせるって印象ですが、このペダルは、スイッチOFFだとそれが無い感じ。味付け無くギターのボリュームを更に上げた様な印象。

使わなくなった理由は・・・特に無し。

ミッドレンジをブーストしないブースターなんですが、それが好みじゃない・・・のかも知れん。。。

原音を変えず、素直にブーストするペダルをお探しの方には強くお勧め出来るペダルです。


個人的意見、ですが、

ジャズコーラスに満足出来ず、プリアンプ代わりに常にONって人にはSUPER6を推します。

TS系のブーストが好きな人には・・・SEX DRIVEはお勧めしません。

歪み系ペダルをブーストして使うって方には、19sixteen3を推します。

音を上げるより、ミッドやトレブルをブーストしたいって人にはClass A Germanium Ampliferを推します。

色々と試してみて、個人的に感じた事は(まぁ、BLOGはそうあるべきでしょうが)、何を目的に使うか、で選択肢は変わって来るかと思います。

単に音を上げるだけ、ではないんですね、やっぱり。

で、僕が使っているのはMaxon、OD820のOrange County Mod。

僕はやっぱりTS系の音が好きです。

それを使わない時はFree The ToneのFinal Booster使っています。

ヴァイタライザーなるものの効果が知りたくて、中古で買いました。

ご参考↓
http://www.providence.jp/providence/ftt_custom/fttcustom_1.html

これはね、確かに単なるブースターでは無く「音が元気」と感じました。

「ナチュラルブーストだけど音に艶が出る」、って謳い文句は多いですが、それを実感出来たのはこれだけ。

高いけど、色々と買うなら最初からこれ買えば間違い無いのかも、と思わせるペダルです。

LIVE用機材

リーダー

リーダーです。


先日の練習が良い感じだったので、「ギターもペダルもこれで決定!」と思ってましたが、一部修正。

IMGP0460


WEEDBEEFはバッファ兼イコライザー。


VOLをフルにして原音とイコールなんですが、ベース(BOTTOM)とトレブル(TOP)のブーストは可能。


全てのペダルがOFFになる事は無いので(常にSmoky Signal AudioTUBELESSON)、バッファの必要性は実はあんまり無いのかも、だが、曲によって少しイコライジングしたいと思い入れてみた。ブースター踏むほどじゃないんだけど・・・って時にイコライザーは便利。普段の練習では(持って行くのが面倒なのでw)入れないが。


てか、スタジオではアンプが直ぐ傍にあり、曲によってアンプのイコライザーを調整出来るのだが、LIVEでは足元で操作出来る方が良かろうと言う事で導入。


オーバードライブはTS808。正式名称はKeeley TS808 Mod Plus True Bypass


320designLandmightyから交換。


変更した理由は、音ではなく筺体の形状。


歌いながらギターを弾き、エフェクターのONOFFをする際に、スイッチだけを押す積りが、ノブに触れてしまったり(音を変える)スイッチに触れてしまったり、ってのが結構ありまして、「どわっ」って事があるんです。


