四人冗語

“がんばらないけど、ネバーギブアップ”
東京の社会人アマチュアバンド、fujico overdriveのblogです。

連休模様

リーダー

リーダーです。

いやそれにしてもなんですな・・・・コロナってのはよく分からないですな。

諸々考えて見て思うのは、「よく分からないから節度がある行動をしよう」って事くらいか。

クラスターフェスや青森県の脅迫文を見るに、
世情が不安になると、まぁ変なのが湧いてくるのは今も昔も変わらぬ様で、中々に興味深い。ええじゃないかに見える。

不安であるが故に「こうあって欲しい推測」に縋り付いたり、自分が望む行動をしない政治家を過度に非難してみたり、まぁ、そんなんは起こるのでしょうが、よく分からない段階で極端に振れるのはねぇ・・・・どうなんでしょ?と思う。

いや、結果論で「あの時ああ言っていたのは正しかった」となるかも知れませんぜ?でもそんなの、結果論じゃん?って思うんですよ。

そんな状況なので
「よく分からないから節度がある行動をしよう」しかないんだなぁと、今は思う訳です。

「コロナで亡くなる人より結核で亡くなる人の方が多いが結核に対してコロナ対策みたいな事しているか?」

「罹患して亡くなる人がいるのにそんな事言えるのか?」

「マスクしてもウィルスなんて抑えられんだろ!」

「いや、飛沫拡大は抑えられるだろ!」

うん、どれが事実なんだか、若しかしたらどれも事実かもだが、「今は結論を出す時期じゃ無いから
節度がある行動をしよう」だけだと思う。

いつか、あの年は酷かったなって話せる様になれば良い。

さて、話は変わって・・・・。

仕事でお世話になった取引先の方が異動と相成り、個人的に餞別の品でもと考えている(勿論自腹で)。

それなりな数の担当者さんとお付き合いがあるが、我が社の事を考えて頑張ってくれている方には個人的に「有難う御座いました」を伝えたく、時々餞別を・・・・となる。

贈り物と言うのは、明確に欲しい物を選択してくれた場合を除き、「自分で買うには高くて躊躇するが頂けたら嬉しい」物が良かろうと思っていて、ネクタイなんぞで体裁整える、はしない。マネジメントからの指示でとなると無難な選択で済ますが・・・・。

ワタクシが貰う立場だとすれば・・・・う~ん、そう言えば思い浮かばぬが、例えばコピルアクの様な、高級珈琲などとなるだろうか。義弟夫婦に頂いたが、チョイスのセンスが良いなと思った。

我が事となると(楽器関連以外は)貧乏性な様で、例えば家人が誕生日にちょいと良い食事がしたいと言えば喜んでお金が出せるが、己の事となるとどうも躊躇する。

先日もマウスを買ったのであるが、ワゴンセールの中から適当に選んだ廉価な物で満足したりする。家人からは、そろそろ財布を交換すべきだと言われて久しいが、未だ充分だなと思っていたりする。

ハッキリ言うと、拘りが無いのである。使えるのであれば、良い。

テレビでテレワークしている人の取材なんぞを見るに、その机周りのスタイリッシュさに驚く。時々ZOOMなんぞで社内や社外の人とミーティングして、時に在宅の人の家周りであんな人見た事無いけど・・・・実在するのか?

You Tubeで、時折「こんな生活送ってます」みたいな動画を拝見するが、あれは生活の一部と言うか、配信前提に自己演出で撮られたものであるのは間違いなかろう。

You Tubeで思い出したが、身体が鈍らぬ様に家人が日に数度ラジオ体操をしているのだが、どうにもおかしな動きで、これ配信したそれなりに話題になるのではないかと思っている。簡単に言うと、泥酔したマイケル・ジャクソンが駄々を捏ねている様なのである。そしてその旨を伝えた結果、ワタクシの少ないお小遣いから、妻の為にお高い牛肉を買ってくる破目になったのである・・・・。

さて、連休中日の日曜日である。

三連休で20㎞歩こうと思い、本日も散歩に・・・・と思ったが、先ず向かうはNaked Guitar Works。理由はこいつ。

IMG_3218

そう、昨日買ったGold Foilである、うん。

Jaguarにマウントすべく、購入したのだが、Naked Guitar Worksのジーニアス・小園氏は「ううん、これは難しい」と頭を抱える。

ワタクシのJaguarは、軽量化の為中をザグッているのだが、吊り下げるにせよ、ダイレクト・マウントするにせよ、加工が必要でちょっと考えてみる、との事だった。言われてみれば、今マウントしているハムバッカーは台座があるが今回取得したピックアップにはそれが無く・・・・である。無責任に100%お任せにしちゃう行けない僕。うん、いつも申し訳ない。

まぁ、ピックガードは作り直し、EMGピックアップをマウントしているのでコネクター式の配線の一部も組み直しだし・・・・と、他にも諸々あるが「全部お任せ」で依頼。コンデンサーは後程持ち込みと相成った。

その足で、浅草を軽くぶらぶら。

IMG_3227

アメリカでいごは花盛り。

IMG_3221

IMG_3223

写真では人気が無いが、それなりに人出も多く、店舗によっては三密なんのその、であった。完全武装しているワタクシの様な保守派と、ネヴァーマインドな過激派に分かれている感じである。後者ばかりが報道されたら、そりゃあ青森県民が脅迫文送るわ・・・・w。

人混みを避けようと、隅田川沿いへ。

IMG_3224

IMG_3225

言問橋からちょっと上は人気も無い。誰も居ないベンチに座って買って来たケバブを頬張る。

IMG_3226

これを「外食」と言うのであれば、実に五ヵ月ぶりの外食である。因みにベンチは極熱であった。ソースをホットチリにしなけりゃ良かったと後悔。口も臀部も熱くて暑い。食後にマスクしたらなんか唇が痛い・・・・。

さて、少し散歩でも・・・・と思ったが、家人が所望した肉の他、湯葉なんかも買っちゃったので、戦没者慰霊碑をお参りして(日が日だったのでね)一旦帰宅。此方の湯葉は好きで時々買う。

IMG_3228

IMG_3236

帰宅後、餞別の品の物色・・・・まぁ決めてたんだけど、を買いに秋葉原まで。餞別の品は首にかける扇風機と言うかクーラーと言うか、そんなん。最近お子様が生まれたと記憶しているので、奥様がお子様連れて散歩に行く時とか台所で家事やるとかそんな時にと。家人に買ったら割と評判良かったのであるが、少し大き過ぎると言う事でより軽量な物を探して購入。

秋葉原は歩行者天国。

IMG_3232

歩行者天国の所為か密とならずで心地良い散歩。自転車に対する取り締まりも厳しく、歩き易かった。

IMG_3231
(歩行者天国だと、電波会館もこの位置から写真に撮れる)

IMG_3230
(非常に優しくない看板。歩行者天国用かしら?因みに北海道民はこれを「青看」と言う)

桜屋電気店さんでコンデンサーを物色し、安かったのでALPHAさんのミニ・ポットも購入。

IMG_3233

ポットは、シングル、ハムでも500Kが好み。ギターにも因るが、こもり過ぎず、暴れ過ぎずに思う。

購入したコンデンサーは下記の2つ。

IMG_3234

松下のコンデンサー。Gold Foilに敬意を表して日本製のコンデンサーにしようかと。

IMG_3235

こちらは露西亜製のコンデンサー。なんか強そうだから買ってみたw。

松下のコンデンサーは多分劣化していると思う。リアに付けてハイを抑え様かなと思う。と言う訳で劣化しててくれないと困るw。と言う訳でフロントは露西亜製で・・・・ピックアップが米国製なので、米露決戦って事で(違う)。

シングルコイルには250kのポット、コンデンサーは0.047mf・・・・が常識だが、個人的にその常識はおかしいと思っている。

で、今日の散歩は10㎞に満たず・・・・まぁ、あんまり歩かなかったもんなー。

明日もちょいと散歩して気晴らしして、3日間25㎞で良しとようか。中々10㎞/1日散歩の目標が叶わぬのう・・・・。

帰宅し、食後にIzo先生のツイキャスを拝見。翌日が休日って事で久し振りにゆっくり視聴出来た。Izo先生から「リーダーはメタル苦手な筈なのに(先生のツイキャスはギターを弾くツイキャスがメインなのだが、土曜日はメタル系だった)すいません」と言われ、直前までWOWOWでメタリカのライブ見てたとは言えなくなったのは内緒である。

そんな連休の中日でした。

週末模様

リーダー

リーダーです。

全国のコロナ罹患者がミスチル並みに止まる事知らずも、相対的に重症となる人が少ないって事は、「未知なるウィルス」から、ある程度の対策が出来て来たんだろうな、医療従事者の皆様有難う御座いますな夏の連休、如何お過ごしでしょうか?

ワタクシはと言えば、まぁ相変わらず近所の魚屋さんの美味しいお弁当を食べ、近所の八百屋さんの美味しい糠漬けを食べ(最近、蕪、胡瓜だけではなく瓜もでて来て美味しいったらない)、近所の珈琲屋さんの美味しい珈琲を飲む毎日です。

今週のトピックスと言えば、以前カバーバンドをご一緒させて頂いた上司(とは言え役員なのでポンコツ社員のワタクシからすれば天上人だけど)が監査役として復帰され、偶々出勤日が重なった事でご挨拶に行ったら、仕事の事は秒も話さずローステッドメイプルの話をしてしまったと言う事か。うん、ワタクシも大概おかしいが上司も如何かと思う・・・・。

もう一つトピックスがあるとすれば、先日購入したミニチュア盆栽が大層元気で、剪定しなくちゃならなくなって来た事か。

IMG_3220
(向かって左は南部鉄器の香台です)

剪定ってした事無いんだよな・・・・調べてから取り掛かろう。

植物を育てる度、太陽と土と水で成長するというのは中々に凄いなと思う。聞くところによれば、植物の成長には水よりも陽の光が重要と聞く。人間と言う動物として生を受けている所為か、「食べずも育つ」との事実は何か胸を打つ。何と言うか・・・・帰属社会無しでも生きられる存在と言うのは、憧れであったりする。

そんな訳で、果たしてこのブログは本当に書く事も無く、それ以前に書く意味があんのか?との思いが募るばかりで御座いますが、生存確認みたいなものですので、今週もお付き合い下さいませ。

さて、土曜日。

Stratocasterのバリを修正すべく、Naked Guitar Worksに向かう。

IMG_9861

ステンレス・フレットに交換してからバリを取るのはこれで2回目。電話で話したNaked Guitar Works・小園氏に「乾燥させ過ぎ」と注意される。うん、自覚有りだ・・・・ごめん。

N.G.W「一番乾燥する冬に来るべきですぜ?」

リーダー「分かっちゃいたんだが時間なくてさ」

N.G.W「まぁ、冬になったらもう一度見ますから」

リーダー「すまぬ・・・・そう言えば、一緒にバンドやってて、こちらにも来た事がある上司が復帰してさ」

N.G.W「ああ、覚えてます。バンド名、SEGOSIXでしたっけ?」

リーダー「いや、セッゴシ・ピストルズだった筈だ」

N.G.W「そうでしたっけ?(編集注:SEGOSIXでした)」

リーダー「なんか、InfiniteのTelecaster、オーダーしたとか」

N.G.W「ああ、何度かメインテナンスしましたが、しっかりした造りの良いメーカーですよ」

リーダー「羨ましいなぁ」

N.G.W「オーダーすりゃいいのに」

リーダー「そんな金がどこに?」

N.G.W「手持ちのギター売って、さ。さすれば何本も”終のギター”持って来なくて済みますよ?」

リーダー「・・・・・」

実は、これまでセミオーダーも含め3度、真剣にギターをオーダーしようと思った事があり、1度は材の選択まで進んだ(話をしていた店員さんが居なくなって、後任者の対応に不満があって止めたんだけど・・・・)。

今は、オーダーしたいかと言うと、その気持ちはない。僕の事だから、どんなに己の満足行く条件で作っても、結局使わなくなると思う。不満が一切ないギターは、きっと使わないw。

上司は、「Telecasterが欲しくて探してInfiniteにした」と仰っていたが、それは凄く分かる。欲しいギターの種類が明確で、結果オーダーとなったってのは、魔改造とある意味一緒だ(「一緒にすんな!」と怒られそうだ)。

一方、僕がオーダーしようとした理由は、オーダーして作るギターへの興味が先行していた。うん、止めて正解であったろう。

そう言えば、Izo先生のStratocasterのリフレット中であった。

IMG_3200

リーダー「どない?」

N.G.W「慎重にやってますねぇ」

リーダー「と言うと?」

N.G.W「ジャンボ・フレットなんですが、ラウンド指板なんで、指板が薄いから、タング削って付けてるんですよ。タングが長過ぎるから、指板保護の意味もあって」

リーダー「成る程・・・・大変なんだなぁ」

彼是15分程店に居たが、1本打ち込む時間も無かった。それを20以上・・・・際を削ってもあって、もある訳で・・・・気が遠くなるな。

検索すると、矢鱈お安いリフレット屋さんがあるが、あれ、大丈夫なんだろうか・・・・工賃度外視じゃないと出来ないよな・・・・。

一旦帰宅し昼食を摂り、ちょっとの休憩後散歩に出掛ける。

散歩しといてなんだが、不要不急の外出は控えるとの気持ちはあり、交通機関の利用はしたくない。結果、近所ばかりを散歩する事となる。

自転車があれば行動範囲も増えようが、散歩し始めて、いや、それ以前から、自転車と言うのは傲慢で邪魔な存在との認識が強く、その仲間になりたくなとの思いから躊躇している。いや、マナーあるライダーが沢山居るのは分かっているのだが・・・・なんか嫌なのだ。

先ずは義父に日本酒を送るべく、御茶ノ水の名酒センターへ。

IMG_3201

亡くなった義母のお墓参りに行きたかったが、今年は行けそうになく、せめてお酒でも、と、下戸のワタクシでも名を知るお酒(越乃寒梅と八海山)を適当に選んで送ったら・・・・2本で2万円で吃驚した(値段見ろ)。

知らないものの値段ってのは本当に分からぬものだ・・・・世に疎いとはこう言う事を言うのだろう。

コロナが落ち着いていた頃に帰省した家人に日本酒を持たせたら、義父が大変喜んでくれたので、まぁ、良しとしよう。

御茶ノ水迄来たなら・・・・そりゃあ行くでしょう楽器屋巡り。

IMG_3203
(と言う事で聖橋を渡れば、丸ノ内線と中央線の各駅停車と特急列車が三つ巴でありました。さて問題です。写真の丸の内線はどっちに進んでいるでしょう?鉄道好きなら秒で分かりましょう)

IMG_3202
(湯島天神は緑の中)

コロナ影響で帰省を控える人が多いのか、楽器屋さんは盛況で、密を避けたく人が少ない店舗を1件だけ拝見。

その1店も、大学生と思しき四人組が大騒ぎで(何か歌ってたけど・・・・)、うち一人の女性がマスク無しだったので退避。

君、頼むから罹患しないでね。君みたいなタイプがクラスター発生源になると思うんだオジサンは。

その某店で、退避するまで暫く見入ってしまったのがOrfeld Guitars



見た感じ、凄く良い造りに思った。デザインも良い。これは気になるが・・・・とてもじゃないが買える値段ではなかったw。セレクターの位置は、ピッキングにはちょっと使い難そうね。

ぶらぶらと裏道を抜けて淡路町へ。そう言えば、と宮地楽器さんへ行き、以前より気になっていたGold Foil Pickupを購入。

IMG_3217

IMG_3218

IMG_3219

上段は、Curtis Novakと言う、メーカーかビルダーかよく分からないけど、そちらのGT-V。下段はLOLLAR PickupsのGold Foil。

Gold Foilは、Teiscoにマウントされていたピックアップで、Ray Cooderも好んで使っているのは有名。煌びやかなサウンド、の、印象。

GT-Vは、こんな感じ。





よく言えば煌びやか、悪く言えばスカスカ、な感じ。スカスカな感じなれど、キンキンしてなくて、ガレージ感あって最高に好み。デザインも、安っぽくて好き。

LOLLAR PickupsのGold Foilはこんな感じ。





動画の印象では、LOLLAR Pickupsの方がダークな印象。ガレージ感はどちらもあるけど。

で、このピックアップを何にマウントするかと言うと・・・・コイツにマウントする予定。

EYtWk5_UcAEg3nK

そう、Jaguarに、です。

バンドが再開したら、先ず間違いなく1997がメインとなるだろうけど、ソリッドのメインはJaguarだと思っていて、今のサウンドも気に入ってはいるが、前回の練習の録音物を聞くに、バンドにはもっと軽いサウンドが良かろうと感じた次第。

バンド再開は下手すりゃ来年かな、と腹を括っているが、それまでに出来る事はしておきたいなぁ。完全に出来なくなったって決まった訳じゃ無いんだから、ま、気楽に考えるに限る。出来ないなら出来ないで仕方ないもんねー。

淡路町から帰路で神田川を渡る。

IMG_3205

去年の今頃は丁度帰省していて、帰省とは言ってもゆっくり休めた訳ではなく、結局ほぼ毎日仕事してたけど(今思えばテレワークだったな)、それでも帰省した喜びとかはあって、散歩とかも存分に出来た。

今年はそれは適わなそうだが、そんな夏もあるさね。いつか「あの年は酷かったな」って話せれば良い。

帰路は大回りして裏通りを歩く。

IMG_3206

任天堂さんの東京支店は家からそう遠くない場所にある事に気付いた。

大きな通りに並走して歩けば、色々と見どころがある。

ひっそり佇む、住む人無しの古い家を見たり・・・・

IMG_3208

かつては、何か別の利用が為されていたであろうガレージを見たり・・・・

IMG_3209

海を眺めて故郷を歩くには、満足感は遠く及ばずも、其処此処に不思議とノスタルジア。

東京は、百日紅の頃。

IMG_3212

IMG_3214

小さな花弁が道に落ちて舞う様は、赤と白の金平糖の追いかけっこの様だった。

本日の走行距離。

IMG_3216

くそう、あと700mで10㎞だった・・・・。

と言う訳で、今日で一旦アップしやす。明日もNaked Guitar Works行ったりなんだりするかもなのでアップするかもですが、多分今日と同じ様な内容になる事必至に御座います、はい。

GT-OD(MXR Custom Shop)

リーダー

リーダーです。

「最近、機材ネタ少ないっすよね」

上記は、ANTI-HERO SUPERSTARのギタリスト、issy将軍(彼女無し)にJaguarを渡した際に言われた台詞である。

そう、当ブログは、所属するバンド、フジコ・オーバードライブのブログなのであるが、当ブログにお越しの方の多くは、と言うか殆どの方は、機材の検索でお越しになられる位、以前は機材ネタを多く書いていた。バンドで検索頂いた方は・・・・うん、恐らく皆無であろう。

かの
issy将軍(彼女無し)もそうだったと聞く。うん、issy将軍(彼女無し)は、幅広く音楽を聞かれる方ではなあるが、音楽的な繋がりで当ブログにお越しになられる感じでは、ない。

元々、機材の備忘みたいな感じで書き始めたのであるが、いつの間にか寧ろ機材ネタが中心になり、かと思えば「機材ネタの検索でこのブログを知ったが、機材ネタが最もつまらぬ」とのコメントも直々に頂戴した事もあり、こちらとしてはもう愛想笑いをするしかない状況に陥った事が複数回あり、愈々以て当ブログの存在理由が分からぬのである。

まぁ、少し真面目に書けば、機材ネタを書く事に少々躊躇している俺も居るのである。

と言うのは、機材って、合わせるギターやアンプ、そして環境(一人で楽しむのか、バンドで楽しむのか、どんな音楽で使うのか)でその印象は大きく異なるであろう事が容易に想像出来るに加え、その印象も蓼食う虫も好き好きであって、「ワタクシの感想で万が一にも試さないとの選択肢を持って頂きたくない」と言う気持ちがある。

そんなマインドになったのが、某高名な機材レビューを拝見し、その断定的な見解に「う~ん」と思ったからである。

いや、機材って、気に入らなくても後々好きになる事もあるし、組み合わせで印象も変わるし、誤誘導にならないか気になったのである。

何度か書いているが、機材ネタはあくまで「備忘録」であり、そしてこれも幾度も書いているが「ワタクシと言う人間がバンドで使ったらどうだったか」と言う、他者には全く参考にならぬ私見を書いているのであるが、その前提でも参考にされちゃうかもなぁ・・・・と躊躇しているのである。

そんな状況を知ってか知らずか、
issy将軍(彼女無し)に「これ、差し上げますので良かったら」と頂いたのがこちら。

IMG_8823

はい、MXRのOD-GTに御座います。

好意的解釈だが、「ぐちゃぐちゃ考えず書けば良いんっすよ?」とissy将軍(彼女無し)に言われた様な気がして、であれば私見書いてみましょうか、と、久々に書く前提で彼是試してみた。世情を踏まえ、バンド練習では試していない事ご考慮下さいませね。

元々、MXR Custom Shopのラインナップだったが、今は通常ラインになっている。頂いたのはCustom Shop時代のそれ。故にタイトルは誤りでは無いのだ。

このペダルは何度か買おうかと思ったが買っていなかった。買おうと思った動機は、MXRって様々な「定番」があるが、オーバードライブではそれがなく、態々Custom Shopで出したって事と、Tube Screamerを容易に想像させるこの色合いが、何となくMXRの気合が感じられて興味があった(Zakk Wildeのシグネチャーモデルのロー・ゲイン設計らしいけど)。

買っていなかったのは、TS系がお腹いっぱいだったからってのが大きい。

操作は、オーバードライブの定番、音量(Output)、歪み量(Gain)とイコライザ(Tone)。操作に迷う事はない。

で、試した感想・・・・。

うん、成る程・・・・そう言う事か。

先ずは動画をご確認下さいませ。



Tube Screamer系だけど、Tube Screamerより低域寄りと言うか低域をスポイルしない設計がなされたもの、かと思います。うん、成る程・・・・面白い。