それ故、音は好きなんだけど使うのを止めたペダルってのが結構ありましてね。


歌いながらONOFFするのは歪み系とブースターのみ。その二つは、BOSSMAXONの様にスイッチとノブが同一面上に無いってのは大事。


Landmightyは形状的に大丈夫かと思ったんだがなぁ・・・残念。音も形も(w)大好きなんだけどなあ。


ま、TS808も好きだしな。


結局ストラト使っていた時のボードにTUBELESS入れただけですねw。 

練習便り【ビクス改竄】

リーダー

リーダーです。

昨日は練習でした。

ドラムのミナーミが、いつに無く乗りが良く、コクとキレがある、アサヒ・スーパードライの様な太鼓叩いておりました。

バスドラがドンッと抜けて、スネアがバシッと決まって、演奏してて楽しかったなぁ。乗り易かった。

決めも決まってたし(決めは決まって決めと言う)、一体感ある演奏だったと思う。

録音物聞いてても良い感じ。

一体感さえあれば、リズムがよれても良いもんなんだなあ。よれも又気持ち良い。

「ミ・ナーミ大先生っ、好調の理由はなんでしょう?」と聞けば「いっぱい寝たからっすね」と。

・・・流石史上最弱ドラマー。演奏は体調次第だそうです。

今までドラムの演奏に関して「スティックが・・・」とか「椅子の高さが・・・」とか言ってましたが、結局は睡眠時間ですかそうですか。

グレッチでの二回目の練習。

色々音作りした事が功を奏したかし、「ま、グレッチでも良いか」って音出せました。

メンバーからも合格点貰いました。てか連中にお伺いする事自体腹立たしいが。

唯ね。。。

今日出した音は、果たしてグレッチの音なのかしらね。

グレッチにはグレッチの良さがあり、グレッチにはグレッチのサウンドがありますが、なんかそれからどんどん離れている様な。。。

グレッチ使う動機が「見た目のみ!」ってのは正しいのか否か。

グレッチらしい動機かもだがW。

抱える位置が高いから、セミアコだと右脇腹が痛い。コンターボディが懐かしいのぉ。。。

鼈甲のピックは、一枚残してビクシ君と緑川君に贈呈。

バッキングを主にって私にはちと五月蝿い感じ。残念。一枚は自宅で楽しみ際や録音に使います。

次回からはもっとコントの練習せなばならぬと戒め。

と言うのは、ライブにミナーミの友人バンドが出る予定で、なんでも「男」って感じのカッコイイ方々らしいので、「獣」って感じの我々(正確には「珍獣」)は、本業のお笑いをレベルアップしなくてはなりませんでしょ。

勝てない試合とギャンブルはしない我々でありますよ。

なんて言いましょか、メンバーのキャラクターだけ見れば「ミクスチャー」と言っても過言ではない我々。

罵倒担当の私、色物担当のビクシ君は先鋒程度の小粒キャラですが、未だ「もしかしたらカッコイイと思われるかも」と根拠のない期待を抱き続けるも、ライブじゃやっぱり足を引っ張り続けるリズム隊と言う、大将クラスの大物二人を擁する我々。パンダより見てて楽しい台本無しの集団コント。

ご期待下さい。

ライブでグレッチ使うならメンテナンスに出したいなあ。

トーンをバイパスしてあるんだが、バッキングでトーンを通した音が欲しくなった。

で、スイッチをチェックしたら調子悪い。

変な方向に強く動かしたか、なんか引っ掛かる感じ。

グレッチは、パーツが中々ないのよね。。。

谷口楽器(今名前違うっけ?)にはあるみたい。

買いに行きたいが、谷口さんは閉店時間が早いんだよなあ・・・サラリーマンには厳しい閉店時間7時。

バックパッドもボロボロなんだが、交換パーツってあるのかしら。

「丸ごと一冊グレッチ6120」って本買いました。

中古で・・・定価の倍の値段。

定価で売ってる時店頭で見たんだけどなあ・・・あの時買えば良かった。

「メンテナンスと調整術」が読みたくて買いましたが、ヴィンテージを対象にした文章でした。残念。

グレッチが使われた名盤コーナーに「Who's Next」でピート・タンジェントが6120使ったとの記載。

へー?

The Whoに6120のイメージは全く無かった・・・意外。

そう言えばギター・マガジンに「ジョー・ウォルシュからダイナソニック・ピックアップの6120を貰った。見た瞬間だせえって思ったけど音は素晴らしくて、レコーディングで使った」って書いてあった記憶がある。

一方、6120使いと言えばこの人、ブライアン・セッツァーはダイナソニックとホロー・ボディには否定的な発言をしている。

個体差はあれど、同じスペックでも意見が違うのが面白い。

しかも二人とも、言ってみれば「ロックンロール・ギタリスト」なのになあ。


南さん1

南さん2


南さん3
プロフィール

fujicooverdrive

登場人物

【リーダー】

ギター・ボーカル
持っているエフェクターの数は4ケタを下らないエフェクター狂人。ワイフが天敵。最近NGWに寄生。


【ミドリカワ】

ベース・ボーカル
メンバーからは「大先生」と揶揄を込めて呼ばれる最年長・最長寿ベーシスト。やっと人生折り返し。正論派。


【ビクシー】

ギターシンセ・その他
最近ギターにシンセをマウントした命知らず。明るいヘビーゲームオタク。絶滅寸前。

【TakaYuki】

ドラム・打ち込み
虚弱ドラマー。話題はオールマイティ。愛車RX-8。スーパーデザイナー。そして卵が大嫌い。
月別アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索