Tube Screamerは、これまでモディファイ品も含め二桁以上試して来たけど、その印象は良く言われる中域のリフトアップと低域と高域のスポイル。それが独特の「鼻詰まり感」を齎し、それが何とも心地良い(因みに同じニュアンスのOD-1は、もうちょっとハイミッド寄りをリフトアップしている感じ。僕はそっちの方が好み)。

所謂「TS系」はそのニュアンスを出しつつも、各メーカーやビルダーがチューニングしていて、時にはTS系を謳っているのにTSを感じさせないものもあったり。

このOD-GTと言うペダルは、TS系である事は間違いなく(あ、私見ですからね)、それでいながら「低域をスポイルしない」為、ダークなTS系と言える設計に思う。

線が細いギターと合わせるに適していると思われ、Stratocasterのリアと合わせると良かったが、Telecasterと合わせるとRoy Buchananみたいなサウンドの印象を持った。あの、Telecasterなんだけど、音が太い感じ?があって、Telecasterがメインであったなら積極的に使っていたかも。



ゲインが低い設計なので、単体で積極的に歪ませると言うよりブースターとして使うのを好む人も多いかと思う。低域寄りな故、出力が大きいハムバッカーとの組み合わせは、ともすれば抜けの悪い音となる気もする。Les Paulの使い手である
issy将軍(彼女無し)がこれを使っていたのは、この低域をTube Screamer程はスポイルしないチューニングが心地良かったからだろうか。僕がLes Paul使いだったら、出力が低いハムバッカーを選択するだろうと思う。

Jaguarや、リアならJazzmasterなんかと合わせても面白いペダルかも知れませぬ。

以上です。

うーん、久々に機材ネタ書いたが・・・・結構疲れるな、これw。

週末模様

リーダー

リーダーです。

東京のみならず全国でコロナ罹患者は増加の一途を辿っておりますが皆様お変わりないでしょうか。

経済止めて保証が出来る余裕が国や自治体にはなく、感染が拡大しない程度に経済再開を目指していた施策であったと思っておりますが、その運営は中々に難しいですねぇ・・・・うん。

ある意味、民度頼りの施策な訳で、まぁそりゃ、統制取るのは難しいだろうと思う。フランス革命時に最も反対したのは知識層だったって話を思い出した。反対した理由は「馬鹿な民衆に政治任せたらどえらい事になるぞ?」だったとか。まぁ、革命後の混乱はそれを表しているのかも知れない。

とは言え、政治が駄目だったとは思っていない。と言うか、代替案が無い。代替案の無い否定は只の文句に過ぎない。誰だったら上手く出来たと思ってるのかも定かじゃない、理想論が散見されたが聞く意味も無いし。

コロナに関しては色んな所で色んな事が言われているが、最近は意図的に追わない様にしている。夏場には収まるとか言われてたのを思い出しても、不要な情報が多過ぎて疲れる。もう自助努力で防衛するしか無かろうとの諦念。

いや、一部で言われている様に「重症化する確率は高くないんだから気にし過ぎなんじゃ無いの?」ってのが正かも知れないが、罹患して仕事の活動範囲が制限される事を考えると罹患確度が高い行動はしたくない。

外食は一切してないし買い物も密な状態は避けてるし消毒もマメにやっている。これで罹患したらもう諦める。

そんな中、気が付けば8月。

例年9月に夏季休暇を頂き、そろそろワクワクする頃なのであるが、今年はそれも叶わないかと思うと残念でならぬ。

IMG_0988

IMG_5752

上は故郷小樽の夏、下は(毎年半分仕事で行く)石巻の夏。

夏に何をする訳ではないが、心地良く過ごした夏の日と言うのは確かにあった。
風景が良い場所で、夏の一日を過ごす。それがとても贅沢な事になってしまったのが切ない。

夏と言えば今年の梅雨は大変に長く、8月の梅雨明け(関東地方)は13年振りだとか。

梅雨明けの報を受け、思い出した様に聞くのが下記だが、今年はそれが8月になってしまった。



bloodthirsty butchersの名曲。このライブは本当に名演に思う、が、故・吉村氏がドラムが曲を止めない事にイライラして最後ギターをぶん投げて強制終了した、らしい。偶然かも知れないが、このエンディングはとてもスリリングで好きだ。

てな訳で、バンド活動も相変わらず出来ない環境ながらも漸く晴れた8月最初の休日。ワタクシはと言うと散歩に出掛けたのである。

晴れた8月の割に湿度は少なく心地良い。先ずは浅草へ。

IMG_1062

IMG_1063

IMG_1064

感染者数増加の所為か人は少なく、ゆっくりと参拝しながら歩く。

近くに来たのでNaked Guitar Worksに顔を出せば、社長の多田氏が考え事をしている体。

何事ぞと問うてみれば、Izo先生のStratocasterのリフレット用に取り寄せたJascarのフレットにばらつきがあり・・・・との事。

製品の精度を謳っている割には・・・・とちょっと吃驚。

序でにワタクシがメインテナンスで預けているMustang Bassは、もうメインテナンスは終わっているが、ネックの状態をもう少し見たいとの事で受け取りは後日に。

軽く弾かせて貰ったが、うん、良いね、このベース。

IMG_8791

あて、何処に行こうかね、と歩き出し、隅田川を下ってみようと思い立つ。

IMG_1065

IMG_1066

IMG_1067

IMG_1068

言問橋辺りから川下へ向かい厩橋辺りまでぶらぶら。

途中海鳥が魚(多分だけど鱸だと思う)を捕まえて捕食している所を目撃したり、歌碑を見たり。

現在は都の水道局になっている辺りは江戸時代は幕府の米の貯蔵蔵があったらしい。それで「蔵前」か、納得。

IMG_1069

何と無く秋葉原まで歩き、其処からぶらぶら戻って来る、

そう言えば・・・・

IMG_1070

とあるお店の物騒なお品書き。「この中で、何だったら口に出来るだろうか」を考えていたが全部無理だった。機会があればメンバーにお見舞いしたい。

総距離10キロほどの散歩。うん、気持ち良かったけど・・・・。

やっぱり、夏の小樽を歩きたいんだよなぁ・・・・。

IMG_1176

IMG_1028

IMG_1029

IMG_1027

IMG_0987

IMG_0975

IMG_0898

IMG_0897

帰宅後、AT130を持ち出す。

EKl_lwMXsAA1evK

理由は、これ。

IMG_8816

8月号のギター・マガジン読んでたら弾きたくなった。AT130はCasinoと構造が(略)一緒。

「The Beatlesの楽器」として高名なのは、Epiphone CasinoよりRickenbackerの325、360やGretschのCountry Gentleman、Tennessean方が上位のイメージを持つワタクシだが、John Lennonは325より長期に渡って愛用しているのは確かだと思う。個人的にはJohn Lennonと言うと325よりCasinoのイメージだったりする。





使い始めたのがLIVE活動を終焉する直前だったので、人の印象としては325の方が強いのか、若しくはRickenbackerのビジュアル勝ちか。

おっと、閑話休題。

で、久々にAT130は・・・・・うん、良いですね、うん。

ネックは相当に太く、このギターの元となりCasinoに元にもなったES-330より太い設計に思う。このネックが、何とも握り易い。

Casinoは手持ちがないが、ES-330は対比するとそうだし以前持っていた1966年製のES-330はネックが太い印象が無かったから、やっぱこれは仕様なんでしょうねぇ。ヘッド角が17度なのも好み。

手持ちのギターで、ステンレス・フレットにしていないのはこのギターだけ。理由は金銭的理由からの優先度。

1997が改造から戻って来たらそれがメインになるだろうし、そもそもバンド活動も怪しいものだが、暫く弾いてみようそうしよう。

して、日曜日(うん、タイトルは無視しておくれ)。

最近のワタクシの朝は、オーツミルク。

IMG_1074

ほんのりと甘くて気に入って飲んでいる。平日は、近所のコーヒー屋さん「Up To You Coffee」でテイクアウトのブラックコーヒーを好んで頼んでいたのだが、ふとラテを頼んで、気紛れでオーツミルクに変更したら大変美味しく、最近じゃオーツミルク単体で嵌っている。

Ed_E72kU4AAxWZ0

プロテインを割って飲んだらそれも美味しく腹持ちも良く、暫く嵌りそうだが・・・・オーツミルクって高いんだよなぁw。

その他、近所の魚屋さんでお弁当を買う日は相変わらず続いているが、最近はその近くの八百屋さんで糠漬けを買う事が習慣化したが、最近は古漬けにも嵌っている。

と、何故に食べ物の話から始めたかと言うと、行動に制限があり、その故か自炊のみならずテイクアウトの幅も広がって来ていて、それはそれで楽しいのである。

とある御総菜屋さんのシラスのかき揚げや、とあるお食事処の粽など、気付かなかっただけで美味しいものが沢山あり、それを食すのを楽しんでも居る。

そしてミニチュア盆栽。

EbubCwBVcAMvDD9

水やりと陽に当てる事以外大した事はしていないのだが、成長が感じられ、目を楽しませてくれている。

制御された生活を楽しむ、と言うのは、それはそれで必要なんだろうな、と思う。「イェーイ!」から生まれる文化もあるが、制御された中で生まれる文化ってのも絶対にあると思う。

そんな事を枕詞に、何を画策しているかと言うと自宅録音なのである。うん、色々と進めてはいるのでありますよ。

自宅録音は制御された文化に打って付けの趣に思う。

で、DAWソフトを使って打ち込んで行って・・・・とか、ボーカロイドを駆使して・・・・とかじゃなく、MTRにちまちまと録音して行く、カセット式MTRの頃から何一つ変わらない自宅録音がしたいのであります。だって、ギター弾きたいしw。

誰に聞かせる訳でも無いし(多分)、完全に趣味で作ろうと思っている。演奏が上手く行かなくて、「あーもうっ!」とかやりたい。

で、必要機材の一環としてベースを購入しメインテナンスに出していた訳ですが、本日受け取りに行って参りました。

IMG_1077

行ってみれば社長の多田氏が
Izo先生のStratocasterのリフレットの溝切中。

IMG_1076

良いなあ、こういう作業したいなぁ・・・・仕事にするのは僕の性格では無理だろうけど、己の楽器はいつかやってみたいと思っている。ま、定年後だろうな、うん。

ベースを受け取り一旦帰宅の途に就く。「ハイ起きするかもだから、このベースはチューニングは緩めた方が良い」との指南を受けNaked Guitar Worksを後にしてみれば、うん、今日も心地良い天気。

IMG_1078

IMG_1079

IMG_1075

一旦帰宅し、ベースを改めて試す。うん、良い感じ。このベース、好きだな、やっぱ。可愛くて良いし、弾き易い・・・・。

昼食後、再び散歩へ。暑くはあるが、湿気も少なく、気候が良かったので。


IMG_1082

今日は言問橋から川上へ。

桜橋から白髭橋の途中は、各ベンチに上半身裸のオジサマ方が日光浴してた。とあるベンチにビキニのお嬢さん二人が乾杯していて・・・・なんともカオス。

白髭橋からぶらぶら戻れば、なんともスラップスティックな商店街に辿り着く。

IMG_1084

なんか、良かった。日曜日って事で多くの店は閉まっていたが、今度は土曜日に来てみよう。

IMG_1085

吉原辺りは、その手のお店が並ぶ道の隣の道の公園で子供たちの歓声。正に「たけくらべ」の世界。

本日も10キロ程の散歩をし帰宅。うん、心地良い日であった。

帰宅し、今度は最近お気に入りのStratocasterを手にしてissy将軍から頂いたMXRのGT-ODを試す。

IMG_8823

色合いからしてTS系だが、Tube Screamerより重心が低い感じ。シングルコイルのギターとの相性が良さそうなので1997がカムバックしたらもう一度試してみよう。

そんな休日。

連休模様~話は先の日曜日から始まる

リーダー

リーダーです。

連休で御座いますねぇ。

この連休で20キロ程歩こう、と漠然とした目標を立てておりましたが、残念ながらパッとしない空模様。

今年は梅雨明け遅いですなぁ。

テレワーク中心へと移行した勤め先で、ワタクシの出勤も可成り減ってきており、ともすれば季節感を味わう事も出来ない。

家人が花を愛でる性格で、切り花を略絶やした事が無いのだが、季節感を味わうに、成る程花と言うのは良いものだなと思った。

IMG_7889

さて、そんな生活を続けておりますが、コロナ罹患者が増加しバンド練習も再度自粛と相成っていて、毎週一度何となく更新しているこちらのBlogも書く事が無いったらない。

それでもちょっとした生存報告代わりにと書いてはいるが、うん、本当に書く事が無いのである。

バンド練習の無い土日は、家人と外食なんぞもしたりして、その序に彼方此方足を延ばす事もあったが、2月に義理の姪と食事したのを最後に外食すら自粛していてともなれば、そらネタも尽きると言うもの。

そんな訳で、思い付く限りのネタを拾ってみようかと、週末に限らず、些末な話をつらつらと書いてみる。

先ずは先の日曜日。

長雨による日照時間の短さは、テレワーク中心となった今でもハッキリと認識出来ている程で、そんな曇天続きの東京が快晴となった。

気温の高さはあったものの、湿気は然程でもなく、こりゃ散歩に行かなきゃ損だとぶらり家を飛び出し向かうは浅草。

IMG_7329

自粛の所為か、人並みはコロナ前とは比較にならぬ程で、それ故ゆっくり境内を散歩してみた。

普段は海外の観光客で溢れる西参道のお店もじっくり見て回れば、中々に興味深い店もあり楽しくなってしまう。

とある店ではこんな風鈴を発見。

IMG_7330

こいつぁ可愛い、一つベランダに出もぶら下げておくかと思ったが、店主が他のお客さんに捉まっていた事もあり買わなかった。風鈴は、伊万里焼の音が好きで以前持っていたが、瀬戸焼の音はさて如何に。

小腹が空いたのう、と、写楽まで足を延ばしたい焼きを頂く。

IMG_7328

たい焼きは、薄皮粒餡に限る。異論は認めるが同意はしない。

Naked Guitar Worksに立ち寄れば、丁度お客様も居ないタイミングで、少しばかり立ち話してみれば、諸々改造を依頼しているRickenbackerは1997のリフレットが終わり、指板塗装を待つ状態となっていた。

IMG_7324

IMG_7326

パーツを外したRickenbackerを見る機会は中々ない。ブレーシングを確認したかったが分からなかった。

IMG_7327

少しばかり話し込んで居たらお客様が見えたので退散。密は避けないと、ね。

その後、以前より気になっていたカレーランドへ。

IMG_7331

ご当地カレーを数多く揃えており興味があった。店舗横には自動販売機もある。

IMG_7335

北海道出身であり、相当に郷土愛がある方だが・・・・うん、ごめん。

整然と陳列された商品棚。

IMG_7332

下記を購入してみる。

IMG_7337

IMG_7336

和牛ビーフカレーしか食べていないが、成る程、高級な味わい。それにしても「和牛」「ビーフ」カレーとの表記はちょい諄い気が・・・・Sumidagawa Riverみたいなもんか(違う)。

中には、こんな素敵なカレーも・・・・。

IMG_7334

自分では決して食べたいとは思わないが(すいません)、誰かには食べて貰いたい・・・・バンドが活動出来たらなぁ(何しようとしてるお前?)。

して、連休初日。

連休中に20キロ散歩しようと思っていたが、初日は雨で早速挫折。

はて、なにしましょ・・・・と逡巡し、ギターのメインテナンスでもしましょうかね、と相成る。

ANTI-HERO SUPERSTARのギタリスト、想像上の彼女を数多く持つも現実世界では童貞貴族のissy将軍がワタクシのJaguarに興味があるとの事で貸す事と相成ったのは数か月前。

コロナって事もあり中々機会を設けられなかったのだが、手渡すだけなら良かろうって事で連休中に渡す事にしたのでメインテナンスをしてみる。

IMG_8792

彼是改造を施し好みのサウンドとなったのであるが、その重量がか弱いオッサンには気に入らず殆ど使っていない。録音では・・・・ああ、この曲で使った(左チャンネル)。



弦を交換し、ガリなどが無いかチェック、螺子の緩みやナットの緩みもチェック。フレットも磨いて、はい、綺麗になりました。

IMG_8793

写真一番左の指板ケア剤が最近気に入っているのだが、使っている人はあまり見かけない様な・・・・一般的なレモンオイルやオレンジオイルより良いと思うんだけど・・・・。

楽器のメインテナンスは、なんかこう・・・・心が落ち着く。無心で出来て、良い。ではこれを職業に・・・・とは思わない。僕は、自分のギターを弄るのは好きだが人様のギターは触りたくないのである。

と、そんな心落ち着く時間を過ごしていたら、此処数日大変な肉食女史となっている家人が「ちょっとちょっと」と我を呼ぶ也。

肉食女子と言っても、ワタクシが襲われるとかそう言う事ではなく、要するに「肉が食べたい」状態になっているのである。

基本的に、あれが欲しい、これがしたいと言う女性ではないのだが、食に関しては人並みな欲があり、それもあってか時々外食をしていたコロナ前。

諸々考え、飲食店の方には大変申し訳ないのだが、飲食店での食事は控えていて、さて、肉となると、これが中々に家でやるのが難しいのである。

いや、出来なくはないが、お店で食べる程には美味しくならぬ、と言うのが家人の言い分で、食に対する欲求が「お腹が満たされればなんでも良い」程度のワタクシには、その差異と言うのは実は理解出来ていないのであるが、はて、如何しようと考えていたら、家人より「しゃぶしゃぶをやろう」との提案。

家人の考えでは、しゃぶしゃぶであれば、それなりに良い肉を買えばそれなりに美味しく出来るであろうとの考えに至ったらしく、「この暑いのに正気か?」と問うも、「暑さはある一定のレベルを超えると寧ろ心地良くなる」との謎理論を展開、ではやってみるか、と近所のお肉屋さんで肉を購入。

IMG_8794

下段は家人の牛肉、上段はワタクシの豚肉。

「一番美味しい牛肉は吉野家の牛丼」と心から思っているワタクシは、実は牛肉は好んで食さず、寧ろ積極的に、豚肉、鶏肉が好きであって、成吉思汗なども好みな、まぁ、安上がりな舌を持ち、上記の裁量と相成った。因みに、家人と焼肉行っても専ら豚肉を食するのである。

エアコンの設定温度を下げても、矢張り暑い夏場のしゃぶしゃぶ。家人はと言えば「暑い、でも美味しい。暑い」を繰り返し落ち着かないったらない。

どうやら自宅でやるしゃぶしゃぶに満足したらしく、大人しくなったので良しとしよう。ポン酢が好きじゃ無い僕はしゃぶしゃぶはどちらかと言うと好まないのだが・・・・こりゃ、またやるなと覚悟を決める。

連休二日目。

天気は何とかもちそうだったので外出する事とする。

先ず向かうは観音裏はNaked Guitar Works。先日購入したMustang Bassのメインテナンスと・・・・改造にw。

IMG_3643

IMG_8791

フレットにバリが出ていたのでその調整の他、総合メインテナンス。ピックアップ切替スイッチも排除しちゃおうかと思ったが、まぁ暫く様子見。思いの外ピッキングに邪魔にならなくて・・・・寧ろ、シリーズ、パラレルの切り替えに使いたくなって来た程だ。

N.G.W「Izoさんが来られて・・・・」

リーダー「おぉ、そう言えばそんな話を耳に挟んだわ」

N.G.W「ステンレス・フレットへの交換をご希望されてました」

リーダー「ほぅ・・・・ステンレス・フレットのハイ上がりを気にされていたと記憶しているけど・・・・大丈夫かな」

N.G.W「まぁ、色々と会話させて頂いて、諸々凄くまっとうな改造とリペアのお話をさせて頂きました

リーダー「・・・・いま、”誰かと違って”って言葉が聞こえた様な気がしたが?」

N.G.W「いや、そりゃあアンタの残酷極まる邪推ってもんでしょ?」

ここで、これまでの諸々の改造を経た私見で「ステンレス・フレットはハイが出る」とはなんぞ?ってのとその解決を書いてみたいと思う。もう一度書くが「私見」なので悪しからず。

先ず、「ステンレス・フレットはハイが出る」との意見を耳にするが、どうも意味が分からないし定義も分からない。私見だが「音の輪郭がハッキリするのでハイが聞こえる様になるがそれはハイに限らないだろう」と思っている。

例えば6弦だろうが1弦だろうが12フレット以上の音(ここではそれをハイとしますが)だけが強く出る様になるか?と言うとそんな事は無いと確信している。数本のギターをステンレス・フレットにしたワタクシの経験則だけど、それはないです。

大体「ハイが出る」との定義は曖昧過ぎると思う。6弦の12フレットで出した「E」もハイなら1弦の解放弦も(相対的には)ハイになる訳で、では高いフレットの音を「ハイ」と定義した場合「ステンレス・フレットは12フレット以上の音はすべからず強く出る」との見解を持つだろうか・・・・?

僕はその回答は「否」だと思う。強いて言えば、
「ステンレス・フレットは音の輪郭が出易いので、相対的に耳に付き易いハイの音が強調され、”ハイが強い”と感じる」はあると思うが・・・・それ程かしら?僕は感じた事が無いのだけれど・・・・。

では「ステンレス・フレットはハイが出る」とはどう言う事かと言うと、前述の通り「明確になった輪郭がハイが強いと思わせている」が正解ではないかと。

で、ここでワタクシが「もしかしたら多くのギタリストに共通している癖なのではないか?」と思っているのが「1,2弦を強く弾く」と言う演奏方法。なんか、1,2弦、特に1弦ですが、強く弾きません?ワタクシだけかしら?

6弦弾く時は5弦にぶつからない様に弾くけど1弦って強く弾けるから、そうなんじゃない?と思っている。

「だからそれをハイが出るって言ってんだよ」とのご意見があるなら「だったら1弦が出る様になると言いなさい」と反論したいw。

それを補正すべくアンプやエフェクター(時にはピッキング)で音作りをしていて、その状態のままステンレス・フレットに交換したら「ハイが強い」と感じるのでは?がワタクシの私見(僕は寧ろステンレス・フレットへのリフレットでローが強く出る様に感じたのでローカットをする様になった)。

「いや、弦に限らずハイが出るよ」とのご意見には、アンプの設定やエフェクターで調整出来るんじゃ?と思ったり。

「ステンレス・フレットは輪郭が出過ぎるんです」なら僕は「ワタクシも(出過ぎるとは思いませんが)同意見です」と申し上げたい。「ハイが出る」は違うんじゃないか・・・・なぁ?

で、それでも何とかハイを抑えたいってのがあれば、いや、もっと極端に言うと「もう少し輪郭を抑えたい」ってお気持ちがあるのであれば、個人的に凄く勧めさせて頂きたいのがコンデンサーの交換である。

「コンデンサーで音が変わるとか・・・・ないから」って意見もありましょう。ワタクシの見解は「半分賛成」であります。

実際、コンデンサーの交換も色々と試しましたが、個人的に発見であったのが「暴れるギターにはコンデンサーを換えると好ましい変化がある」と言う事。時に劣化したコンデンサーが好ましい場合もある。これを僕は自身のStratocasterで体感している。

余談であるが、よくヴィンテージ・ギターで耳にする「音が太い」との見解は、その要因の一つに「コンデンサーが劣化してハイが抑えられているから」があると思っている。

ヴィンテージ・ギターは2本しか使った事が無いのですが、その2本とも、同じ要領、耐圧の新品にしたらハイが出る様になったからです。以来、お安い(劣化したと思しき)古いコンデンサーを見掛けると買ってしまったりしている。容量が大きいコンデンサーへの交換でも効果はそれなりにあるが、トーンを絞った際のハイ落ちの具合も大きいので留意が必要ですが・・・・。

この辺はもう「相性」なので、色々と試行錯誤するしか無いので答えも無い世界なのですが、まぁ、そもそも私見ですのでご参考程度に・・・・。

おっといけない。これ以上機材ネタを書くと「機材のレビューでこの場末ブログに辿り着いてそこから読み始めてるけど今になって見れば機材ネタが一番面白くない」と専ら評判の当ブログの読者様に怒られてしまう。

一旦帰宅し、昼食後再度家を出る。曇天模様ながら、暑過ぎず丁度良い。

「今日は1日歩く!公共交通機関含め一切の交通機関を使わぬ!」をテーマに、気の向くままに只々歩く。


IMG_8797
こんな路地に入ってみたり・・・・

IMG_8798
こんな電燈に萌えてみたり・・・・

IMG_8799
こんな建物に心惹かれたり・・・・

自宅→秋葉原→蔵前界隈→浅草→自宅、を、寄り道しながらだが2時間で10キロ程歩いた。

一度訪れてみたかった「おかず横丁」を冷やかしに。

IMG_8800

IMG_8801

IMG_8802

新旧入り混じる町並みは、佐竹商店街のそれに近い。

何となく辿り着くは鳥越神社。

IMG_8803

IMG_8804

良い雰囲気の神社でした。久し振りに森林浴って感じだったし。

その後は、野沢雅子さんの外の人と遭遇したり、スカイツリーを眺めたり。

IMG_8806

IMG_8808

そう言えば、駒形どぜうの前を通った際に吉野家の牛丼の匂いがしたのだが、味付けに関連性はあるのだろうか・・・・。

で、散歩途中に「あ、あそこ行かなきゃ!」と思ったのが、浅草にある北海道のアンテナショップ。

IMG_8810

目的は成吉思汗のタレ、である。

IMG_8814

成吉思汗のタレと言えば、ベルかソラチだが、圧倒的に後者が好み。成吉思汗とワンセットだとの思いもある程に。

今年は帰省の目処も立たずな世情なので、せめて北海道を舌で味わいたくなった。僕にとって、北海道の味の5本指に入るがこのソラチのタレである。

他、目に付くものをちょいと買ってみた。

IMG_8812

IMG_8811

IMG_8813

そんなこんなで10キロの行程。あ、途中こんなん買いました。

IMG_8815

ベースの録音用のプリアンプでも、と思ったが、色々調べてたら「あ、これでいっか」と相成った。いや「これがいっか」だな、うん、僕がベースに求めるものが必要にして充分。

で、ギターマガジン。

IMG_8816

Epiphone Casino押しと言う、ある意味思い切った特集。買う人は熱烈に買う一冊に思うが・・・・w。Casinoは今は手持ちに無いが、確か3本持ってた筈。

Casinoに対する思い入れはそれなりにあって、代替品的にArchtop TributeのAT130を所有しているが、AT130の方が好きだったりする(ES-330よりも)。

連休三日目。

まぁ、普通の土曜日とも言えるこの日。

この日はちょいと彼是用事ありけり。

用事の一つと言うのが前述の通りissy将軍へJaguarをレンタルする事である。まぁ、レンタルと言っても返して貰う気は更々ないのだが・・・・。

朝から雨が降ったり止んだり。午前中別件で家を出てみれば、僕が出た瞬間に雨が降り始め、帰宅するのを見計らったかの様に雨上がる。

止まない雨は無いと言うが、一方、雨は必ず降るものだ。

午前の用事を済ませ待ち合わせ場所の御茶ノ水へ。10分前に着いたがissy将軍は既に来ていた。こう言う人物は信用出来る。

リーダー「よ、ご無沙汰!」

将軍「ご無沙汰してます」

リーダー「いつぶりだろ・・・・元気だった?」

将軍「はい、元気です」

リーダー「バンドは?」

将軍「ライブが無理な環境なので録音をしようかなと」

リーダー「彼女は?」

将軍「今日からジャガー横子と付き合う事になりました」

リーダー「ほい、じゃ、これ」

将軍「有難う御座います。で、これ、僕から」

リーダー「ん?」

IMG_8823

リーダー「へ?なんで?」

将軍「お礼と、最近機材ネタがあんまないから」

リーダー「気を使わせて申し訳ない。有難う。気になっていたペダルだから嬉しいよ」

将軍「そう言って頂けたら何よりです」

リーダー「・・・・で、袋とかそう言うものは・・・・?」

将軍「無いんですよ一切」

リーダー「つまり・・・・ワタクシは箱入りとは言え剥き出しのエフェクターを持って歩く、と」

将軍「リーダーなら違和感ないですよ。寧ろ自然とすら言えます」

リーダー「どう言う存在だよ俺は」

世情がこうなので、将軍とは直ぐお別れと相成り、ちょいと欲しいパーツがあったが、剥き出しのエフェクターを持ち歩く勇気がなく、仕方なく俺は、最寄りの楽器屋さんでDC-2を買い、大きめの袋を貰って事無きを得たのである。

IMG_8824

いやぁ、偶々箱入り美品のDC-2があって良かった。

ちょいと備品を買って、序でにベースの弦も買う。

IMG_8822

Naked Guitar WorksにMustang Bassのメインテナンスをお願いしているのだが、そう言えば交換弦を渡してないと気付き、買って観音裏に向かったのである。

Naked Guitar Worksには、4弦が0.105を勧められたのだが、ショートスケールのベース弦で0.105って中々無いのね・・・・。

御茶ノ水で幾つかの楽器屋さんを巡って、一番目に付いたショートスケールの弦がこれだったのでこれを選択。存在するものは合理的である、との視点からこれに。因みに、D'addarioのベース弦の場合、
型番末尾に「S」が付いているのがショートスケール用。

丁度ワタクシが浅草に着いた頃、雨脚が強くなり、境内は閑散としていた。

IMG_8821

IMG_8820

雨の日の境内は中々に趣があると思う。今度、雨の日、出来れば朝を狙って来て見たいと思う。

ベースの弦を渡し、ぶらりぶらりと道を行けば、強まる雨も何処か心地良い。

7月も間もなく終わる。今年はなんか色々とあり過ぎる位ある年だが、ま、一つ一つ対処していけば何とかなるんじゃないかな、と思っている。いや、実際それしか無いんだろう。

世界的リセッション(景気後退)の中、相変わらずSNSでは徒に不安を煽ったり政権批判する方々がお忙しく跋扈しているが、己こそ己の寄る辺って事で、ま、乗り切りましょう。うん。

Mustang Bass PJ(Fender)

リーダー

リーダーです。

書く気は無かったんですが、備忘がてら。

IMG_8791

はい、ベースです。ムスタング・ベースです。購入動機は・・・・まぁ、こんなご時世で、バンド活動もままならないので週末の暇潰しに宅録でもしようかな、とか、そんなんですってのが一つ。

あとは・・・・実は「パーフェロー」なる指板がどんなもんなのか知りたくてってのもあったりします。

ま、先ずは動画をば。



続いてはスペックをば。

BODY
Body Material:Alder
Body Finish:Gloss Polyester
Body Shape:Mustang Bass

ELECTRONICS
Bridge Pickup:Vintage-Style Single-Coil Jazz Bass
Middle Pickup:Vintage-Style Split Single-Coil Precision Bass
Controls:Master Volume, Master Tone
Switching:3-Position Toggle: Position 1. Bridge Pickup, Position 2. Bridge and Middle Pickups, Position 3. Middle Pickup
Configuration:PJ(分かり難い表記ですが、プレべとジャズベのピックアップ構成って意味かと)

HARDWARE
Bridge:4-Saddle Standard
Hardware Finish:Nickel/Chrome
Tuning Machines:Fender Vintage-Style
Pickguard:3-Ply Black
Control Knobs:Vintage Style Black Plastic Jazz Bass
Neck Plate:4-Bolt

MISCELLANEOUS
Strings:Fender USA 7250M Nickel Plated Steel (Gauges .045 - .105)
Legal Notice:WARNING: Cancer and Reproductive Harm - www.P65Warnings.ca.gov.

NECK
Neck Material:Maple
Neck Finish:Satin Urethane
Neck Shape:"C" Shape
Scale Length:30" (762 mm)
Fingerboard Material:Maple(購入元の店舗の表記から抜粋しましたが、Pau Ferroかと)
Fingerboard Radius:9.5" (241 mm)
Number of Frets:19
Fret Size:Medium Jumbo
Nut Material:Synthetic Bone
Nut Width:1.5" (38.1 mm)
Position Inlays:White Dot
Truss Rod:Standard
Truss Rod Nut:3/16" Hex Adjustment

生産国はMexico。所謂「Fender Mexico」です。

上記の長ったらしいマテリアルは絶対誰も読まないかと思うので、主たる仕様を抜粋すると

・プレベのピックアップとジャズベのピックアップをマウント
パーフェロー指板

です。うん、これで充分だ。

で、なんで紹介したくなかったかと言うと、紹介出来る程ちゃんと弾いていないからに尽きます。アンプを通して弾いたのは、購入を検討して楽器屋さんで試させて頂いた時くらいで・・・・記事に出来る程じゃ無いんですよね。バンドで弾く機会もないだろうし・・・・w。

楽器屋さんで試させて頂いた感じでは、リアのニュアンスが強く出る感じで、輪郭がしっかりとあるベースって感じでした。

ショートスケールのギターやベースは低域が弱い、とのコメントを時々お見掛けしますが、私見ですが「低域が弱いんじゃなくて低域がぼやけていて、音量を上げると更にぼやけるから弱く感じる」と思っております。短くテンションが弱めな弦楽器は、弦振動が大きくなるから音は出し易いと思うが、ボヤっとした感じになるのかなと思料。

で、このベースですが、ピックアップの特性か、リアの位置がブリッジ近くだからか(こちらが主要因だと思料)、輪郭がしっかりと出ていて、引き締まったベースサウンドになっています。ジャズベを一時期弾いていた事があるのですが(元々はベース弾きなんですよワタクシ)、ジャズベ程バリバリした感じじゃ無くて凄く好きなサウンドでした。

強いて不満点を言えば、リアのニュアンスが強いので、ボリュームは独立するか、若しくはピックアップ切替はロータリースイッチならなぁと思った次第(Fender USAから発売されているMustang Bassはそんな仕様だったかと)。

購入に際し、米国製、日本製も試しましたが、一番好みだったのがこのメキシコ製。一番安かったのもメキシコ製。うん、俺の好みはお安いものらしい・・・・人間が安いって事だろう。海外では600ドル程度で売られている。

米国製と日本製は弦が裏通しだったと記憶している。裏通しの方がテンションが稼げるのでそれを好む人の方が多いかもだが、個人的には裏通しではないこの方が好み。緩いテンションのベースが好きなのよ。

その他、米国製は、フロント・ピックアップがムスタング・タイプのそれで、ピックアップ切替がロータリースイッチの仕様。ロータリースイッチは良いなと思ったが、3つ並んだノブにカッコ悪さを覚え見送りし、日本製はこれと同じマテリアルも、ネックの塗装が好みじゃ無かったのでお見送り。

加えて、トラスロット調整がヘッドが側から出来るのも特徴。僕はヘッド側からネック調整出来るギター(ベース)が好きで、その仕様じゃないものは余程じゃ無いと買わない。

数年前に販売され、最近リニューアルされたと記憶しているが、うん、申し訳ない、定かじゃない。確かこの色(Torino Red)はもう無いんじゃなかったっけな・・・・。

色は、この他に、Firemist Gold(金色)、Olympic White(白)があった。最初はOlympic Whiteにしようかなと思ったが、以前同色のコンペティション・ラインの入ったMusutangを買って、色合いにすぐ飽きたのでTorino Redを選んだ。まぁ、人前で弾く機会も無いだろうし色は何でも良かったんだけど。

で、このパーフェローなる指板に俄然興味がありましてね。

ローズウッドに対する国際的規制を受け、Fenderではローズウッドの代替としてパーフェローを積極採用しますなんて記事が出たのはそんな昔の話じゃ無かったと記憶しており、デジマートではこんな特集を2017年にしている。。

で、使ってみてですが・・・・うん、よく分からないw。よく分からないのでネットの評判に・・・・と思うも、やっぱりよく分からないw。あからさまな否定は無く、絶賛するものもあり・・・・ってな感じでしょうか・・・・うん。

えっとですね、ホント、質感だけの私見で恐縮なんですが、硬い感じがします。油分が少ない木材なんでしょかね・・・・?

質感は好きです。さらさらした質感は、若しかしたら好みが分かれるかもです。サテン・フィニッシュのメイプル・ネックみたいな感じ。しっとりとした質感を好む人は好きじゃ無いかも。

で、改造は・・・・うん、まぁ、このままで良いかな・・・・暫くはw。

暫くと言うのは、やりたい事はあるんですよね、うん。

・フロント、リアの音量を個別に操作出来る様にしたい
・ピックアップ切替のスイッチがピッキングには邪魔なのでなんとかしたい

これは、あるんですよね、うん。で、その解決法ってのも、考えはあるんですよね。Jaguarの改造でやった、下記をイメージすると何しようとしているのかお分かりかもですが・・・・。

IMG_8568

ピックアップ切替はスライドスイッチにして、フロントとリアを、それぞれ独立させちゃおうかな、と・・・・。

只、スライドスイッチは、座刳りしないとだからな・・・・面倒だな(Naked Guitar Worksがw)。

さてさて、どうしましょうか・・・・まぁ、飽きたらやるでいっかw。

トータル・メインテナンスは連休でNaked Guitar Worksに依頼します。

あ、そうそ、「へ?」と思ったのが下記。

・ケースがSquireのそれだった
・しかも肩にかけられるストラップが無かった(楽器店のミス?)
・且つ、プレベ、ジャズベと兼用の物だった
・フレットにバリがあった

と、なんか記事にしてすいませんな内容ですが以上です。

週末模様

リーダー

リーダーです。

さて、深刻な位に増加する東京のコロナ感染者であるが、ワタクシはと言えば相変わらずな毎日。

出社は殆ど無い状態は続いているが、仕事はフルスロットルで、ギリギリとした毎日がなんとも気持ち良かったり良くなかったり。

そんな平日の昼食は、コロナ前と変わらずお弁当。

出勤していた際は、朝の段階で弁当を買い、それをPCのファンの傍に置いていた。そうすると、PCの熱の余波(?)で昼食時には丁度良い温かさになっていたのである。

これは大発見であろうと周囲に勧めてみれば、皆大爆笑するだけで全く模範してくれぬ。電子レンジの温かさに違和感を覚える僕は、絶対にこの「PCのファンによる食材の温め」を勧める次第。

して今はと言うと、以前も書いたが、近所の商店街の魚屋さんで買っている。

なんとも可愛らしいお祖母ちゃんがやっていて、そのお祖母ちゃんの作った総菜が詰まったお弁当が美味しいったらない。

その魚屋さんの隣に八百屋さんがあって、お弁当を買う序でに時々野菜を買っているのだが、先日気紛れで八百屋さん自家製の糠漬けを買ってみれば、これがまあ美味しいのである。

僕は糠漬けが好きではない。家人が糠漬けを好むので買ってみて、味見程度に食べてみたらその美味しさに一気にこの八百屋さんの糠漬けが好きになったのである。

「嫌いなものを好きに転換させる」と言うのは、中々に貴重な経験で、僕はこの経験を梅干しでもしているが、その経験をした食品は、その経験をさせてくれた食品そのものだけではなく、その食品全般が好きになり、以降積極的に口にする様になるのだが、糠漬けに関してはこの八百屋さん限定である。

ぶっきらぼうな客対応をする八百屋さんなのだが、最近はちょっと話す様になり、先日「糠漬け凄く美味しいですね」と話しかけてみれば、照れ臭そうに「あれ、俺が漬けてんだ。美味いだろ?」と言いながら、少しサービスしてくれたりした。

「萌え要素」と言うのは、若き乙女がその対象になるものだと漠然と思っていたが、半世紀生きて来て、初めて「ツンデレ」なるものに遭遇し、激しく萌えたのであるが、対象たるその相手は初老と思しきオッサンであると言うのは、冷静になってみると中々に気持ち悪い。

そんな平日を過ごした後の週末は雨模様。

(近所に買い出しに行く以外は)外出が週末だけとなり、なんとも季節感が失われている今年であるが、梅雨明け間近の長雨の匂いを感じ、夏が近くに居るを知る。

外出は難しいか、と半ば諦めていたが、午後になり曇天模様ながらも雨が上がったので散歩に出掛けてみた。百日紅の花が咲き始めていた。

IMG_7303

楽器屋巡りは先週もしたので、今週は純粋に散歩で良かろう、と踏み出してみれば、自然と足は佐竹商店街に向かう。

IMG_7304

先の日曜日も行ったのであるが、日曜日の所為か閉まっている店が多く、改めて見てみたいと思ったのである。

IMG_7305
初代インベーダーゲームがあると噂に聞く喫茶店は今日も閉まっていた。

IMG_7306
精肉店とお茶屋さん。雰囲気があって宜しい。

IMG_7307
こう言う佇まいのある店は見ていて楽しい。

IMG_7308
お煎餅屋さん。ばら売りしていたので散歩のおやつに1枚買いたかったが、お店の方が出て来なかった。

IMG_7310
Students’ Storeの佇まいも中々。「ツッパリ」の時代には、ボンタンなんかが売ってた様な雰囲気。

IMG_7309
珈琲豆の専門店。生豆を焙煎していて、是非欲しいと思ったが、オーダーしてから焙煎で2時間以上待ちとの事で断念。次回はオーダーしてから行こう。

そこからは、当て所無く気の向くまま歩く。

感染者の増加ですっかり感染都市扱いの東京だが、であれば都民は都民で楽しませて頂こうとの天邪鬼な気分で歩く。流石に密の場所は避けての行動となるので、飲食店は避けた。

東京には、東京だけの美しさがあると思う。歩いているとそれが分かる。東京の美しさは、変化の跡にその美しさの一つがあると思う。騒がしくない場所の東京と言うのは、瀟洒な未亡人風で良い。

IMG_7311

IMG_7312

IMG_7319

IMG_7320

道中、ああ、あそこ行ってみようと思って立ち寄った神田川沿いの神社へ。

IMG_7317

江戸城から見て鬼門の方向にあるのが岩本町の辺り。その魔除けとして建立されたのがこの神社。悪者扱いされる東京の魔除けにとお参りしてみる。境内で、若い俳優さんの訃報のニュースを聞き、追悼もお参りする。是な行為かは分からぬが、若い人の死に追悼したくなったので。

境内を見れば、墓石かと見間違える石の集合体。

IMG_7316

「なんぞ?」と訝しく思っていたら、近くの看板を見て納得。

IMG_7315

写真では分からぬかもだが可成りの体積の石である。本当に持ち上がったのか・・・・?

その後、彼方此方と彷徨ったり、猫と戯れたりして今日の散歩は終了。

IMG_7314
人懐こい猫でした。鳴き声が「まぁまぁ、まぁあああああ」だったのが更に可愛かった。

帰宅し、このペダルを試してみる。

EcuX2WLU4AA8Sz-

部屋を片付けていて発見したこのペダル。「え?いつ買った?」が本当に分からなかったが思い出した。

SansAmp Classic買った後、比較したくて後継機種のGT2を買ったんだったそうだった。

Classicの方は欲しがっていたギタリストにあげちゃったので手持ちに無く、比較は出来ないが、比較した時の備忘も出て来たので読んでみた。ああ、そうそう、そうだった。

此方のレビューではClassicがお勧めされているが、僕はGT2の方が好きだった。GT2はClassicよりゲインが高い設定になっているが、ハイゲインとした事で過剰となった低域が抑えられており(イコライザーによる補正はある程度可能)、それを好むか否かの違いが大きいのではないかと思料。

マイク撮りした際の「空気感」とは、僕の感想では「低域の出方」かと思っていて、これはもう好みじゃないかと。

まぁ、今では色んなプリアンプが発売されており、態々GT2(のみならずClassicも)使う人は少ないだろうなとは思ったり。

いつになるか分からないバンドの次回作CDで、敢えて使ってみようかなと思った、週末の一日。

週末模様

リーダー

リーダーです。

バンド練習予定日であったが、都下のコロナ感染者数の増加を受けフジコ・アラートが発動し自粛と相成ったこの週末。

すっかり感染都市扱いを受ける東京であるが、かの様な騒ぎを見ると、成る程、差別と言うのは中々に根深い問題よのう、とかにまで発想が行き付く。

緊急事態宣言明けも、密な環境への不要不急の外出は相変わらず避けているワタクシだが、楽しい事と言うのは、密じゃないと出来ない事も多いのだなと実感。

では、密じゃない娯楽とはなんぞと己に問えば、それはビデオゲームか釣りではないかと思う。

いや、いみじくもバンドでギター弾いたり曲作ったりしている訳であるから、一人ギターを弾くとか曲を作るとかではないのか?と問われもしようが、バンドと言う活動あってのギターや曲作りなワタクシは食指がどうにも動かず、では自宅録音はどうかと此処最近考えていたのだが、先々週中途半端にバンド練習が一時再開し、この後どうなるかも不明ながらも、万が一以前程のペースではないにせよ活動再開となれば、自宅録音とバンド活動の並行活動は鬱陶しいのう、と一時保留している。

そんな訳でゲームと釣り、が良かろうと思うも、前者はそもそも個人的に興味が無く、手を出しても早々に飽きるを経験則で知っているので、であれば釣りはどうかと思うも、都内に住んで居る身分にそれは簡単ではなく、どうにも躊躇している。

こんな時、自分が実家の小樽に居たら、とか、愚弟が住まう余市に居れば、とか思う。さすれば、晴れた休日は、散歩がてら釣り竿片手に海だの川だのに行けるんだがなぁ・・・・。

そんな事を考えつつ、相変わらずバタバタな仕事を終えた金曜日、ギターを手にしてバンド練習があったら練習していたであろう曲に合わせてギターを弾く。

ギターを弾くのは楽しいが、やっぱバンドでやるのに比べると月と鼈に御座るなぁ・・・・。

土曜日。

何ともスッキリしない天気も、休日くらいは運動がてら散歩でも、と家を出てみれば、雨も止んで気温も下がり、散歩日和(ちょい蒸し暑かったが)。

ぶらぶらと御茶ノ水。

先ずは楽器屋・・・・ではなく、ディスクユニオンでCDを物色。お目当てのsugardropのCDを購入。

IMG_4746

データは購入していたが、CDと言うメディアで欲しくて購入。凄く好きなアルバム。因みに、このアルバムを聞きながらこのアルバムを買ったんだぜ?

その後、楽器屋さんを何件か冷やかし。

最近はベース・エフェクターを見る機会も増えたので、ある意味愉しさ倍増(?)。

本日は2つ入手。先ずはこちら。

IMG_4747

320designLandmighty

これを2つ買ったのではなく、向かって右を購入した次第。向かって左は以前購入したもので、ブラッシュ・アップされたものを今回購入。

仕様は幾つか変わっていて、低域の調整が3段階から2段階に、クリップがスイッチからポットに変更されていて、筺体が大型化している。

サウンドは、以前書いているが、低域に調整幅があり、中域に汎用性を持たせ、クリップの種類を選択出来ると言う、何とも贅沢な逸品。ギターの肝たる中域の調整幅が大きいので、極論すると「どんなギターでもスィートスポットが見付けられるエフェクター」と言えるかと。

「そんな良いエフェクターなら使えば良いじゃん」いや、御尤も・・・・なのだが、「スィートスポット此処だけです」ってエフェクターがあれば、これを使わなくても行けると言うジレンマ。

今回購入したのは、ブラッシュ・アップの差を確認してみたかったと言うのもあるが、ちょいとお安く売っていたと言うのもあり、それで。

聞き比べてみれば、新しい筺体の方がレンジが広く感じた。いや、多分それ間違いじゃ無いと思う。それが良いかは個人次第だろうが、僕は良いなと思いました、が、正直、デザインは旧筺体の方が好みなんだよな。それも、圧倒的にw。

もう一台は、こちら。

IMG_4748

えーーーーーーーーーーーーーーーーーっと、まぁ、LM-2の、箱、説明書入り美品が安かったのでね・・・・・・・・つい。

ディスコンのこのリミッター、実はボーカル録りに凄く重宝していて、この値段なら、まぁ、買っても良いかと思ったのだが・・・・うん、これね、ホント、何で買ったのか我ながら分からぬのだよ。

Landmighty買ったら、今日は10%引きですって言われて、え、そうなの?じゃあLM-2も・・・・となった自分がね、うん、本当によく分からない・・・・・。

悔しいから弾き比べしてみたが、見事なまでに同じ音。流石BOSSだぜ。

因みに、リミッターは、空間系ペダルと合わせると面白い効果が得られる事がある。自分(達)の黒歴史を晒すのは気が弾けるが、この曲のイントロはBOSSのコーラス(DC-2)とLM-2で作った。80年代の出来損ないのシンセサイザーみたいなイントロのサウンドだけは気に入っている。



御茶ノ水を後にし、淡路坂を下る。この坂は好きな坂。

IMG_4735

百日紅の花が咲いていた。

高架橋の煉瓦は時代物のそれで、坂ノ途中の淡路坂カフェは時々立ち寄るが、良い雰囲気である。

IMG_4738

御徒町Jam Sessionで本日ライブであるIzo先生に差し入れを持って行こうと思い立ちぶらりぶらりと。

差し入れと言っても何が良かろう・・・・と考え歩けばとある店のショウウィンドウに目が行く。

IMG_4740

イモリだのミミズだのカタツムリだのの黒焼き。ライブでお疲れになるであろう先生の滋養強壮に持って来いに思え、おおこれだこれだこれにしようと思ったが。残念ながら店が閉まっていたので断念。結果、うさぎやでどら焼きと言うつまらぬ手土産と相成った。

ソープランド桃山と小諸そばの間の狭い路地を行けば其処は御徒町Jam Session。開店前の階段を下り、Izo先生にどら焼きを差し入れ。ライブでお世話になっている店長さんに軽く挨拶をし退散。ライブ観戦したかったが、コロナ対策で予約されている方以外はNGとの事だったので配信で我慢。

御徒町に来たので、摩利支天に参拝し、乾物屋さんであおさなんかを買っていたら天気雨。打ち水みたいな雨が心地良かった。

花屋さんで薔薇を見付け気紛れで購入。家人が花が好きなので手土産代わりに。

IMG_4743

そんな、週末で御座いました。

さて、そんな週末・・・・だけではなく、僕は本日大変に奇妙な経験をしたのでそれを書いておこうと思う。

御茶ノ水から御徒町へ散歩している時、裏通りが好きなので裏通りを歩いていたのだが、とある通りで、向こうから歩いて来た女性がすれ違いの数歩前で、いきなりスカートを捲り上げたのである。いや、文字通りで、自ら捲り上げたのである。

当然スカートの中の布切れが見えたのであるが、何事も無かったかのようにワタクシの横を通り抜け、ワタクシも足を止める事も無く通り過ぎたのであるが、あれは一体何だったのであろうか・・・・。

そう言うご趣味の方がコートを開けさすとの話は聞いた事あるし、家人も幼少期にその様なおじさんに出くわした事があるらしいが、なんだろう・・・・驚いた訳でもなく、と言うか、寧ろ落ち着いてから驚いた感じなのだが、考えれば考える程訳が分からぬ。

何かの理由があって、例えば強引に考えれば、スカートの中に虫が入ったから・・・・等もあり得ようが、ワタクシとすれ違う数歩前から捲り上げ、捲り上げた状態のまま通り過ぎたのである。

何か、物の怪の類に出会ったのかも知れぬ、いや、若しかしたらDIOに出会って、何を言っているか分からないが俺も何をされたのか分からない、と言う珍しい事態に遭遇したのであろうか、と、未だ納得の行かぬ土曜日の夜である。

週末模様

リーダー

リーダーです。

公表レベルの罹患者数が再び三桁と相成った今週。

緊急事態宣言の解除を「従前に戻りました」と解釈するか、「少しばかり行動範囲が増えただけ」と解釈するか、人によって違うんだなぁと実感。

後者との認識を持つ我々フジコ・オーバードライブの面々は、来週予定されていたバンド練習を早々にキャンセル。別に英断でもなんでもなく、ごく普通の決定と思う。

今週は二日ばかり出勤対応をしたのであるが、朝の電車の混み具合は従前に近く、こりゃあ第二波来るよなぁ・・・・と思う一方、では身近に罹患した人がいるかと言うと皆無なのである。

絶対的な物理的接触頻度が激減し、接触していなければ感染しないのはどうやら間違いない模様で、私見ながら、軽い感染であれば体力の著しい低下時でなければ風邪程度で収まるのではないかとも思い、医療機関の負荷を思うと、発熱などの症状があれば先ずは隔離的に部屋に閉じこもり体調回復しかないのではとの気持ちでいるが、そうならぬに越したことはない訳で、最近は健康管理を意識している。

平日の軽い運動は元より、休日は人気に無い道を散歩してみたりしている他、食事も気を付ける様にした結果、テレワークで身体を動かさなくなった割には一時感じた体重の増加も無く、コロナ前の体重に戻った次第。

一方、テレワークは明らかに勤務時間を拡大もさせており、精神的疲労感はこれまでより感じる様になった。

これは行かん、と、生活に少しばかりの潤いを求めた結果、植物に癒されるが良かろうと、近所の花屋さんで朝顔でも買うか・・・・と思ったが、見た目に惹かれミニチュア盆栽なるものを購入してみたのである。

EbubCwBVcAMvDD9

姫百日紅なる盆栽で、夏場にはピンクの花を咲かせるらしい。

買ってみれば、これがもう本当に癒しを齎し、もっと欲しいのう・・・・との思いが募り、近所の花屋さんを通る度に、何かと物色してしまうのである。

色々と見たり調べたりしてみれば、苔と言うのも中々に興味深い植物であって、苔を育てると言うのも中々に良いのではないかと思うも、観葉植物と言うのは、「負荷とならない管理可能な境界線」を間違えると、癒しを齎す筈の植物が、単に負荷が多い管理対象と相成り、植物の世話がストレスになるのではないかとの考えに至り、上記の姫百日紅のみとしているのである。

そんな平凡な日を過ごして迎えた土曜日。

早くに起きたワタクシは、午前9時の開店と同時に行き付けの髪結い処へと飛び込んだのである。

テレワークの使用システムや運用では、多くの場合此方の姿も映し出される訳で、それなりに身嗜みに気を使わなくてはならぬも、そもそもがフォトジェニックな容姿でない事に加え、それなりの解像度で映し出される己、そして相手の姿を見るに、出勤していた頃より身嗜みに手を抜いても問題無い事に気付いたワタクシ。

であるが故、散髪のタイミングは「整髪がし易いか否か」ではなく「煩わしいか否か」の軸のみとなり、以前よりインターバルが開いた訳だが、煩わしさは限界に達しており、もう早々に散髪を済ませたいと開店同時に飛び込んで散髪したのである。

ワタクシの行きつけの髪結い処は、いかなるオーダーをしようと殆ど同じ髪型になると言うナイスな店で、身嗜みに必要なレベルさえクリアしてくれればそれ以外はどうでも良い、と言うワタクシのスタンスに一致し、面倒なオーダーが不要なのは大変に心地良いのである。

散髪を済ませ、エレベーターに乗れば、ワタクシと入れ替わりに下車した男性がどうも放屁をしたらしく大変に臭い。道理で逃げる様に降りた訳だ。

昼食後、都知事の期日前投票がてら、マウスが壊れたので秋葉原までぶらぶらと(ん?逆か?)。

投票をしながら、「支持する候補者を選ぶのではなく、お前だけは嫌だって候補者を選ぶ選挙もあっても良いのではないか」と思った。積極的な支持者がいなくても積極的な不支持者がいる場合は相応にある。

品の無い足の引っ張り合いがSNS上で起こりそうだが、今よりは淘汰も起きるのではと思う・・・・SNSがw。

秋葉原はイケベ楽器リボレ秋葉原店へ。特に欲しいものは無かったが、今月号のThe Effector Bookを読んで興味を持ったKTRがあれば買ってみようかと思ったが出会えなかった。

余談であるが、同署に寄稿している某M氏の相変わらずな排他的な発言はやっぱり不快であった。「僕はこう使う」に抑えときゃ良いじゃん、ねぇ・・・・。

前回に続きMXRのピックケースを購入。

IMG_2712

個人的に好きな2機種を買ったが、何故にmicro ampが無いのか、との思いも募る。僕が知らないだけであるのかしら・・・・?

マウスを購入し、ハードオフへ。目ぼしいものには出会えなかったが、ベースを試弾している方が、ハードオフのテーマソングに合わせてベースを弾いてて感心した。店員さんが「有難う御座います」って言っているのが印象的であった。



尚、ハードオフはラップ調のテーマソングもあり、それが中々に格好良いのである。うむ、次回ライブでカバー・・・・はしないが。



秋葉原の人出はそれなりにあって、マスクしていない人もちらほら。メイド服のお嬢さん方にもマスクしていない方が散見され、個人の意思なのか店の指導なのか気になった。後者なら、逆効果に思うのだが如何だろうか。

メイド服のお嬢さん方には、目付きが悪い所為か風貌が怪しい所為か分からぬが、全く声を掛けられぬワタクシであるが、今日は声を掛けられる事が多く、ホワイ何故にと気になり気付いたが、帽子を被ってマスクをして、と、顔の面積の8割を隠す事で怪しさが軽減されている故かと気付き少しばかり落ち込んだ次第である。

秋葉原から、ぶらりぶらりと家路に着く。道中、近所の製麺所にて麺とスープを購入。具材無しなら1食70円と言うお値段だが、これがもう抜群に美味いのである。

スープはインスタントなれどそれなりに美味しいのだが、卵を練り込んだ卵麺が何より美味しく、気が付けば常備している我が家。

家人は此方で購入した刻み海苔をトッピングして食すのを好むが、その他様々なトッピングにもマッチするのは、ある意味普遍的なラーメンだからか。「簡単に出来て普通で美味しいラーメン」と言うのは、エフェクターで言えばSD-1。トッピングと言うモディファイで更なる旨味が弾き出されるのかもだ。

尚、上記の海苔店は下記であるが、この海苔は様々な食品のトッピングに優れ、個人的には豆腐、納豆などの発酵食品との相性は抜群に思う。特に後者は1+1=2との等式が成立しない美味しさなのである。

IMG_3648

IMG_3651

そんな週末を過ごしたのであるが、ふとニュースを見れば東京の感染者は連続で100人超えと言う有り様。

気が緩んで弾けたら感染が拡大するって事は、潜在的な感染者が沢山居るって事で、矢張り今は未だ大人しくしているべき時期なのだなぁと再認識。

一方で・・・・

先と重複するが、気を付けての行動はある程度許容して良いレベルにも思え、無観客ライブやりたいなぁとの思いも又募るのである。

そんな、週末。

第354回練習便り

リーダー

リーダーです。

テレワークが当たり前となり、今週に至っては一日も会社に出勤せずであったが、
貧乏暇なしとはワタクシの為にある言葉に相違ないと確信するに至るほど、相も変わらず忙しく過ごしております。

いやなんでしょう・・・・新年度になってから、何かと落ち着かない訳で、その理由の一つにコロナの影響があった事は間違いないが、前述の通りテレワークが当たり前となった訳で、それを前提とした業務形態に流石に慣れた訳で、その環境下で忙しさが加速しているのは、若しかしたらテレワークと言うのはともすれば仕事を増大化させるのではないかと思っている。

通勤が無い分、業務可能時間は増えた訳で、本来ならば平日に多少なりとも余暇の時間が増えて然るべきに思うが、それが全く無い。

一方、通常月よりも過度に疲労感やストレスを感じているかと言うと然程でも無く、その理由とは何かというと、ワタクシのお気楽な性格もあろうが、通勤が無くなった事で負担が軽減された為かと思ったりしている。と言うか、それ以外の理由がない。

東京に住みながら通勤時間は短い方であるが、通勤と言うのは、何気に負担となっていた模様。

通勤では、音楽を聞いたり本を読んだりして過ごしていて、それは必要なリセット時間と思っていたが、寧ろ「起床後即座に仕事が始められて、業務終了後に通勤と言うタスクが無い」と言うのは、せっかちな僕に向いているのかも知れぬ。

そんな毎日に慣れつつある今週の土曜日は練習。

三ヵ月振りの練習であったが、メンバーも「どうする?やる?」みたいな空気で、積極的にやろうやろう!って感じではなく、まぁ、取り敢えずやってみっか、位の感じ。

そんな訳で、凡そ三ヵ月振りに練習場所へ向かったのである。

電車は5~7割程度の混み具合。流石に皆マスク・・・・と思ったが、行き帰りで2名マスク無しの乗客あり。

マスクが普通に入手出来る昨今の環境でマスクをしないと言うのは、過敏症でマスクが出来ない人か、若しくはちょっと行っちゃた人かと思うが、お二人とも目付きが怪しい方だった・・・・。

練習前に、凡そ三ヵ月振りに練習場所近くの楽器屋さんを訪ねてみれば、商品入れ替えが感じられずでガッカリ。まぁ、元々欲しい物も無かったけどさ・・・・。

練習場所は閑散としていた。聞けばスタジオの入れ替えで30分は空ける様にしているとかでその所為か。

メンバーは息災の様で何より。暫く経つとクソ憎たらしくなるので休眠期間を設ける事は良い事なのかも知れぬ。

と言う訳で、練習開始。

BlogPaint

全員マスク着用で練習。

ビクシーは「マスクしてても出来るもんですね」と言って居たが、個人的には違和感があった。と言うのは、歌っているとマスクがズレやがって気になってならぬのである。

割と真面目に、どこぞの音楽メーカーが「バンド用マスク」を作ってくれぬかと思った次第。尚、EmとGのコードの時にマスクの位置を直せる。理由はギタリストなら分かるかもだ(ベーシストならE、A、D、Gの時に直せる筈だ)。

この三ヵ月、メンバーはそれぞれ練習をしていた様で、ブランクはあまり感じなかった。ドラムのTakayuki君は、「久し振りだから後半バテた」と言って居たが、僕の記憶が確かならば、それは昔からだっ。

ビクシー「ライブは今年は無理すかね」

Takayuki君「あー、無理だと思うよ。我々がマスクしてても、客席がね、保証出来ないもん」

ビクシー「いや、無観客ライブってやりたくないすか?」

ベースの大先生「もしかしたら今しか出来ないかもだもんな。やりたいな」

リーダー「一個気付いたんだけどさ」

ビクシー「ん?」

リーダー「マスクしてんならさ、歌わなくて良くね?」

Takayuki君「・・・・は?」

リーダー「いやさ、舞台袖で誰かに歌って貰っててもさ、マスクしてりゃバレなくない?」

ベースの大先生「・・・・素晴らし過ぎる案だが俺は無理だな」

リーダー「ホワイ何故に?」

ベースの大先生「メガネが曇らないからバレる」

リーダー「・・・・じゃ、俺は出来る訳だ」

ベースの大先生「マスクにプロジェクションマッピングとかして、歌ってる風には出来ねぇかな?」

Takayuki君「そんなハイテク導入する金があるなら普通に歌えや馬鹿野郎」

そんな会話をしつつ、次々回作CD収録予定曲の9曲を練習。うん、やっぱね、メンバーで大きい音出してって楽しいね、うん。

メンバー間で話をして、感染者が100人/日を超えたら練習は無し、録音やライブに関しては今後考えるが配信は検討しようとの話となった。

コロナがある環境でのバンド活動、と言うのがどうなるのかを今後探って行きながら、となろう。どうなるかは分からないが、まぁ、それが今の状況なんだから、受け入れつつどうするかを考えるだけである。我々が気にし過ぎなのかも知れないが、メンバーの危機管理の感覚は近しく安心した。

練習後、飲み会って訳には行かず解散。取り敢えず次回は2週間後だが・・・・はてさて。
ま、都知事選後に感染者数(の公表)は増大するだろうから、次回はどうだろうなぁ・・・・。

帰り際、晩御飯を食べてないので近所の大変美味しいハンバーガーショップで家人のを含めハンバーガーをテイクアウト。

Ebgh2bmU4AA0bLi

Ebgh26rUwAER_lT

EYMLMSOUMAMIGc-

新商品の和牛チリミート、家人曰く「異次元の美味しさ」らしい。うん、今度食べてみよう。尚、こちらのハンバーガーは、添付のソースを付けて食べると大変に美味しい。

で、本日のギター。

EYtWk5_UcAEg3nK

はい、Jaguarです。ニュー・ギアの1997は改造中なので、練習自粛直前まで使っていたコイツで。

足元はこんな感じ。

IMG_0103

BBB 18(Lovepedal)~ファズ/ブースター

Dynamic Driver(Zahnrad)~オーバードライブ

HF-2(BOSS)~フランジャー


carbon copy(MXR)~ディレイ


Vitarizer FB(Providence)~クリーン・ブースター

初導入のBBB 18は思いの外良かった。低域を絞る設定にして、時に単体でファズ、時にDynamic Driverのゲイン・ブースターとして使ったが、どちらでも使い勝手があった。

一方、曲によっては音量不足を感じる局面もあり、その不満も残った。

又、8月には改造が終わる1997への移行期間を考えると、次回は同じRickenbackerの360C63にしておいた方が移行がし易いかなとも思え、次回はJaguarは使わないだろうと思ったり。

そんな、三ヵ月振りの練習でした。

いや、久々にバンド練習記事書いたけど、こんなんで良かったっけ・・・・?
プロフィール

fujicooverdrive

登場人物

【リーダー】

ギター・ボーカル
持っているエフェクターの数は4ケタを下らないエフェクター狂人。ワイフが天敵。最近NGWに寄生。


【ミドリカワ】

ベース・ボーカル
メンバーからは「大先生」と揶揄を込めて呼ばれる最年長・最長寿ベーシスト。やっと人生折り返し。正論派。


【ビクシー】

ギターシンセ・その他
最近ギターにシンセをマウントした命知らず。明るいヘビーゲームオタク。絶滅寸前。

【TakaYuki】

ドラム・打ち込み
虚弱ドラマー。話題はオールマイティ。愛車RX-8。スーパーデザイナー。そして卵が大嫌い。
月別アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索